タイでの陶芸製品として有名なセラドン焼きをお得に買えるお店。普段使いできるシンプルで洗練されたものが多くて、チェンマイに来たときには必ず立ち寄って買い物している。

僕が思っているこのお店の利点

  • 品数が多くて迷うくらいある。
  • シンプルで洗練されたデザインの製品が多い(なかには不思議なのもあるが)。
  • 窯元の直営店なので値段が安い。
  • 梱包が丁寧なので安心して持ち帰りできる。

とくに欠点が思い浮かばないくらいなのだが、結構広い店内はもとより外にまでたくさんの製品があるので迷ってしまうくらいだ。一見脈略なく並んでいるようにも思えるが、シリーズっぽくまとまっているみたい。

店の入口

セラドン焼きといえば、淡いグリーンの焼き物というイメージなのだが、こちらでは伝統的製法の作品から、現代風にアレンジされたカラフルなものまで色々揃っている。

そして、普通に買っても安いのだが11月~1月くらいにかけてはセール期間中みたいで、さらに20%割引とかで買えるのでお得感が強い。今回はお猪口みたいなのから小皿まで下の写真にあるものを買ったのだが、これだけ買っても400THB程度で日本円で1,200円程度というお値段。

メンライ・キルンで買ったセラドン焼き

これを買いに来るだけでもチェンマイへ来たいかも・・と思ってしまった。

梱包が丁寧なので、荷物が大きくなるためバックパックは空にしてから訪れるのがいいかもしれない。そして余談だが、ここのトイレはきれいなので買い物ついでに立ち寄るのもおすすめ。

また、このお店の庭園は一見の価値あり。庭のあちこちにも置物があったりして面白い。よく手入れされたいい庭園なのでみてまわるのがおすすめ。

ショッピングはもとより、色々と立ち寄る価値があるお店だと思う。

Mengrai Kilns
時間:8:00-17:00
休み:無休

Related Post

カオソーイ ラムドゥアン – チェンマイのカオソイ老舗名店... チェンマイを含めた北部タイ料理って半端なく辛いものが多くて、はっきりいって僕は苦手なのだが、そんな辛いものが苦手な方や日本人にあう風味をもった料理といえばカオソイになるんじゃないかなって思う。 カオソイとは、簡単にいえばカレーラーメンみたいなもので、鶏ガラ出汁のイエローカレーにココナッツミルク...
ロイクラトンの旅1日目 2013年11月はタイのロイクラトン祭りに参加してコムロイを打ち上げにチェンマイまで行ってきた。 バンコクまでは4月と同様にユナイテッド航空のバンコク便を利用。夕方発なので出発間際に旅行準備が整えられるのは体力的に楽なフライト。 でも、このフライトは2014年3月29日で運休しちゃうんだ...
Rot Sawoei(チェンマイ)雲南料理風な麺料理店... ライスもの 北部タイって、間にラオスをはさんではいるものの、中国の雲南省まではそれほど離れた距離にあるわけではなく、山の方にトレッキングとかすると中国の少数民族と似たような文化圏なんだなと感じることがある。 チェンマイ旧市街にあるRot Sawoeiで提供されている土鍋料理は、そんなも...
サムージャイのこってりカオソイ サムージャイの店舗外観 カオソーイ ラムドゥアンから歩いて数分のところにあるので、カオソイ食べ歩きができる。店名はタイ語でしか書かれていないけれど、店内にはお客さんがたくさんいるので、すぐ分かると思う。 店の雰囲気はラムドゥアンとよく似た感じだけど、メニュー表がでっかく写真付きで壁に貼...
フアンペン(Huen Phen) – チェンマイの名店で定番のレストラン... 旧市街の真ん中にあってアクセスも便利。そして、ガイドブックにも書かれているみたいで、日本人もよく訪れている有名店。 でも、タイ人にも人気みたいで常に混んでいる。ランチタイムは結構席の争奪戦に近い感じになっている。 当然相席(でも、なにがおいしいかとか教えてくれるので助かるのだが)。しかし...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください