ユナイテッド便でバンコクに到着して入国後に最初にやるのはプリペイドSIMを購入すること。SIM自体はコンビニや、バンコク市内のMBKといったショッピングモールでも販売されているが、設定など確実に利用できるようにするには空港で買っておいた方が確実だと思う。

タイの通信会社はメジャーどころでは、AIS、True、DTACといったところがあり、なかでもAISがもっともメジャーなのだが、もっとも通信速度が遅い。ただし、僕のなかではもっとも確実に通信回線がつながるイメージ。

スワンナプームでは到着ゲートを出たところにあるMeeting Pointという待ち合わせ場所に近いところに各会社がカウンターを並べているので、好きなところで買えばいいと思う。

スワンナプーム空港でのSIM販売カウンター
スワンナプーム空港でのSIM販売カウンター

Android携帯の場合、場合によってはカウンターで設定してもらう必要があるので言語をあらかじめ英語設定に変更してから携帯を渡しておいた方がスムーズに進むと思う。APNなどのネットワーク設定は以下の通りだった。

APN:internet
ユーザー名:空白
パスワード:空白

ちなみに、僕はSIMフリーのNexus4を利用しているので、その基準での記録。いつも、Trueか、AISを利用していて今回はAIS。料金体系はどこも似通ったものなのだが、7日間有効でデータ通信料1GBまで利用できるサービスにしてみた。

DTACの料金表
AISの料金表

実質1週間パケット使い放題で料金は299THB(約1,000円)となるので、日本の通信会社の海外パケ放題1日未満の価格。レンタルWifiよりも断然安いし、なにせ現地の携帯番号が利用できるので連絡取り合ったりするのが非常に便利なので、SIMフリー携帯の利用を断然おすすめしたいところ。

通信速度は3G回線なので、日本の感覚からするとちょっともっさりしているのだが、それでもニュースサイトや、地図、SNSの閲覧にはまったく問題ないし写真のアップロードもストレスなく使える。

ちなみに、一般的な情報としては以下のサイトがすごくよくまとまっているので、こちらを参考にするのがいいかと思う。

【SIMフリースマホと27日間世界一周 2】 実は通信天国で快適なタイ!

Related Post

ロイクラトンの旅2日目 2013年11月はタイのロイクラトンに行ってきた。初日はバンコクまでのフライトで終わってしまい2日目。この日は朝からチェンマイへと移動して、ちょこっと観光・・というか主に食べ歩きした。 早朝にアマリ ドンムアンホテルをチェックアウトして、朝7時過ぎのエアアジアの便でドンムアンからチェンマイへと...
ワット チェディルアン – チェンマイで最もおすすめしたいスポット... もし、チェンマイにやって来たのに、どこかひとつだけしか訪問するところしか時間がないという状況であれば、僕ならば迷わずワット チェディルアンに来ると思う。 チェンマイの旧市街のなかにあり、かつてここが都であった頃の中心となっている寺院。巨大な仏塔があるのだが、16世紀に起きた地震によって一部崩壊...
成田で迫力ある飛行機の写真を撮るなら「さくらの山公園」がおすすめ... 成田空港で迫力ある飛行機を眺めたいなあ・・と思っていて、前から気になっていた「さくらの山公園」に行ってきた。 「恋する豚研究所」からは、車でほぼ道なりに10分程度と結構近い(ので、両者はセットでの訪問もおすすめ)。 成田空港のA滑走路の端にある公園で、高台になっているので、離陸準備の飛行...
ミャンマーのモバイル通信事情 ヤンゴンの街並み ※この情報は2014年2月時点のものとなります。 ミャンマーを旅するにあたり、いろいろと情報を集めていたのだが、モバイルの通信事情がかなり悪そうだということだったので、成田空港でWifiをレンタルしてもっていった。 借りたのはテレコムスクエア(http://www....
ルフトハンザで成田からリオデジャネイロまでのフライト... 成田からフランクフルト行き、この飛行機で12時間 日本からブラジルのリオデジャネイロまでは飛行機を使って、行きは24時間くらいかかって実質2日がかり。 帰りはなぜかどこの航空会社もいったんサンパウロに移動して、なおかつトランジットのじかんも含めて36時間くらい。移動する旅に日付がわかっ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください