イポーは美食の街のほかにもペナン島と同様に街中にウォールアートが点在している。点在といっても全然歩いてまわれる距離感なので、観光案内所でパンフレットもらって見てまわってみることにした。ウォールアートはここ以外にもあるのだが、落書きなのかアートなのか判断に迷うものもある。作品字体はいろんなジャンルがあるので見てまわると楽しいんじゃないかと。

名もなきアートだがこれもよかった
生活感あるアート

僕がまわったなかでは水墨画のようなEvolutionは好きだなあって思うし、Paper planeは旅行先でみると雰囲気があり、開放感もあって気持ちのいいアートだなって思った。そして、マレーシアでは飲酒はあまりメジャーではないのだが、Beer muralでおじさんたちが楽しそうにビール飲んでいるアートの前で飲むきんきんに冷えたビールは格別だった。

アートはGoogle Mapなどで「Ipoh Mural」とすると調べることができるが、ここではメジャーなものを紹介しておく。

An Old Uncle Drinking Coffee

タイトル通り、おじさんが珈琲飲んでいるウォールアート。OLD TOWN WHITE COFFEE旗艦店の横に描かれている。この絵の向かい側がイポーの観光案内所で、イポー駅からも近いところにあって見つけやすいのでウォールアート巡りはここからはじめるといいかもしれない。

An Old Uncle Drinking Coffee
An Old Uncle Drinking Coffee

Marilyn Monroe

マリリンモンローとそれを追いかける少年がセットになっているっぽいアート。トビラの影に描かれているギミック、裏通りにあって最初見つけるのに苦労したのだが、ヤスミン・アフマド記念館のある路地にあった。

Marilyn Monroe
Marilyn Monroe

A paper plane

イポー旧市街の北側、公園の近くにある作品で壁の上の方にかなり大きく絵が描かれている。紙飛行機に乗った少年たちの絵でなんかこれは色あせた松本大洋が描く少年のようだ。

A paper plane
A paper plane

A ‘Kopi’ Break

袋にはいったコーヒーがちょっとずつなくなっていくという作品。普通の駐車場の壁に描かれていて不思議な感じがする。毎日、駐車場に行くとこのアートがあるってどんな気分なんだろうなあと思ったりする。きっと、なんとも思っていないのかもしれないけれど。僕はわりとこれも好きな作品だな。

A ‘Kopi’ Break

A Yellow Hummingbird

ハミングバード(ハチドリ)が描かれている。イポーのウォールアートのなかでは色使いが多く鮮やかな作品だ。ちょっとしたところにいきなりあるのでびっくりする。

Evolution

建物の壁一面に水墨画のように絵が描かれた大作。旧市街のなかでかなり目立つ存在なのですぐに分かると思う。この作品のもっている迫力も好きだなって思う。

Evolution

Old Town Relieves Nostalgia with Trishaw

実際のトライショーと絵の荷物を組み合わせた作品。この手のものはイポーだとマリリン・モンローもそうだし、ペナンにも似たようなものがある。二奶巷の隣の路地なのだが、こちらの方が上に傘があったりして鮮やかできれいな感じがする。人通りも少なく穴場なところ。

Old Town Relieves Nostalgia with Trishaw
近くにある他の作品
この路地はきれいだったな

Beer mural/啤酒壁画

この絵の描かれている隣の雑貨屋でビールを買って、この絵と一緒にビールを飲むのがイポー旅でのささやなか楽しみだった。マレーシアってお酒が高くてあまり飲まないのだが、暑い昼下がりにここで、しっかりよく冷えた缶ビールのカールスバーグを買って飲むのは至福の喜び。このビールに描かれたおっちゃんの気持ちも分かるよ!ってちょっとひとり旅の寂しさ紛らわすかのようだが楽しかった。

Beer mural/啤酒壁画
僕も一緒に飲むことにする

Related Post

幕張の「さくら広場」でのお花見は夜も美しい... 幕張にある桜だらけのちょっと変わった公園。毎年訪れているけれど、日本でももっとも桜が楽しめる公園になってきていると思う。まだまだ成長途中の公園なので、これからの風景もまた楽しみなところだ。 2016年の訪問:幕張の「さくら広場」は本当の意味でのお花見ができる場所 さくら広場への行き方 さく...
「たくさんの失われた窓のために」越後妻有、大地の芸術祭... 越後妻有で3年に一度行われるトリエンナーレとは別に毎年夏に小規模ながら大地の芸術祭を開催している。そして、この夏で「再構築」という僕の好きな作品が公開終了するということもあり、この夏も越後妻有へと行ってきた。 早朝に家をでて、まずやってきたのは「たくさんの失われた窓のために」という作品。越後湯...
川村記念美術館の大賀蓮と睡蓮の庭 いつの間にか梅雨もあけて、そういえばすっかり夏の装いになってしまった。 今年も千葉県佐倉市にある川村記念美術館の庭園に行ってきた。目当ては大賀蓮と睡蓮。 世界的なインク企業の研究所に併設しているだけあって、四季折々さまざまな色であふれている庭園はいつ行ってもわくわくする。 今回は蓮...
「白宮鷄飯(Restaurant Nasi Ayam Pak Kong)」のチキンライスは世界屈指の... 世界のあちこちでチキンライスを食べてきましたが、イポーにある白宮鷄飯(Restaurant Nasi Ayam Pak Kong)のチキンライスはいままで食べてきたもののなかで屈指の美味しさだと思う。 イポーの旧市街にあるお店で、老黄芽菜鶏沙河粉からも歩いてすぐのところにある。というかイポーの...
山居倉庫は酒田のシンボル的な存在、必見の建物... 以前に書いたブログでは、山居倉庫に行くには午後がよいと思うって書いていたのを思い出した。 しかし今回、朝に行ってみて樹齢150年を越えるケヤキ並木は朝に行くとものすごく気持ちいいなと感じた。なので、山居倉庫に行くには朝のうちか午後からがおすすめってことにしたい。でも、朝の方が気持ちよかったな。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください