迪化街のなかにある雰囲気のいいカフェ。一階は雑貨屋になっていて、その横の階段を2階へ上がったところにお店があります。そして、これがかなりわかりづらい上に「え、ほんとあいてるの?」という感覚にもなる。

とはいえ、勇気をもって扉をあけるとこれが開店中であるという。まあ、隠れ家風でもあっていいんだけど。

店内は台湾の茶藝館のような佇まい。アンティークな家具がランダムに配置されてシックな雰囲気を醸し出している。

このお店の売りのひとつは、中国茶スタイルで楽しむコーヒーで、中国茶で香りを楽しむための細長い容器にまずコーヒーを移して、それからカップに注ぎ、容器に残ったコーヒーの香りを楽しみながら、そのコーヒーを味わうことができる。

まあ、それだけのことなのだが、台湾で中国茶スタイルでコーヒーを楽しむっていうのもまた面白いと思う。

もうひとつの売りは自家焙煎している珈琲豆で、とくにおすすめなのは阿里山珈琲の豆。阿里山というと高級中国茶で有名だけど、珈琲の豆も栽培しているようで少量だがとれているみたい。このお店ではその珈琲を飲むこともできるし、豆を購入することもできる。豆はホールのままで買うこともできるので、自分用に、または大切な人へのお土産用に購入してみるといいかと思う。

阿里山珈琲は、お茶と同じようにさっぱりした飲み口で香りも高く、このお店で飲むと雰囲気も相まって優雅な気分になれるし、家で飲んでもまたそのときのことを思い出して楽しい。

残念なことをあげるとすれば、ちょっと珈琲の淹れ方が雑なのかも、というところ。日本人がこだわりすぎているだけなのかもしれないが、日本に戻ってコーヒーメーカーでゆっくり大事に淹れられた方が美味しく感じられた。。でもまあ、こういうのって個人的な趣向が関係してくるから、このお店ではこういうものなのかも。

台湾っぽいカフェでまったりしたいときには、このお店がうってつけだと思います。迪化街のなかでは貴重なカフェなので、ぜひ立ち寄って休んでみるのがおすすめです。

Related Post

CHE MY 2(チェー ミー ハイ)でベトナムスイーツ... 外観 日が暮れたベトナムで食後のカフェ的な存在といえば、僕のなかではChe(チェー)という、ぜんざいのようなスイーツを食べること。 いまは昔、ベトナムをうろうろと旅行をしていたとき、現地の女の子につれられて薄暗い街角で一緒にチェーを食べていたことがある。 そのときはなに食べている...
Urth Caffe Daikanyama に行ってきた この春くらいに出来たUrth Caffeに、もう何度か行っているのだけど、たしかにラテとラテアートはうまいし、外のテラスは最高に気持ちがいいのだが、それ以上の印象はあまりないというところ。 まあ・・平日にランチ食べるにしては味もボリュームもないわりに高いよな。すぐそばのサブウェイの方がうまいサ...
莉莉水果店のフルーツ盛り合わせも台南の定番グルメのひとつ... 台南の定番グルメであるフルーツなのだけど、そのなかでも有名なお店である莉莉水果店。前回の訪問でマンゴーかき氷に感動したのであらためて訪問してきた。雰囲気含めて台南らしいいいお店だ。 前回の訪問:台南で定番、莉莉水果店(Lily Fruits Store)のかき氷 莉莉水果店(Lily Fru...
N1 Coffeeは九龍で美味しいコーヒーが飲める貴重な存在... 九龍の尖東エリア、重慶マンションの裏手の方へ行ったあたりにある小さなカフェ。シングルオリジンで一杯ずつドリップしたコーヒーを楽しむことができる。 シングルオリジンのコーヒーは日本と比較してもちょっと高いと思わないわけではない。でも、この街でちゃんとした美味しいコーヒーを飲めるってことがどれだけ...
アライズ コーヒー エンタングルにてのんびりとしたコーヒーを楽しむ... 清澄白河のブルーボトルから50mくらい離れたところにあるアライズ コーヒーの焙煎所。そこが新しくつくったカフェが清澄庭園のすぐ近くにあるというので行ってみた。 見た目は普通の喫茶店ぽくて、なかに入ると雑貨店みたいな雰囲気もある。結構色んな人が出入りしていて、朝から賑わっている。 ブルーボ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください