20131123-1634-10-0482チェンマイのタニータハウスがあるピン川右岸の通りは、タニータハウスを含めてちょっとおしゃれなレストランやギャラリーが多く存在しており、ギャラリー通りともいえるくらいにある。

だいたいは似たような、それっぽいエスニックな絵画を販売するようなところなのだが、ペーパーギャラリーはそのなかでは比較的手軽に紙製品のお土産物が探せるところだったので紹介しておく。

店内には巨大なペーパーロールが計り売りされているほか、紙でできた雑貨などがある。かなり安っぽいものもあるのだが、なかには鮮やかなものもあったりして、紙とか文具好きであれば立ち寄ってもいいかなというところ。

手軽なお土産雑貨ということであれば、いいんじゃないかなと思う。

20131123-1632-22-0479

Related Post

一保堂茶舗と喫茶室嘉木 煙草以外の合法的な嗜好品にはめっぽう弱い僕なのです。 ということで、嗜好品としての歴史も古いお茶について。台湾のお茶も好きだけれど、日本茶も大好き。 いままでは一保堂のほうじ茶を飲んでいましたが、このお店に併設されている喫茶室嘉木で緑茶のすごさを実感してからは好みが変化した。なにがすごい...
微熱山丘(SunnyHills)で自分用にパイナップルケーキを買う... お店のスタッフは日本語できる人もいます。フレンドリー。 前から気になっていたのだけど、台北でもちょっと外れた場所にあって行くのが面倒だなあとか思っていたところ。しかし、Googleのナビで検索したらバスで意外と簡単に行けそうだったので行ってみた。 中山のあたりから松山空港を経由していく...
林百貨でMade in Taiwanのお土産をさがす 台南の旧市街地の目抜き通りにあるひときわ古い建物。僕が最初に台南に来たときにはまだ廃墟の空きビルだったのだが、2014年6月に林百貨としてオープンしている。 しかし、街の中心地にある廃屋ビルを30年以上放置しておくってすごい。 もともとは日本統治時代の1932年に開業した百貨店で...
元郎の大榮華酒樓で時期外れの月餅を買う... 香港の郊外は何回か来たことあるけれど、はじめて元郎のあたりにやってきた。香港島とはまた異なるヨーロッパっぽいトラムが走っていたりして、この街の散歩もおもしろそうだ。このあたりは吉慶囲もそうだし、客家の文化が残っていて客家料理を出すお店もあるみたいだ。ますます気になる。 ただ、今回の旅ではちょっ...
安曇野屈指の観光スポットはわさび尽くし!「大王わさび農園」へ行ってきた... 大王わさび園というところは、安曇野を旅していると一度は必ず訪れるし、行くところに困ったらとりあえず行ってみるところという感じがある。そんなメジャーな観光地ではあるし、わさびだらけと思うかもしれない。しかし、意外にも黒澤明の映画ロケ地に使われていたりして美しい風景がある場所だったりする。今回久々に訪れ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください