黒塗りの写経机に鮮やかな新緑のもみじが映り込む写真をみたときから行ってみたいと思っていた京都の瑠璃光院。普段は非公開の寺院なのだが、春と秋のみ拝観を受け付けているとのことで新緑鮮やかな青もみじの季節に行ってみた。

瑠璃光院への最寄り駅は叡電の八瀬比叡山口駅
趣ある山門
寺に入る前で圧倒的に美しい

叡電の八瀬比叡山口駅から高野川にそって10分くらい歩いたところにあるのだが、拝観の時期はかなり混み合うので拝観時間前に着いて並んでおくといいと思う。山門の前に整列するスペースがあって並べる。

僕は週末に拝観時間開始の10:00より30分くらい前についたけれどわりと並んでいた。拝観料は2018年時点でひとり2,000円と結構高い。映画見られるくらいではないかって思っていたのだが、行ってみて思ったのは映画をみるくらい感動できる風景だった。

頭上をみあげると覆うような青もみじ
苔も美しい
池の鯉もきれいだったなあ

まず、山門をくぐり寺院の玄関までの庭は足下にはしっとりとした色の苔があり、頭上を覆うようにもみじの新緑が目に鮮やかでこの時点でかなり圧巻の風景だ。もちろん、混雑はしているものの美しさがそれを上まわっておりこの風景だけでも価値がある。御朱印も素敵なので御朱印帳持参で行ってみるのがいいと思う。

そして有名な写経机に移る青もみじ
これは本当にきれいだった
こんな世界があるのかあって知っただけでも楽しくなる
絵画のような庭園
すごく静かな空間だった
瑠璃光院にあるラピスラズリ(瑠璃石)、すごい大きい。

瑠璃光院
住所:〒606-0067 京都府京都市左京区上高野東山55
公開:公開しているのは春秋の期間のみ、詳細はサイトを確認ください。

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください