20131123-1634-10-0482チェンマイのタニータハウスがあるピン川右岸の通りは、タニータハウスを含めてちょっとおしゃれなレストランやギャラリーが多く存在しており、ギャラリー通りともいえるくらいにある。

だいたいは似たような、それっぽいエスニックな絵画を販売するようなところなのだが、ペーパーギャラリーはそのなかでは比較的手軽に紙製品のお土産物が探せるところだったので紹介しておく。

店内には巨大なペーパーロールが計り売りされているほか、紙でできた雑貨などがある。かなり安っぽいものもあるのだが、なかには鮮やかなものもあったりして、紙とか文具好きであれば立ち寄ってもいいかなというところ。

手軽なお土産雑貨ということであれば、いいんじゃないかなと思う。

20131123-1632-22-0479

Related Post

宮原眼科で楽しむスイーツ 台中でどこか一カ所だけ訪れることができるというのであれば、僕としては彩虹眷村よりもこちらの宮原眼科を推薦したい。お店の雰囲気も店内の豪華な装いも必見。 ちなみに、眼科というのは名前だけで、お店の業態としてはスイーツ店とカフェが併設されている。ものすごい昔は眼科だったらしいのだが、こんな日本橋三...
【閉店】AMATAK(アマタ)の刺し子バッグ... 前回の訪問 シェムリアップの中心街にあるAMATAK(アマタ)というお土産物屋さんに再訪。アマタとは永遠という意味らしい。 まあたしかに、ここにある織物たちは僕らがこの世から去っても、後世まで永遠に残るものもあるかもしれない。それくらい気合い入ったものもある。(前回の訪問) 前回...
ナイトバザール(チェンマイ)のフードコートは利用価値大... チェンマイってあまり観光地がたくさんあるわけじゃないので、だいたいはナイトバザールという夜市にやって来ると思う。 この夜市は結構面白くて、僕はモンブランのボールペンを1本100円くらいで買って自分で使ったり、お土産に渡したりしているのだが、どこで買ったか言わなければ、かなり喜んでもらえる。 ...
一澤帆布と㐂一澤帆布 シタディンに荷物をおいてバスで向かったのは一澤帆布。一時期は信三郎帆布という名前ですぐ近くに店舗があったりしたこともあるが、いまではもとの場所に戻っている。 昔は本当にシンプルな品揃えで分厚い生地で無骨な帆布バッグばかりだったのだが、信三郎帆布を経ての一澤はラインナップに幅がでてきて、僕はこう...
大口屋の麩まんじゅうは名古屋駅で買えるお土産としておすすめ... 名古屋に住んでいた友人から大口屋の麩まんじゅうが美味しいから買ってきてといわれ、名古屋駅のキヨスクギフトステーションで取り扱いがあったので購入。 キヨスクでは1日2回。朝イチとお昼過ぎに入荷するとのことで、週末の夕方遅い時間とかでもなければ買えると思う。 この麩まんじゅう、正式には「餡麩...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください