重量級の焼肉激戦区である恵比寿において、洗練された雰囲気で一線を画している焼肉店。金舌という店名は「kintan」になっただけでちょっと毒気が抜けた感じすらする。

僕としては焼肉はもうがっつり七輪で食べまくればいいじゃんと思っているのだが、たとえばデートとか仕事の会食とかに使うというシチュエーションであれば、kintanを利用するのはオススメ。焼肉への印象をいい意味で変えさせてくれるので、下世話な言い方としては「いいセレクトしている」ポイントアップすると思う。

ロース
ロース

店内は明るくウッディな感じでイタリアンレストランのようだ。カジュアルリッチな空間というのも分かる。他のお店とこういう部分で差別化を図っている。

肉のラインナップも、店名に由来したタンはもとより、カルビ、ロースなど豊富だし、そしてあのシャトー・ブリアンも置いているので、ものの試しに食べてみるのもいいかと思う。見た目がとにかく美しい肉だなあ・・とい印象。

シャトー・ブリアン
シャトー・ブリアン

焼肉をワインで楽しめるというのもこのお店のポイントで、とにかくオシャレに決めるのであればこのお店がいいんじゃないかと思う。

そして、恵比寿の焼肉店には珍しくランチ営業をしているので、ディナーだけではなくちょっと豪華なランチタイムを過ごすにもおすすめ。僕としてはオシャレ感が先行してコストパフォーマンス悪いなって思ってしまうのだが、雰囲気込みでたまに来る分にはいいと思う。

恵比寿焼肉 kintan
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-10-3

東京都渋谷区恵比寿西1-10-3

Related Post

かわなで食べる旬の味(穴子編) 飯田橋と九段下の間くらいにある、ちょっと風変わりな「かわな」和食屋さんでランチ。 このお店は、春は「鯛めし」、夏は「穴子」、秋は「いくら」で、冬は「あんこう」といった具合に季節ごとに提供する料理を変えていて、それがどれも美味しいのです。 7~9月くらいの夏の時期は穴子を提供していて(詳し...
広尾商店街でテクスメックスなランチであれば「ラ・ホイヤ(LA JOLLA)」が無難... 広尾では老舗であり有名なメキシコ料理店といえば有栖川公園近くにあるサルシータと、広尾商店街にある「ラ・ホイヤ」のふたつということになる。サルシータが本格的なメキシコ料理だとすると、こちらはメキシコ風というかテクスメクス(Tex-Mex)というジャンルになるかなあ。アメリカで食べられているメキシコ料理...
ペナンで本格的なインド料理を楽しめる KAPITAN... マレーシアに来てインド料理かって思っていたけれど、すごい美味しい。 そして、ペナンのミックスカルチャーな感じを体験しているなっていうくらいに本場の雰囲気と味は面白い。 店員もお客も、店の周りの雰囲気もインドみたいだものな。 ジョージタウンでも人気のインド料理レストランであるカピタン...
旬の蔵パセリ(佐賀) – 佐賀の日本酒を楽しむならここ... 佐賀の夜は「花たろう」でしっかり食べきって、さらに二次会へ。やはり、地元の日本酒を楽しみたい!ということで行ったのは「旬の蔵パセリ」という、小洒落た居酒屋。 ここでは、佐賀の日本酒を一通りそろえているので、この前、日本酒品評会で優勝した伊万里の「前」(さき)というお酒もきちんと用意してある。そ...
シリバラジ(中目黒)で食べる南インド料理... お店の外観 日本で食べるインド料理というと、強い風合いでがつんとくるものが多いなという印象だった。 でも、インドを旅行したときに分かったのは、インド料理というものは日本食と同じように土地によって全然違うものがあるということである。 で、インドの料理ってただ辛いだけじゃなくて、甘い...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください