迪化街のなかにある雰囲気のいいカフェ。一階は雑貨屋になっていて、その横の階段を2階へ上がったところにお店があります。そして、これがかなりわかりづらい上に「え、ほんとあいてるの?」という感覚にもなる。

とはいえ、勇気をもって扉をあけるとこれが開店中であるという。まあ、隠れ家風でもあっていいんだけど。

店内は台湾の茶藝館のような佇まい。アンティークな家具がランダムに配置されてシックな雰囲気を醸し出している。

このお店の売りのひとつは、中国茶スタイルで楽しむコーヒーで、中国茶で香りを楽しむための細長い容器にまずコーヒーを移して、それからカップに注ぎ、容器に残ったコーヒーの香りを楽しみながら、そのコーヒーを味わうことができる。

まあ、それだけのことなのだが、台湾で中国茶スタイルでコーヒーを楽しむっていうのもまた面白いと思う。

もうひとつの売りは自家焙煎している珈琲豆で、とくにおすすめなのは阿里山珈琲の豆。阿里山というと高級中国茶で有名だけど、珈琲の豆も栽培しているようで少量だがとれているみたい。このお店ではその珈琲を飲むこともできるし、豆を購入することもできる。豆はホールのままで買うこともできるので、自分用に、または大切な人へのお土産用に購入してみるといいかと思う。

阿里山珈琲は、お茶と同じようにさっぱりした飲み口で香りも高く、このお店で飲むと雰囲気も相まって優雅な気分になれるし、家で飲んでもまたそのときのことを思い出して楽しい。

残念なことをあげるとすれば、ちょっと珈琲の淹れ方が雑なのかも、というところ。日本人がこだわりすぎているだけなのかもしれないが、日本に戻ってコーヒーメーカーでゆっくり大事に淹れられた方が美味しく感じられた。。でもまあ、こういうのって個人的な趣向が関係してくるから、このお店ではこういうものなのかも。

台湾っぽいカフェでまったりしたいときには、このお店がうってつけだと思います。迪化街のなかでは貴重なカフェなので、ぜひ立ち寄って休んでみるのがおすすめです。

Related Post

「Burps & Giggles」ではホワイトじゃない美味しいコーヒーが飲める。... イポーのオールドタウン内、イポー駅からも近いところにあるカフェである「Burps & Giggles」ではホワイトコーヒーとかではない、普通のコーヒーが美味しく飲むことができるので、コーヒー飲みたいなって思ったら行ってみるのがおすすめです。 イポー駅からも歩いて5-6分くらいのところで...
久しぶりに「寮國咖啡」でラオス産のコーヒーを味わってきた... 近くまで通りかかっていたけれど、なかなか再訪問していなかった寮國咖啡にふたたびやってきた。大通りから入ってすぐ手前にある黃氏蝦仁肉圓とか、そのちょっと先にある甘單珈琲館までは来ていたのだけど。なかなかこの路地まで入ってなかったなあと来てみることにした。 お店の外観。コーヒースタンドです。 ...
世界でもっとも美しい書店のひとつ、VVG Something(好樣本事)へいってみた... 台北の裏通りにあるにある小さな本屋さん。本屋というか、雑貨屋のようでもある。 この小さな本屋はSNSを中心に世界中で注目されている書店となっている。 2012年にアメリカのFlavorwire.comが発表した「世界で最も美しい書店20」に、代官山の蔦屋書店などとともに紹介されている。...
軽井沢を一望できる「天空カフェ・アウラ」へ行ってきた。... 以前に友人が行っていて軽井沢を一望できる別荘地のなかにあるカフェがすごいというので行ってみることにした。残念ながら2018年11月5日で閉店してしまっているのだけど、記録は残しておくことにします。 軽井沢の街中から林道を通り抜けて、こんな大きな別荘があるのかと驚くようなところを通り過ぎてようや...
誠品書店 信義店 世界最大級の書店として有名な「誠品書店 信義店」にはじめて行ってみた。 ちょっと前に台湾の旅行雑誌で僕の写真を使ってくれたこともあって、その雑誌がどんな感じで置かれているんだろうとか、どれだけ大きな書店なんだろうという調査。 場所は、MRT板南線 市政府駅から徒歩2分くらい。阪急百貨店の...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください