今回泊まっているタニータハウスの朝食はおいしいのだが、ちょっと飽きたのでピン川をはさんで反対側にあるワロロット市場(Waroros Market)へ行って朝食を食べつつお土産物を探してきた。

この市場の歴史は古くて、だいたいはチェンマイで市場というと、こちらのワロロットということでいいんじゃないだろうか。中華圏の影響があり、中華街でよくみかける門が市場の端に建っている。

Chiang Mai, Thailandということで市場の屋台もその影響があり、お粥の屋台が出ていたのだが、これがまた美味しくてチェンマイにきて最も印象深い朝食だった。

客足が絶えることなくあったので、地元でも人気なんじゃないかと思う。美味しいということは世界共通の価値観じゃないかと思う。

この市場はターペー門からものんびりと裏通りを歩くと15分くらいのところなので、朝の散歩がてらにきてみるのもいい。

お粥の屋台
お粥の屋台

また、この市場に来るには朝がおすすめな理由があり、ピン川沿いのお店には沢山の花屋が開店したばかりで美しい朝の光景を作っている。タイでは車のなか等でみかけるジャスミンの花輪がたくさん出ていてみずみずしい香りが気持ちいい。

20131124-1034-00-05292

ほかにも名前はよく分からないけれど鮮やかな色彩があちこちにあって、花を買うことはできないけれど歩いてまわっているだけでも充分に楽しいのでおすすめ。この大きな蓮の花とかも迫力あるよなあ。

チェンマイでの手軽な配り土産としておすすめなのはドライフルーツ。市場にはいくつかお店があって、店ごとに品質や品揃えが結構違うので、あれこれ試食してから買ってみるのがいいと思う。小さく包装されたものでひとつ100円くらいのものから、大きめのものもまでさまざまある。

ドライフルーツはさまざまなものがある
ドライフルーツはさまざまなものがある

逆におすすめしないのはお茶のたぐい。中国茶なども売っていたりするのだが、どうにもまずくてまさに「安かろう、悪かろう」というものだった。紅茶も同様。こればかりはちゃんとしたところで買うか、そもそもタイで買うようなものじゃないのかもしれない。

買い物から食事、観光まで見所が多い市場なのでチェンマイにきたらぜひ。

20131124-1054-19-0499

ワロロット市場(Waroros Market)

Related Post

いつも賑わっている「双連文記花枝羹」でB級グルメを堪能する... MRT雙連駅の近くにあって、マンゴーかき氷で日本人に有名な冰讃(ピンザン)の筋違いの路地にある軽食B級グルメのお店。 たまたま通りかかったら、ここだけ朝から賑わっていたので、よくわからないままに地元のおっちゃんに混じって食べてみました。 お店は限りなく屋台に近い形態ではあるものの、かろう...
池記(尖沙咀)で定番のワンタンを食べる... ホテルでひと休みして早めの夕食がてら、ミシュランガイドにも掲載されたことがある池記でワンタンを食べてきた。お店は旺角や銅鑼湾、空港などにもある観光客にもおなじみのお店。なかでも尖沙咀にあるのがもっとも行きやすいところにあると思う。観光客も多いエリアなので旅行者慣れしていて、やや観光地価格ではあるが間...
代官山 蚤の市 – 2015年春開催に行ってきた... 去年の晩秋に代官山蔦屋で開催された「代官山 蚤の市」。これがふたたび開催されたので行ってきた。なんといっても、僕にとって去年もっとも楽しかったイベントのひとつだし。 また、平日に開催されているので、賑わっているなって思えるくらいの混雑度合いなのがよい。 前回に引き続いて、春というか初夏を...
浅草の老舗喫茶店「銀座ブラジル」でモーニングを楽しんできた... 浅草にあるけど銀座。支店というけど銀座にある本店はつぶれてしまったのでいまではここが実質本店。 銀座だけどブラジル、いやむしろ「銀座×ブラジル」ということなのだろうか。 店名はもはや「浅草ブラジル」でもいいような気がしてしまうが、それだとサンバカーニバルと勘違いされそうだからやはり「銀座...
ベンタイン市場に行ってきた 入口 ホーチミン シティの中心であり、バスターミナルもあるのでこの街を旅するものであれば誰でも一度は来るんじゃないかというところ。 観光客向けだけでなく、いろいろなものがあるので、客引きをあしらえる気持ちがあれば是非ともうろうろしてみて欲しい。 腕つかまれるほどの客引きはちょっと...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です