台北での朝食といえばここは外せない。はじめての台北であれば行った方がいいし、リピーターでも行きたくなる場所です。ただ、あの行列がなあって思うのだが、冬場は出足が鈍いのか空いていることが多く、今回の訪問では6時半くらいに行ったと思うのだが、ほとんど並ぶことはなかった。冬の台湾って思いのほか寒いし、ましては台北は寒いし雨多いしって感じなのだが、空いているという利点はあるなって思った。

冬場に行ったらわりと空いていた

阜杭豆漿へのアクセス

MRT善導寺駅から歩いて数分というところ。華山市場というところの2階にある。朝6時前から行列ができているので近くに行けばすぐにわかると思う。1月の寒い朝は台湾の人もまだ布団に入っていたいと思うからか、6時半くらいに訪れても空いていた。

この釜で焼かれる料理がうまいのです

阜杭豆漿について

今回の訪問では日本語メニューが用意されていたので、以前のように自分でメモを書いて見せる必要はなくなった。写真付きのメニューから確認できるのは革命的に便利だ。ということで、僕はいつものごとくマストな存在である鹹豆漿と、葱花鹹餅、蘿蔔絲餅、焦糖甜餅の焼餅三点セットをオーダーする。

日本語メニューが登場
それ以外はこちら

「鹹豆漿」には油條があらかじめ入っているので、追加でオーダーする必要はない。焼餅はひとつあたりがわりと小さいので、シェアして食べる感じではないように思える。ひとり一個食べてしまいたい。どれも美味しいのだが、ちょっと甘めなキャラメルっぽい焦糖甜餅は好きだな。

鹹豆漿、これは外せない
葱花鹹餅、蘿蔔絲餅、焦糖甜餅の焼餅三点セット
これもうまかったなあ・・朝から食べ過ぎた

前の訪問でもあれこれ頼んでいるのでみてみてもらいたいけれど、上記のセットは最低限食べておきたいラインナップです。阜杭豆漿での朝食のために台北に来たいなって思うくらいだ。

過去の訪問

阜杭豆漿での朝食は並んでも食べる価値がある
阜杭豆漿は台北朝食にとってのbillsみたいな存在

まとめ記事
ホテルで朝食だけではもったいない!台北での朝食におすすめのお店4選。

阜杭豆漿
住所:台北市忠孝東路一段108号2F-28
時間:5:30-12:30
休み:月曜日、旧正月

Related Post

東一排骨 – 台湾風カツレツの名店... 排骨とは、豚などのスペアリブで、排骨料理とは豚バラ肉を揚げたものなのだが、ここ東一で食べる排骨料理はカツレツという感じで薄くのばした豚バラの揚げ物だった。これがビールにあってうまい。ごはん付きの排骨飯セットで数百円というところでビールをつけても1000円いかないという割安感。 お店の場所は西門...
丸林魯肉飯の定番魯肉飯ふたたび 前に常宿にしていたリビエラホテルから近くにあって、よく行っていた丸林魯肉飯。 台北美術館から近かったので、すごい久々に立ち寄ってみた。(前回の訪問はこちら) 同じ街に旅行しに来ているのに、行動範囲が変わるとここまで来なくなるものだなと実感する。 いま金峰魯肉飯を知ってしまった舌とし...
台北で「斜角巷/鹿角巷/The Alley」のタピオカドリンクを飲んできた。... 長白小館で鍋料理を食べてつぎにどこ行こうかとふらふらしていたら、東京でも見なれた鹿の看板で有名な鹿角巷がみえたので行ってみることにした。現在は僕が訪れた延吉店は閉店していて、台北だと大安の方にあるみたいだが、このお店は最近日本に限らずあちこちにあるのでどこかで目にすることだろう。 日本だと、「...
都野菜 賀茂での朝食 「京野菜」ではなく、「京都で採れた野菜=都野菜」をビュッフェスタイルで食べられるところ。京野菜って京都以外でも作られているらしく、本当の地産地消ってことでいえば都野菜であるっていう考えでこの名前。 そして、朝からこんなに野菜を沢山食べられて幸せ以外の何ものでもない。なので、当然のことから人気店...
包成羊肉はやっぱり美味しい台南で朝の味... 牛肉湯だけではない台南で朝の味。山羊肉をつかった羊肉湯の名店で、ここのは本当に美味しい。味を比べるために、他の店で羊肉湯頼んで食べたけれど、ブログに書く写真撮るの忘れるくらい愕然と違っていた(なので、それは記事にならない)。 羊肉が苦手な人も一度はチャレンジしてみてもらいたい。 前回の訪...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください