京都に住む友人とふたたび合流。待ち合わせたのは出町柳から叡電で一駅行った元田中駅からすぐ近く、もともとは美術学校だった建物をリノベーションした複合施設にあるカフェ「珈琲焙煎所 旅の音」。

本当に住宅街のなかに、ひっそりと馴染んで存在している。出町柳から歩いて行くこともできるので京都散歩にはいいところだ。気持ちのいい冬の昼下がり、ここで友人と合流してコーヒーを飲んで過ごしたのはいい時間だったな。

古い美術学校をリノベーションしたらしい
気持ちよく、おしゃれな店内
ドライフラワーが印象的に飾られている
コーヒー豆の陳列にもこだわりがある

このカフェは店主の方が世界を旅して出会ったコーヒー豆を焙煎して出している。パッケージとかこだわりの豆が並んでいる。店内もコンクリートの打ちっぱなしにドライフラワーが飾られていたりして、冷たい印象というよりあたたかい。すごく気持ちのいい場所になっている。

コーヒーのほかに、コーヒーゼリーも美味しいというので頼んでみたのだけど、見た目にも美しく、そしてゼリーは甘すぎず上品な味だった。コーヒーも細かいところはよく分からないがなにもいれずに飲んでも優しい味わいで鼻に抜けるこうばしい香りが幸せだ。

すごくいいカフェだなあって思う
2月にしては春を感じさせる暖かな光もよかった
そしてコーヒー、幸せ
コーヒーゼリー、目にも美味しそう
友人はケーキを頼んでいた

あまりにも気に入ったのでお店のレジ横で打っていた真鍮のコーヒーポットをかたどったピンバッチまで買ってしまった。このポットの部分が折れやすいので気をつけてっていわれたのでバッグにつけて大事に使っています。

京都に来たらまた訪れたいカフェだなって思う。少し街中から離れていて、観光的な喧噪もなく静かでのんびりしているのもいい。

大事につかっているピンバッジ

珈琲焙煎所 旅の音
住所:京都府京都市左京区田中東春菜町30−3 THE SITE A
時間:11:00-19:00
休み:月曜日

Related Post

雙全紅茶(スワンチェンホンチャ)は台湾産の紅茶にこだわる専門スタンド... すごい分かりづらいところにあるのだが、台湾産の紅茶にこだわったお店があるというので行ってみた。路地裏にあるお店はイートインスペースみたいな小さな場所しかないお店。 メニューは紅茶のみというシンプルすぎるラインナップなのだが、一杯ずつ丁寧にいれられた紅茶を楽しむことができる。いわばサードウェーブ...
清澄白河のブルーボトルコーヒー訪問... 日本にオープンすると知ってから、そして清澄白河!というところから気になっていたブルーボトル。オープン時の喧噪もそろそろ落ち着いたんじゃないだろうかと訪れてみることにした。 はじめて行ってみたのは平日の朝イチ。つぎに訪れたのは休日のやはり朝イチ。朝の時間帯だと、曜日に関わらずお店はのんびりとして...
うふカフェ(ufu cafe) – 米沢の隠れ家的カフェ... 初秋の山形旅行。ここらへんで面白いカフェはあるかなと思って、行ってみたのがこちら米沢の郊外にある「うふカフェ」。 ちょっと高台のエリアにあって、お店からは米沢の風景を眺めることができる。ちょうど稲刈りが終わって収穫のシーズンを迎えた米沢の景色を眺めながら、のんびりできるのがいい。 ...
CHE MY 2(チェー ミー ハイ)でベトナムスイーツ... 外観 日が暮れたベトナムで食後のカフェ的な存在といえば、僕のなかではChe(チェー)という、ぜんざいのようなスイーツを食べること。 いまは昔、ベトナムをうろうろと旅行をしていたとき、現地の女の子につれられて薄暗い街角で一緒にチェーを食べていたことがある。 そのときはなに食べている...
寮國咖啡で楽しむラオスコーヒー 台南でラオス産のコーヒーを楽しんできた。結論からいうと、とてもうまい。 ラオスに行ったことは何度かあるのだが、まさかこんなちゃんとしたコーヒー作っていたとはね。でもまあ、フランス領だったこともあるし、食事に対しては感度が高いエリアではあった。コーヒーがあっても不思議じゃない。 しかしまあ...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください