迪化街のなかにある雰囲気のいいカフェ。一階は雑貨屋になっていて、その横の階段を2階へ上がったところにお店があります。そして、これがかなりわかりづらい上に「え、ほんとあいてるの?」という感覚にもなる。

とはいえ、勇気をもって扉をあけるとこれが開店中であるという。まあ、隠れ家風でもあっていいんだけど。

店内は台湾の茶藝館のような佇まい。アンティークな家具がランダムに配置されてシックな雰囲気を醸し出している。

このお店の売りのひとつは、中国茶スタイルで楽しむコーヒーで、中国茶で香りを楽しむための細長い容器にまずコーヒーを移して、それからカップに注ぎ、容器に残ったコーヒーの香りを楽しみながら、そのコーヒーを味わうことができる。

まあ、それだけのことなのだが、台湾で中国茶スタイルでコーヒーを楽しむっていうのもまた面白いと思う。

もうひとつの売りは自家焙煎している珈琲豆で、とくにおすすめなのは阿里山珈琲の豆。阿里山というと高級中国茶で有名だけど、珈琲の豆も栽培しているようで少量だがとれているみたい。このお店ではその珈琲を飲むこともできるし、豆を購入することもできる。豆はホールのままで買うこともできるので、自分用に、または大切な人へのお土産用に購入してみるといいかと思う。

阿里山珈琲は、お茶と同じようにさっぱりした飲み口で香りも高く、このお店で飲むと雰囲気も相まって優雅な気分になれるし、家で飲んでもまたそのときのことを思い出して楽しい。

残念なことをあげるとすれば、ちょっと珈琲の淹れ方が雑なのかも、というところ。日本人がこだわりすぎているだけなのかもしれないが、日本に戻ってコーヒーメーカーでゆっくり大事に淹れられた方が美味しく感じられた。。でもまあ、こういうのって個人的な趣向が関係してくるから、このお店ではこういうものなのかも。

台湾っぽいカフェでまったりしたいときには、このお店がうってつけだと思います。迪化街のなかでは貴重なカフェなので、ぜひ立ち寄って休んでみるのがおすすめです。

Related Post

コッペパンサンドの専門カフェ「えびすぱん」(恵比寿)は”すごく”良心的なとこ... 恵比寿駅から白金方面にバス通りをすすんだところに新しくカフェみたいなのが出来ていたので行ってみた。 もともとはお総菜屋さんがあったような気がする。外観も店内もおしゃれなカフェという感じ。働いている人たちもイケメン、または美人さん。だけど、売っているのはコッペパンに具を挟んだコッペパンサンド。ド...
來了はカフェとしての利用もおすすめ... 2016年現在、台南でおもしろくなってきそうなエリアのひとつは新美街という小さな路地が通るエリア。台南のよさである古い建物をリノベーションして居心地のよい空間をつくり出していて、新しい文化の発信地になってきている。そして、今回訪れた來了はそんななかでも有名なところのひとつ。 來了へのアクセス...
雙全紅茶(スワンチェンホンチャ)は台湾産の紅茶にこだわる専門スタンド... すごい分かりづらいところにあるのだが、台湾産の紅茶にこだわったお店があるというので行ってみた。路地裏にあるお店はイートインスペースみたいな小さな場所しかないお店。 メニューは紅茶のみというシンプルすぎるラインナップなのだが、一杯ずつ丁寧にいれられた紅茶を楽しむことができる。いわばサードウェーブ...
サフランコーヒーでラオスのシングルオリジンなコーヒーを楽しむ... ラオスでオーガニックなコーヒー豆を作っている会社があって、その直営店がルアンパバンにある。ルアンパバンについて調べているときにみつけて、ちょっと気になっていたところだったので寄ってみた。 場所はメコン川沿いの道路脇にあって店内の雰囲気もよさそうだが、道路を挟んで反対側にあるメコン川を望めるテラ...
Highlands Coffee(ハイランズ コーヒー)はベトナムのスターバックス的存在... ベトナムを旅しているとあちこちでみかけるHighlands Coffeeのお店。 ベトナム人の実業家がスターバックスの成功をみて、ベトナムならではのお店をつくるということで、はじめたそうだが確かに手頃な金額でおしゃれな立地でベトナムコーヒーを楽しめるというのは旅行者にとってもありがたい。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください