ライスもの
ライスもの

北部タイって、間にラオスをはさんではいるものの、中国の雲南省まではそれほど離れた距離にあるわけではなく、山の方にトレッキングとかすると中国の少数民族と似たような文化圏なんだなと感じることがある。

チェンマイ旧市街にあるRot Sawoeiで提供されている土鍋料理は、そんなもののひとつで雲南で出てくる土鍋料理に似た雰囲気を持っていて、中華料理っぽくタイ料理に飽きたときにもおすすめしたくなる料理。

たっぷりの鶏ガラ出汁で作られたスープは絶品で、スープ単品で頼むのも是非おすすめしたいくらい。基本的には写真の米麺の土鍋料理になるのだが、これがまたうまいのなんのって。麺は数種類あるなかから自分の好きなものを選べるので、チャレンジしてみてもらいたい。

メニューはつい最近英語メニューが出来たのだが、まあなくてもぼったくられるようなお店じゃないし、他のテーブルで食べている人の料理を指さして頼んでみるのが一番確実かもしれない。

定番の土鍋料理
定番の土鍋料理

いつも地元の人でにぎわっていて、一人で数杯食べている人もいるのだが、その気持ちはよく分かる。僕としてはsmallサイズで頼んでみて、おいしかったら麺を変えてみたり、ごはんとスープを別途頼んでみたりするのがおすすめ。

朝から深夜までやっているので、朝食に食べてここから街歩きをスタートするというのもいい。僕としてはこの街の歩き方としておすすめしたいプランのひとつ。

Rot Sawoei

Related Post

信濃大町駅にある「カタクリの花」で朝食に蕎麦を食べる... 前日に呑み歩きをした後、結構疲労感が残ることもあり、日曜日は渋滞が始まる前に早めに帰路へ着くことにしている。 朝食は前年と同様に信濃大町駅まで歩いて行って蕎麦を食べることにした。 前回の訪問 信濃大町の朝食はこれでいいんじゃないかって思う - カタクリの花 信濃大町駅の待合室にあ...
Banh Xeo 46Aでバインセオを食べてみた ホーチミン シティで合流していた友人のガイドブックに載っていたので行ってみたお店。 はじめてベトナムを旅行したとき、フエで滞在中に仲良くなった地元の女の子に連れて行ってもらったバインセオのお店が本当に美味しくて、それ以来いろんなところで食べてみたのだが、あのときほどの感動がないんだよな。あのお...
海鮮どんやとびしま – 旬の味覚をあじわう贅沢な朝食がおすすめ... 鈴政と同様に、酒田における必須の食事処。酒田に来たからには!ここは外せないと思う。 前回のときと同様に、朝イチで行ってみた。今回は、鶴岡からアクセスしたので結構遠かったなあ・・車で30分弱といったところ。車でのアクセスは列車とは異なり、単なる移動というかイオンがあったりドラッグストアがあったり...
昭和な雰囲気がすごい浅草の居酒屋「福ちゃん」... メトロの浅草駅の改札を出てすぐの所にある日本でもっとも古い地下街。そこの入口にあるのが福ちゃんというカウンターだけの居酒屋のような食堂。 昼から普通にビール飲んでても違和感がないのは地下のせいだ、きっと。 アクセス メトロの浅草線駅でもっとも東武線側の改札(先頭車両の端)に...
Chinese Dining 方哉のチャーハンは新しい恵比寿のスタンダード... 炒飯という料理はなかなかに奥が深い料理でだれでも作ることができるけれど、美味しく作るとなると至難の技という料理だと思う。恵比寿では、炒飯の名店があり、恵比寿駅にほど近い食堂の「こづち」。もうひとつはガーデンプレイスの方に近い「ちょろり」。 この二店のチャーハンは絶品で、何度でも食べたくなる中毒...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください