大阪から京都へ向かうには京阪電鉄とかJRとか色んな手段があるのだが、今回は近鉄でまずは奈良まで出て、そのあと京都に向かうというややまわりくどい方法で行くことにした。

というのも近鉄のターミナル駅である大和西大寺駅の風景を見てみたかったから。ここは、近鉄奈良線、橿原線、京都線に加えて阪神電鉄や京都市営地下鉄の乗り入れなどもあり、ものすごい多様な電車がひっきりなしに駅にやってきては出発する風景を見ることができる。

近鉄京都線方面から特急電車
複雑に交差する線路

とくに、大阪方面に向けては複雑な線路のポイント切り替えがあって、いったいこの電車はどこのホームに着くのかぱっと見予測がつかない。そして、よくこれが間違えなく運行されているなとすごくびっくりする。この場所は駅ナカから展望台があって眺めることができる。鉄道ファンならずとも、この風景はみていて楽しい。

そして、大阪に向けて電車が出発していく

ただ、僕が訪れたタイミングが休日の午後というややまったりした時間だったこともあり、少し密度は低かったかもしれない。大和西大寺駅のここは朝夕のラッシュ時に来てみたいなと思える数少ない駅だと思った。

そして、まったく見知らぬ街の郊外ターミナル駅って旅行ではなく、僕とはまったく離れた日常があって、その雰囲気や見える風景もまた不思議な魅力があった。僕が朝に電車乗っているときにもこの場所はすごい密度で電車がいきかっているのかって思ったりすると、なんだかちょっと楽しい。

大和西大寺駅

Related Post

美瑛の絶景「青い池」はお昼くらいに行くのもいいかと思う。... 美瑛にある奇跡のように美しい「青い池」。前にいったときには全然人がいなくて、こんな狭いところ入っていくのかよと思ったのだが、いまではカーナビに場所が示されているし、観光バスが止まれるような駐車場まで整備されている。すっかり美瑛の観光地として定着している。 今回ひさびさに訪れたけれど、みやすいよ...
六花の森ほど心地よい場所はない まったく事前になにも調べずに訪れた今回の旅での発見のひとつだと思う。 中札内の町のはずれにある六花の森。六花亭がこの地に製菓工場を作るとき、自らのお店の包装紙にもなっている花柄の風景を実際に作りたいってことで、あれた耕地をこんな森に変えてしまった。 ちなみに、六花亭という社名の由...
純粋なお花見が楽しめる桜の名所「小石川植物園」... 播磨坂のさくら並木を白山の方へ坂道を上がろうかと思ったとき、高い塀の向こう側に美しい桜がみえた。地図をみると東大が運営する「小石川植物園」だったので、ちょっと立ち寄ってみたのだがここは東京でも屈指の美しい花見の場所じゃないかと思う。 小石川植物園は1684年に江戸幕府が解説した薬草の研究施設で...
博多から中津まで特急ソニックで移動... 午前中に福岡について、なにをしようかと思ったのだけど大分の中津まで行ってみることにした。特急に乗ると1時間半くらいで移動できるので案外近い。往復で5,000円くらいと安くはないが、それほど高くもない。さらに2枚きっぷや4枚きっぷという割引切符を利用すると割引価格で行けるので福岡に飽きたらちょっと半日...
絵本と木の実の美術館 – 夏に来るのがおすすめの美術館... 絵本作家である田島征三氏が廃校を舞台に監修した美術館。大地の芸術祭の作品のひとつとして作られたものだけど、雪深くなる冬期をのぞいて継続して開館している。大地の芸術祭のパスポートがない場合は、入場料700円が必要。 水を動力にして動くオブジェがおもしろい。これは海に流れ着いた流木や木の実などに絵...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください