チェンマイもし、チェンマイにやって来たのに、どこかひとつだけしか訪問するところしか時間がないという状況であれば、僕ならば迷わずワット チェディルアンに来ると思う。

チェンマイの旧市街のなかにあり、かつてここが都であった頃の中心となっている寺院。巨大な仏塔があるのだが、16世紀に起きた地震によって一部崩壊してしまっている。

若干修復がされているのだが、もともと仏塔の先がどのようなデザインであったのかが分からないため、尖塔は崩れたままになっている。よって、寺院としての機能はすぐ横にある、いかにもタイ風なお寺がになっている。

チェンマイ

この寺院がもっとも好きなのは境内の雰囲気。暑い午後のひととき、木陰でだらだらと過ごしつつ、仏塔を眺めながら「あの仏塔の先ってどんなんだったのかなあ・・」とか考えている時間ってとても贅沢な気がする。どこかで誰かが鐘楼を鳴らす涼しげな音がきこえてくる。遠くの通りを走るトゥクトゥクの爆音も、なんだかここなら許せる気もする。

境内には犬が気持ちよさそうに無防備に昼寝をしていて、修行中の若い僧侶はそれをまたぐようにして歩いていたりする。

チェンマイ

涅槃像があるのだが、その表情も涼しげで、少し褪せたよそおいがまた雰囲気があっていい。ワットポーの度を超えたきらきらとはまた違った趣がある。

日本の映画で「プール」という作品があるのだが、チェンマイが舞台になっていて、涅槃像をまえに、主人公達が「ワット チェディルアンがチェンマイで一番好きな場所だなあ」という台詞があるのだが、映画の内容自体は不思議なまったり具合だったが、この台詞はすごく印象に残っている。僕もここが一番好きだなあ。

※指摘がありまして、どうもこれは「プール」で使われたのとは違う場所みたいです。誤解しておりごめんなさい。でも、この場所が僕が一番好きな場所に変わりはないです。

チェンマイ

チェンマイには寺院がたくさんあるけれど、数多くの寺院を巡るよりも、どこか自分の好きなところを決めてのんびりする方が、あとで旅を思い返したときに充実したものになるような気がする。

チェンマイ

ワット チェディルアン(Wat Chedi Luang)

Related Post

和田浦海岸 – 隠れ家的ビーチ 「春の海 ひねもすのたり のたりかな」 という句がぴったりくる和田浦海岸のビーチ。 学生時代を過ぎてだんだんと感じるのは、何もしないことに時間を費やすことが少なくなっているということなのだが、和田浦海岸のほとんど人のいない護岸に腰掛けて、青い海と白い砂浜、のんびり打ち寄せている波をのんび...
京都の紅葉はここが最も印象深かった、法然院の風景... 銀閣寺まで来たので、以前ちょっとよく訪れることのあった法然院にも足をのばしてみることにした。 法然院へのアクセス 銀閣寺から哲学の道を南に15分くらい行ったところにある。まわりに有名な寺院があり、またここは拝観禁止のエリアが多いこともあり、いまは法然院を訪れる人は少なくそれが静かで厳かな風情があ...
香港に住む客家の集落「吉慶囲」に行ってきた... 香港郊外を旅してみるシリーズ。川龍村から路線バスを乗り継いで元朗区の方へ抜けてみることにした。行ってみたのは中国の本土から流れてきた客家という民族の集落。周囲に壁を作って集団生活する独特の生活スタイルを維持して暮らしている。香港では錦田吉慶囲というところが比較的オープンなコミュニティで壁の内側にも入...
カオソーイ ラムドゥアン – チェンマイのカオソイ老舗名店... チェンマイを含めた北部タイ料理って半端なく辛いものが多くて、はっきりいって僕は苦手なのだが、そんな辛いものが苦手な方や日本人にあう風味をもった料理といえばカオソイになるんじゃないかなって思う。 カオソイとは、簡単にいえばカレーラーメンみたいなもので、鶏ガラ出汁のイエローカレーにココナッツミルク...
カリオカ水道橋とラパ広場 カテドラル・メトロポリターナからラパに向けて数分歩くとみえるのが真っ白な水道橋。サンタテレーザの丘からセントロの方につながっていて、かつてはここに水を通していた。現在は路面電車の陸橋になっている。 水道橋のあるところは大きな広場になっていて、ラパ広場と呼ばれている。このあたりは下町っぽさがあっ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください