何年か前のバレンタインデーの直前にうっかり四条のカカオマーケット by マリベルに行ってしまい、すごい浮いた感じになったのだが(そのときの記事:カカオ マーケット バイ マリベルの京都土産はかなり喜ばれる)、今回は本店であるマリベル京都に行ってみることにした。もちろんバレンタインデーではなく、4月末のどうってことのない土曜日だ。

ちょっと見落としそうなくらい狭い入口
ほそい路地をとおりお店にいく

すごい豪華な場所を想像して向かったのだが、入口はびっくりするくらい質素で見逃してしまいそうなくらい。細い路地を抜けたところに町家をリノベーションしたお店があり、店内に入るとカラフルなマリベルの世界が広がっている。店内入ったところはショップになっていて、限定品なども売っている。奥にティールームがあるのだが、幸運なことに待ち時間なしで入ることができた。

アンティークな家具で揃えられたインテリアは京都の町家とマリベルのもっているファンタジーさが融合されていて、落ち着いているのに華やかな雰囲気がある。独特の世界観があってこれはテンションあがる。

町家×アンティークな店内
スイーツも絶品の美味しさ

ティールームなので食事とかはないのだが、店頭で売っているチョコレートやケーキなどを食べることができる。値段はそれなりに高いのだがこの雰囲気や暖かみがあるけれどカジュアルすぎない絶妙な接客などを考えると妥当な感じがする。もちろん出てくるスイーツも絶品で、マリベルが日本進出の際にまず京都にやってきたのがわかる。きっとこの世界は東京だとちょっと作れないものだものな。一度は来てみて感じてみるのがいいと思う。

朝にはモーニングもやっているらしく、今後京都に来たときには行ってみようかなって思った。

マリベル 京都本店
住所:京都府京都市中京区槌屋町83番地
時間:10時00分~19時00分
休み:火曜日

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください