いままで色んなお店で親子丼を食べてきて、僕としては千葉の小見川にある「水郷のとりやさん」で食べる水郷どりの親子丼が好きなのだが、東京の築地で本当においしい親子丼を食べることができた。

築地市場の場外にあるお店で本店は茅場町にあるみたい。創業が明治40年(1907年)というから、ゆうに100年以上の歴史がある。1907年にはなにがあったんだろうって調べたら夏目漱石が「虞美人草」を発表した年だった。それだけでやたら昔だと思うわけです。

ここは鶏肉専門店が直営する食堂だけあり、鶏料理しかない。親子丼は素材などの違いで何種類かあるのだが、ちゃんと値段とクオリティのバランスがとれている。高いものだとモツとか入っているのだが、ものすごい新鮮で臭みもなく美味しい。

なにより、専用の小さなフライパンで手際よく半熟状態で作り上げられる親子丼は鶏白湯スープを割り下に使ったもので見た目にもきれい。一緒についてくる鶏スープも出汁がよく出ていて美味しい。親子丼にモツをいれると、この旨みがまた濃厚で御飯抜きでお酒と一緒に食べたくなるくらい。

築地といえば、海鮮という印象があるけれど、それだけではないということだ。意外と穴場なお店なので築地に行ったら一度は行ってみるのがいいと思う。

鳥藤 分店
住所:東京都中央区築地4丁目8−6
時間:7:30-14:00
休み:日祝

Related Post

亀戸餃子の本店へ行ってみた。 東京の下町。亀戸といえば藤の花が有名な神社、またはホルモンか餃子を思い浮かべる。藤はきれいだけど季節が限られている。ホルモンはいつもだいたい並んでいる。ということで、今回は餃子を体験することにした。 亀戸餃子の本店は駅からほど近いところにあって人気店なのだけど、回転がいいので平日などは並ばずに...
フジタ水産のマグロがいただける、築地「にっぽん漁港食堂」... 築地場外のメインストリートにある観光者向けフードコート感ある「築地にっぽん漁港市場」にあるお店。ここにある「にっぽん漁港食堂」は思いきり観光客向けの雰囲気なのだけど、知る人ぞ知る貴重なお店なのです。 ミシュラン星付きのお店をはじめとして名だたる寿司店が指名買いするマグロの卸問屋である築地市場屈...
細かいルールには意味がある。立石の宇ち多゛(うちだ)で下町居酒屋を体験する。... かつて友人が住んでいたこともあり何度か来ていた葛飾の立石。浅草からさらに東に行ったところにある、もはや千葉に近い下町ともいえるこの街は個性的なお店が多くある。 そのなかで、今回はもっとも人気がある宇ち多゛(うちだ)へ行ってみることにした。入店と食事に際しては細かいルールがあり、変なことはないの...
東京のお花見散歩「桜橋と隅田公園」編... 山谷堀公園を隅田川の方へ歩いて行くとスカイツリーがだんだん大きく見えてくる。大通りを渡ったところで隅田川の護岸に出てくるのだが、ここにあるのがX字型にかけられたデザインが特徴的な桜橋が見えてくる。 ここは歩行者専用の橋なのでのんびりと渡れるのが、浅草のあたりで好きな場所だ。 桜橋の上か...
蟻月 代官山 – ランチがおすすめ 蟻月といえば、もつ鍋が人気でディナータイムは予約をとることすら困難らしいのだが、ランチタイムは結構空いているのでおすすめ。 さすがにランチでもつ鍋は出てこないけれど、ここでの名物は親子丼。 親子丼を頼むと、水炊きのスープが一緒に出てくるので、雑炊風にして柚子胡椒で味をつけて食べることもで...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください