twitterでフォローしている人が絶賛していて、気になっていたお店へ行ってきた。僕にとっては台北での魯肉飯といえば金峰魯肉飯がトップに来るのだが、この味家魯肉飯も魯肉飯に対するアプローチは別軸なものを感じるが、これはこれでありだなって思える美味しさだと思う。

お店は台北の中心街である地下鉄の市政府駅から歩いて6-7分というところ、ちょっと裏道にあるのだがそれほど分かりづらくはないと思う。お店は明るくて広く、わりと清潔。日本語メニューもできたのかちゃんとしたものがあった。

お店の外観

僕はあれこれ食べてきたので、とりあえず魯肉飯のみをオーダーしてみる。お椀は結構小さくて日本でいうと子供用くらいじゃないかと思うくらい。そこにやや少なめに御飯が盛りつけられて上から肉がかかっている。一見すると肉は少なめかなと思うのだが、タレがわりつゆだくな感じではいっているので食べてみるとそれほど少ないとは思わない。

魯肉飯

肉は金峰魯肉飯みたいな濃い味ではなく、脂身も少なめな肉になっている。ちょっとあっさりと甘めなタレだと思うし、八角やスパイスの風味はあまり感じない。なので、クセがないさっぱりした魯肉飯であるといえる。僕は金峰のあのガッツリ系が好きなのだが、こういう魯肉飯もありだなって思う。美味しかったなあ。ここもリストに加えておこう。

 

味家魯肉飯
場所:台北市信義區忠孝東路四段559巷18之1號
時間:11時00分~20時30分
休み:不定休

Related Post

台南の度小月擔仔麵が日本の意識高いラーメン店みたいになっていた... 永盛帆布行で買いものしたので、すぐ隣にある度小月へ久々に行くことにした。台南グルメといえば度小月の擔仔麵というくらい有名なお店で日本のガイドブックにも必ず載っている有名店。当然あちこちからの観光客が多いのだが、ひさびさに来てみたら随分と雰囲気が変わっていた。 まず入店すると、店内にいた店員さん...
六千牛肉湯は台南グルメの最高峰のひとつ... 今回の台南旅は食べ歩き。矮仔成蝦仁飯で食事していたら、海安路の通りの反対側に行列ができているお店がある。調べてみたら人気のある牛肉湯のお店であるとのこと。 これはもう食べ歩きしなければ。ということで、フラフラと通りを渡って反対側へと向かう。お店の名前は六千牛肉湯というところで、なんか高級車に乗...
999 Shan Noodle House はヤンゴンでおすすめのローカルフードのレストラン... 店の外観 ヤンゴン旧市街、スーレーパゴダの近くにあってランチにおすすめなシャン料理のお店。香港のお店みたく小さなローカルフードのレストランといった趣。 うっかりしていると通り過ぎて見失ってしまうので、看板を注意深くみておくこと。 店内は地元のおっちゃんやら観光客で賑わっているが、...
いつも賑わっている「双連文記花枝羹」でB級グルメを堪能する... MRT雙連駅の近くにあって、マンゴーかき氷で日本人に有名な冰讃(ピンザン)の筋違いの路地にある軽食B級グルメのお店。 たまたま通りかかったら、ここだけ朝から賑わっていたので、よくわからないままに地元のおっちゃんに混じって食べてみました。 お店は限りなく屋台に近い形態ではあるものの、かろう...
小公園擔仔麵は地元向けの渋い担仔麺店。... 台南の米街あたりを散歩していて夕食を食べるにはおすすめなところ。夕方から深夜にかけての営業なので夕食にも夜食のシメに食べる麺料理としてもいい。観光客に有名なわけではないが、地元に根ざしたいい店だと思う。 小公園擔仔麵へのアクセス 米街のある路地からすぐ西側にある。西門路と民族路のロータリー状にな...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください