迪化街のなかにある雰囲気のいいカフェ。一階は雑貨屋になっていて、その横の階段を2階へ上がったところにお店があります。そして、これがかなりわかりづらい上に「え、ほんとあいてるの?」という感覚にもなる。

とはいえ、勇気をもって扉をあけるとこれが開店中であるという。まあ、隠れ家風でもあっていいんだけど。

店内は台湾の茶藝館のような佇まい。アンティークな家具がランダムに配置されてシックな雰囲気を醸し出している。

このお店の売りのひとつは、中国茶スタイルで楽しむコーヒーで、中国茶で香りを楽しむための細長い容器にまずコーヒーを移して、それからカップに注ぎ、容器に残ったコーヒーの香りを楽しみながら、そのコーヒーを味わうことができる。

まあ、それだけのことなのだが、台湾で中国茶スタイルでコーヒーを楽しむっていうのもまた面白いと思う。

もうひとつの売りは自家焙煎している珈琲豆で、とくにおすすめなのは阿里山珈琲の豆。阿里山というと高級中国茶で有名だけど、珈琲の豆も栽培しているようで少量だがとれているみたい。このお店ではその珈琲を飲むこともできるし、豆を購入することもできる。豆はホールのままで買うこともできるので、自分用に、または大切な人へのお土産用に購入してみるといいかと思う。

阿里山珈琲は、お茶と同じようにさっぱりした飲み口で香りも高く、このお店で飲むと雰囲気も相まって優雅な気分になれるし、家で飲んでもまたそのときのことを思い出して楽しい。

残念なことをあげるとすれば、ちょっと珈琲の淹れ方が雑なのかも、というところ。日本人がこだわりすぎているだけなのかもしれないが、日本に戻ってコーヒーメーカーでゆっくり大事に淹れられた方が美味しく感じられた。。でもまあ、こういうのって個人的な趣向が関係してくるから、このお店ではこういうものなのかも。

台湾っぽいカフェでまったりしたいときには、このお店がうってつけだと思います。迪化街のなかでは貴重なカフェなので、ぜひ立ち寄って休んでみるのがおすすめです。

Related Post

春水堂 代官山店 – 本場のタピオカミルクティーを味わえる... 台湾で開発されたタピオカミルクティーの発祥のお店「春水堂」(チュンシュイタン) が日本に上陸したということでちょっと行ってきた。ランチタイム後に行ったこともあるのだが、店内はいっぱいであまり時間もなかったのでテイクアウトですませる。 場所は代官山駅から徒歩20秒くらいと近いのだけど、坂の下にあ...
Paper St. Cafeはバリスタのいるストイックなカフェ... 華山1914のすぐ近くにある洗練されたカフェ。外見はアメリカの都会にあるカフェみたいな感じでシンプルな直線的なインテリアが印象的。椅子もいいものを使っていて気持ちがいい。 午前中のオープン直後に行ったのでお客さんはいなくてのんびりできた。バリスタの人がいて焙煎する豆を選別している。 かな...
【閉店】CAFE JUNKIESは台北カフェで最高に居心地がいい場所... すんごい迷うけれど、台北で一番居心地がよくて、落ち着くカフェってどこ?と訊かれたらここCAFE JUNKIESかなあ・・って回答すると思う。 僕が訪れたのは開店して間もない朝だったのだけど、外から入り込む光が店内を照らしていて、それはそれはとても気持ちのよい朝のひとときを過ごすことができた。...
【閉店】Cafe Junkiesふたたび 台北で一番好きなカフェであるCafe Junkiesへ久々に来ることができた(前回の訪問はこちら)。 バスで来るにも少し勝手が悪かったりしてなかなか足が遠のいていたところなんだよね。 しかし、ここを訪れるなら朝イチが絶対いいと決めていたので、朝のコーヒーをここで楽しむ。 店内ではス...
台北でおすすめの場所、Paper St. Coffee Companyでコーヒー飲んでひとやすみ... 7月の台北はもう真夏の暑さ。迪化街のASW Tea Houseでクラフトビール飲んだり、台湾の紅茶を飲んだりしていたのだけど、崋山1914のあたりを散歩していたらすっかり暑さにやられてしまった。 ということで、ランチタイムまでの時間をつぶす休憩にPaper St. Coffee Company...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.