雨が降り続いているので花見は諦めて、京阪電車に乗って三条まで、京都市街に出てきた。日も暮れてきていたし、ちょっと寒かったので赤垣屋に入っておでん食べたいなあと思い行ってみたのだが幸運にも入ることができた。数年ぶりに訪れたけれど相変わらずの人気店(前回はこちら)、そしてお店の雰囲気もそのままだ。

メニューに値段がないので恐ろしさはあるものの、だいたいは良心的な価格帯でむしろちょっとお得に感じるくらいだ。鳥せいで食事してきたこともあるのでそれほど食事をとる感じではなかったのだが、おでんとしめ鯖は食べておかないと損なのでオーダーしておく。日本酒はお燗してもらって呑んだのだけど、これはうまいなあ。

おでん!これが食べたかった。
そして、しめ鯖
焼き物も美味かったし、日本酒のお燗もしみた

写真には撮っていないのだが年季の入った店内の雰囲気がすごくいいのです。黙々と仕事をする料理人、緩やかな空気の流れる店内。美味しいお酒。老舗ならではのいい空間だと思う。一見さんも多いお店なので店員さんも優しいし、いい居酒屋だと思う。

赤垣屋
住所:京都府京都市左京区孫橋町9
時間:17:00-23:00
休み:日曜日と日曜日に続く祝日

Related Post

立石の良心みたいな「江戸っ子」はせんべろ初心者にも優しい... 立石の居酒屋のなかには「お酒飲んできた人は入店不可」というところが結構ある。1,000円あれば文字通り泥酔できてしまうから、面倒なことに巻き込まれたくないお店としても自衛的な処置だとは思う。でも、ちょっとでも有名になるとそういうスタンスのお店が増えてきてしまい、お店を選ぶ方としても面倒だなあって思え...
昔ながらの暖かい雰囲気、荒木町の「酒房 一」で過ごす夜... はじめて訪れたお店なのに始めてじゃないみたいな感覚。たまにそういう場所に出会うことがあるのだが、荒木町の「酒房 一」はまさにそんなところだった。のんびりとした雰囲気、せかされることなくお酒を楽しむ、そういう夜を過ごすことができる。 酒房 一へのアクセス 荒木町にあるのだが、具体的には丸ノ...
「さいき」恵比寿の良心みたいな古き良き居酒屋。... 孤独のグルメに紹介された人気店。前から気になっていたが19:00過ぎると満席で入れないことが多く、二階は4人以上の予約で宴会ということもあり行けずにいたのだが、今回予約をして二階のお座敷で飲んできた。 恵比寿の裏通りで60年以上つづく老舗の居酒屋。二階の窓越しに眺める風景はいつも見ているのにな...
恵比寿横丁とは観光地です。恵比寿横丁 純ちゃんで飲む九州の雰囲気。... ここのところ(2017年)、恵比寿横丁とかコリドー街がナンパのスポットとして有名になっているらしい。 どちらにも好きなお店があって、たしかに前からそういうのがあったけれど、最近はちょっといままでと雰囲気が変わってきていると感じる理由がはっきりした。いまさらながらに感じるところ。 ひさびさ...
餃子の歩兵、ふたたび。 すいばでほろ酔いになった後、京都に住む友人と合流。思い出の場所という祇園の歩兵で餃子を食べることにする。前回の訪問は真冬のオフシーズンだったけれど、紅葉のハイシーズンには予約しておかないと、スムーズに入店することは難しそうだ。 歩兵は祇園の北側エリアにあり、祇園白河から巽橋を渡ってすぐのところ...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください