20131124-1635-45-05372今回の旅において、新しいホテルに泊まってみるかと利用してみたところ。

バンコク中央駅ともいえるフアランポーン駅からは徒歩10分くらいの場所にあって、ヤワラートという中華街のど真ん中にあるチャイニーズスタイルなホテル。

正直、バンコクの中華街に用事がなければ立地がいいとは言いがたいのだが、おしゃれな雰囲気が有名なこともあり利用してみた。

チェンマイからエアアジアでドンムアン空港について、そこからタクシーで40分ほど。高速道路降りてからの渋滞がひどかった。。朝晩なら20分くらいで着けそう。ホテル周辺は渋滞がひどいのだが、地下鉄の駅までわりと離れているので、タクシー利用は時間帯によっては断れる可能性あり。

ホテルの外見はシンプルだが、意外と奥行きがあり面白い造りになっている。ロビーは狭いのだが、チェックアウトのときに改装工事していたので雰囲気変わっているかもしれない。

ロビー
ロビー
スタッフはチャイナドレスでかわいい
スタッフはチャイナドレスでかわいい

チャイナタウンにあるホテルらしく、女性スタッフは颯爽とチャイナドレスを着こなしている。

一見するとクールな雰囲気なのだが、話してみるとそこはタイ人。フレンドリーであたたかい。

ここの必見は共有部分で中庭をかこむ回廊部分のアレンジは幻想的でおもしろい。これみるためだけに、ここに来てもいいかもしれない。

でも、天井空いてないから解放感がないんだよなあ・・これは好みの問題かもしれないが、このホテル全体にいえること。

吹き抜けスペースは一見の価値あり
吹き抜けスペースは一見の価値あり

今回泊まったのはスタンダードなスーペリアルーム。客室も結構広くてインテリアも凝っているのだが、窓がないから時間の感覚がくるってしまう。どうもこういうホテルって息苦しくなっちゃって苦手なんだよなあ。デザインは洗練されているのだが。

客室
客室

 

20131124-1625-23-05346

アメニティ
アメニティ

アメニティもそろっているし、スタッフも洗練されているし、周囲にはおいしい中華料理のお店もあるし、便利でステキなホテルだと思うけれど、どうも僕の行動とは違っていたかもしれないなあ。

どうやらジュニアスイート以上であれば窓があるらしいので、次回泊まる機会があればそっちをチャレンジしてみてもいいかもしれない。

予約はAgodaを利用したのだが、ここが一番割安感があった。

シャンハイ マンション ブティック ホテル (Shanghai Mansion Boutique Hotel)
住所:479-481 Yaowaraj Rd, Bangkok 10100

Related Post

建築的に見ていて楽しい高雄の地下鉄駅紹介「中央公園駅」... 高雄の地下鉄といえば、オフィシャルキャラクターが萌えキャラでなんかすげえなと思ってしまうのだが、それ以外にも現代建築として面白いところがある。 有名なのはターミナル駅である美麗島(フォルモサ)駅の建物と改札のステンドグラスだけど、今回行ってみた中央公園駅もまたのどかでいいところだった。 ...
台北でヨーロッパの骨董探し – Aphroditeにて... 外観 台北市内からバスに乗って20~30分。基隆川を越えた完全なる台北郊外っていうところまで行ってきた。 なんだか殺伐とした風景のところで、店の入口にまで段ボールが山積みされたお店があって、そこが今回の目的地。 台北でヨーロッパ系のヴィンテージ品を取り扱っているAphrodite...
【閉店】クリスマスのCafe Junkies、地下鉄が開通してアクセスが便利に!... 台北でもっともお気に入りのカフェのひとつであるCafe Junkiesにふたたび。(前回の訪問、その前の訪問) 2014年11月に台北のMRT新線(松山線)が開通して、その台北小巨蛋站(Taipei Arena Station)から歩いてほんの数分の位置にあるので、地下鉄開通に伴ってアクセスが...
バンヤンツリーバンコクに泊まりヴァーティゴへ行った... ちょっと例外というか、このブログはじめる直前に泊まったところの話でも。お正月だし、あんま見てる人もいないだろう。 何年か前のことだけど、バンコクのバンヤンツリーのクラブフロアがちょっとお得に行けたので泊まってきた。 バンコクのバンヤンツリー自体はちょっとツアー客が泊まる高いホテルっていう...
フランク・ゲーリー展 “I Have an Idea”をみてきた... 21_21 DESIGN SIGHT もう本当にぎりぎりのタイミングでなんとか観に行くことができた。 まわりでも評判の高かったこのイベント。見る人によってその「いいところ」というのが違っているのがまた興味深い。 僕としては、この“I Have an Idea”展においては、フラン...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください