越後妻有の当間高原にあるベルナティオでの滞在。冬にバスでここへやって来るとホテルの外に出る手段がほぼなくなるので、ホテルステイを楽しむことになる。

夏にはゴルフ場になっているホテル裏側の敷地が冬は広大なスノーパークになっていてここが結構楽しい。僕は雪花火のタイミングで訪れたこともあり、出店とかDJイベントまでやっていて色々楽しかった。

かまくらカフェ
入口に看板あり
なかは結構ひろい
照明の色が変化する

そのなかでも、かまくらのなかにあるカフェは冬季限定で営業しており、かまくらのなかに入れるなんて!ってちょっとわくわくしながら行ってみた。入口はかなり狭いものの、なかは意外と広くて椅子とテーブルが置かれている。僕はなにを間違えたビールを頼んだのだが、これが冷えすぎるくらい冷えていて普段なら嬉しいところだが、このあといったん部屋に戻ることにしたくらい身体がひえた。いまでも、なんでこのチョイスにしたのか自分でもわからない。きっと、みんなかまくらのせい。

この寒いなか、ついビールを飲んでしまった。

かまくらはライティングがされていて、これが微妙に目がちかちかする。僕がもやは古いタイプの人間なのかもしれないが、普通の暖色系の電球でもよかったんじゃないだろうか。とはいえ、風がないだけでかまくらのなかは結構快適。よく晴れた3月ということでかまくらの内部が少し欠けたりしていたのはちょっと怖かったが、面白い体験だった。

当間高原リゾート ベルナティオ

Related Post

越後妻有から小布施への日帰り小旅行。... 2016年の夏は日本国内の小旅行をしてきていた。8月は一年ぶりに越後妻有への旅。去年は大地の芸術祭で賑わっていたけれど、それ以外の年は、新しい作品はないけれど、展示を楽しむことができるので、のんびりと観たい人にはこっちの方がいいかもしれない。 早朝に出発して、午前中のうちに越後妻有まで到着。川...
冬の「あてま高原リゾート ベルナティオ」に宿泊記... 越後妻有の中心的な宿泊リゾートで僕がすごく好きなホテルのひとつである当間高原のベルナティオ。2002年のワールドカップのときにクロアチア代表が利用するのが最初のきっかけだったみたいで、それからもう20年近く建つものの居心地のいい空間で温泉もあたたまる。 いままで、春、夏、秋と季節を変えて滞在し...
星峠でみた夜明け 前から気になっていた星峠で夜明けをみてきた。 アクセスは松代の奥の方なので、泊まっていたベルナティオからだと、車で1時間近くかかる。はっきりいってすごく遠い。夜明け前にホテルを出発するときには、なんで大変な思いして行くんだろうかと自問自答したりもしたが、星峠からみえる景色をみたらそんなこと忘れ...
まつだい農舞台と里山食堂のカフェ 越後妻有に来るとだいたい立ち寄るのが松代駅のすぐ横にある農舞台という施設。正式名称は「まつだい雪国農耕文化村センター」というところで、なかにはお土産物屋さんとか小さな美術館、カフェレストランなどがある。 農舞台のまわりにも見所が多く、草間彌生の屋外展示作品「花咲ける妻有」もここにあるの...
最後にみた「再構築」の風景、越後妻有「大地の芸術祭」... 今回の旅でもっともみたかったものを観に行く。使われなくなった小屋をリノベーションしたこの作品は2006年にうまれて、それから冬の間は雪囲いで保護されて、夏はまわりの風景をうつしだしてきて、越後妻有の作品群のなかでも最も有名なもののひとつになっている。 思っているよりだいぶ小さな小屋は遠くからみ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください