今回の台北旅で楽しみにしていたのは以前の場所から移転した啜飲室に行くことだったのだが、101近くにある店舗も西門にある店舗も臨時休業でやっておらず愕然とした。ということで失意のなか、西門でどこか飲めるところあるかなあと思って目についたのが酒肆西門というバーだったのだが、小さいながも雰囲気がよく、またクラフトビールのタップもあったりしていいビアバーだった。
酒肆西門の場所は西門の中心街で以前にとまったAmba 台北西門のすぐ近く。比較的新しいバーな気がする。店内はそれほど広くないのだが、スタンディングのスペースもあったりするので混雑しても入ることははいれそう。雨の夜だったこともあり、比較的空いていたが立地から考えると週末の夜は混み合うんだろうなって思う。
台北のクラフトビールを飲む

台湾のクラフトビールを中心に揃えているのだが、タップ数はそれほど多くはない。そして、樽の管理もどうなのかなあって思うところはあるのだが、比較的入れ替えが早そうにもみえるので、まあ大丈夫か。

それよりもボトルビールの方が品揃えもよくておもしろかった。ゴーヤフレーバーのクラフトビールとかもあり、これは結構強烈だった。珍しいのだが、美味しいかといわれると悩ましい。

これちょっと微妙だった。。

友人と飲んでいたこともあるのですっかり深酒したのだが、店員さんもフレンドリーで居心地がよくいいバーだと思う。あえて行くかといわれると微妙なのだが、ホテルが近くだとかちょっと西門でビール飲みたいとかいうときにはいいかもしれない。なにより、台北もビールを楽しめる店が増えてきているのだなあって思った夜だった。

酒肆西門 Ximen Beer Bar
住所:萬華區武昌街二段83號之2
時間:18:00-25:00
休み:なし

Related Post

Ataで楽しむ冬の夜 お店は並木橋のたもとにある静かなエリア。 冬って寒すぎるしあまり好きな季節ではないのだけれど、しかしながら食事が美味しいのは寒いときだなって思う。 秋は旬のものは多いけれど、冬はさらに濃度が濃いというか外の寒さを感じつつあたたかい料理を楽しむというのは幸せを感じる。 なかでも好き...
のんびりと過ごしたりノマドワーカーまで誰でも居心地よく過ごせる「Room A」... 台南で静かに過ごせる場所といえば「Room A」になるかなって思う。大勢でわいわいとやるよりも、ひとりふたりで静かに本を読んだりPCに向かったりする時間を作りたいということであればうってつけの場所だ。図書館という感じもあるブックカフェでセンスのいい雰囲気もまた抜群。立地もわりといいので穴場な場所だと...
特有種商行は台湾映画好きなら必ず訪れる価値があるカフェ... ここに来る前に立ち寄った「誇張古珈琲店」と似たような昭和感のあるカフェなのだけど、ちょっと違う。おしゃれで人気のあるカフェ。 特有種商行はアンティークな雰囲気がある地元でも人気のところなのだが、ここは台湾の映画監督である魏德聖監督がとってきた「KANO」などの作品が好きな人であれば有名だし、知...
The Speakeasy – バンコクでいま行くべきなルーフトップバーのひとつ... 今回のルーフトップバー巡りのなかで、プラナコーン ノーンレンとならび「ここはいいな」って思ったところ。 25階に位置していて、まわりには高層レジデンスなどもあるので開放感というのはないけれど「ラウンジの居心地のよさ」というのはすごくある。隠れ家っぽいところも好き。薄暗さもまた雰囲気いいよなあ。...
代官山の新名所「SPRING VALLEY BREWERY TOKYO」でクラフトビールを堪能する... 代官山をとおっている東横線が地下にもぐったので、その地上部分のあとにできた代官山ログロード。 その入口にあるランドマーク的な存在のSPRING VALLEY BREWERY TOKYOに行ってきた。クラフトビールが楽しめるし、朝8時からやっているし、いろいろすごいところだ。 大きなログハ...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
31star1star1stargraygray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください