ここ数年、大阪のホテルは需要の方が多くて週末近くになると随分と高い印象があり、今回の旅ではまずホテルをおさえておいた。ビジネスホテルであれば、早割ではなくても14日以上前に予約しておいた方が直前よりも安い場合がほとんどだと思う。とくに大阪エリアではそれが顕著にでている。

ホテルWBF 心斎橋は「心斎橋」を名乗っているものの堺筋本町、長堀橋からも徒歩数分圏内で、駅近というまでではないがかなり便利なところにある。ただ、まわりはオフィス街なので夜はかなり静かで人が少ない。道頓堀までも徒歩15分くらいというところで地下鉄乗るくらいならば歩いて行った方が近かった。

部屋の冷蔵庫にはなにもないし、水も用意されていないのだが、歩いて数秒のところにコンビニエンスストアがあるのでそこで調達すればいいと思う。部屋は機能的に出来ているがフロントも含めてどちらかというとインバウンド客をターゲットにしている感じ。無料スマートフォンとかあったが、あれ便利なのかな。試しにちょっと使ってみたけれど、僕が海外の旅行者だとしてあれを使うイメージがもてなかった。

新しいホテルで部屋はきれい。しかし、この狭い部屋に二人で泊まることあるのだろうか・・パジャマがふたつある。。
水回り、不通です
handyという無料で使えるスマートフォンがあった。無料でも使うかな・・。

まだ築浅のホテルなので、全体的にかなりきれい。なによりホテルによくある極度の乾燥状態みたいな感じがなくてそれなりに居心地よく眠ることができた。ほとんど寝るためだけに泊まったような感じなのだが、大阪では手頃な価格で便利なホテルだと思う。部屋の狭さはこんなもんかなって感じがするけれど。予約は楽天トラベルで行った。

ホテルWBF 心斎橋
住所:大阪府大阪市中央区南船場2丁目9−15

Related Post

小多福のカラフルなおはぎ。 京都土産といえば阿闍梨餅。そして、緑寿庵清水の金平糖がいいかなって思うのだが、少し変わった京都土産としては小多福のおはぎは目にも美しく、そして美味しい。祇園の外れ、東山の裏路地でひっそりやっている、おはぎ専門の小多福は暖かみがあっていいお店だった。 最近ではこのおはぎは写真映えすることもありわ...
観光客向けと侮れない!「あっちち本舗 道頓堀店」... 前日に飲みすぎたのでチェックアウトぎりぎりまでホテルにいて、心斎橋から道頓堀までのんびりと散歩をして向かう。朝ごはん代わりにたこ焼きでも食べるかと、このあたりで評判の良さそうな「あっちち本舗 道頓堀店」に行ってみることにした。 道頓堀の川端にあるお店で、巨大なたこのオブジェが目印。橋のたもとに...
近鉄特急で大阪から吉野まで(さくらライナーと青の交響曲)。... 大阪から奈良の吉野まで花見に行く。この場合、近鉄の大阪の阿部野橋駅から橿原神宮駅を通り吉野まで直通で行く特急で行くのが便利。花見シーズンだと発売と同時に売り切れることがあるので、今回は発売日になんとか購入できたくらいだ。 吉野へ行く特急は「さくらライナー」と「青の交響曲」という二種類の特急が走...
「珈琲焙煎所 旅の音」京都の住宅街にある気持ちのいい場所。... 京都に住む友人とふたたび合流。待ち合わせたのは出町柳から叡電で一駅行った元田中駅からすぐ近く、もともとは美術学校だった建物をリノベーションした複合施設にあるカフェ「珈琲焙煎所 旅の音」。 本当に住宅街のなかに、ひっそりと馴染んで存在している。出町柳から歩いて行くこともできるので京都散歩にはいい...
出町ふたばの豆餅を入手する。 今回の旅、京都では出町商店街の脇道を入ったところに滞在していた。なんだか森見登美彦の小説に出てきそうなところですごい楽しかった。そして、出町柳に泊まった理由はいくつかあるのだが、主たるものとして「出町ふたば」へ開店と同時に行き豆餅を入手するため、確実を期すためこの街に宿をとった次第。 開店と同...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
31star1star1stargraygray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください