20131124-1635-45-05372今回の旅において、新しいホテルに泊まってみるかと利用してみたところ。

バンコク中央駅ともいえるフアランポーン駅からは徒歩10分くらいの場所にあって、ヤワラートという中華街のど真ん中にあるチャイニーズスタイルなホテル。

正直、バンコクの中華街に用事がなければ立地がいいとは言いがたいのだが、おしゃれな雰囲気が有名なこともあり利用してみた。

チェンマイからエアアジアでドンムアン空港について、そこからタクシーで40分ほど。高速道路降りてからの渋滞がひどかった。。朝晩なら20分くらいで着けそう。ホテル周辺は渋滞がひどいのだが、地下鉄の駅までわりと離れているので、タクシー利用は時間帯によっては断れる可能性あり。

ホテルの外見はシンプルだが、意外と奥行きがあり面白い造りになっている。ロビーは狭いのだが、チェックアウトのときに改装工事していたので雰囲気変わっているかもしれない。

ロビー
ロビー
スタッフはチャイナドレスでかわいい
スタッフはチャイナドレスでかわいい

チャイナタウンにあるホテルらしく、女性スタッフは颯爽とチャイナドレスを着こなしている。

一見するとクールな雰囲気なのだが、話してみるとそこはタイ人。フレンドリーであたたかい。

ここの必見は共有部分で中庭をかこむ回廊部分のアレンジは幻想的でおもしろい。これみるためだけに、ここに来てもいいかもしれない。

でも、天井空いてないから解放感がないんだよなあ・・これは好みの問題かもしれないが、このホテル全体にいえること。

吹き抜けスペースは一見の価値あり
吹き抜けスペースは一見の価値あり

今回泊まったのはスタンダードなスーペリアルーム。客室も結構広くてインテリアも凝っているのだが、窓がないから時間の感覚がくるってしまう。どうもこういうホテルって息苦しくなっちゃって苦手なんだよなあ。デザインは洗練されているのだが。

客室
客室

 

20131124-1625-23-05346

アメニティ
アメニティ

アメニティもそろっているし、スタッフも洗練されているし、周囲にはおいしい中華料理のお店もあるし、便利でステキなホテルだと思うけれど、どうも僕の行動とは違っていたかもしれないなあ。

どうやらジュニアスイート以上であれば窓があるらしいので、次回泊まる機会があればそっちをチャレンジしてみてもいいかもしれない。

予約はAgodaを利用したのだが、ここが一番割安感があった。

シャンハイ マンション ブティック ホテル (Shanghai Mansion Boutique Hotel)
住所:479-481 Yaowaraj Rd, Bangkok 10100

Related Post

オスカー・ニーマイヤー展をみてきた... 清澄白河の東京都現代美術館に行って、オスカー・ニーマイヤー展をみてきた。 建築家の回顧展ってどんな風な展示になるんだろうと思っていたのだが、模型があったりインタビュー映像があったりと結構盛りだくさんで面白い内容だった。 とくに、インタビュー映像は貴重なんじゃないだろうか。ニテロイ現代美術...
シルバー ゴールド ガーデン スワンナプーム宿泊記... バンコクのスワンナプームに深夜早朝発着時には空港近くのホテルに泊まることが多くて、いままで今回宿泊したSilver Gold Gardenのほかにもトンタリゾートやクイーンズ ガーデンなどあれこれ宿泊してきたのだけど、今回はここに宿泊。 はっきりいって、このあたりのホテルは金太郎飴みたいにどれ...
Hotel Muse Bangkokは手頃だけどスモールラグジュアリー感のあるいいホテル... 前回の旅でバンコクのルーフトップバーを巡っていたのだけど、そのなかで最も気に入ったのはサイアムの端っこにある Speakeasy という古めかしい雰囲気のバー。ここが入っているHotel Museが意外と手頃な価格帯で泊まれるので行ってみることにした。 Hotel Muse Bangkokへの...
パビリオン(The Pavilion)に泊まるためにプノンペンへ来る価値がある... 騒々しくて治安でも面倒なことが多いプノンペンでは静かなホテルに泊まってのんびりしたい。そういうときには240通りの近くにあるパビリオン(The Pavilion)に泊まるのがおすすめ。 シハヌーク前国王の母親が建てたとされるヴィラを改装したホテルで、フレンチコロニアルの建物が雰囲気がいい。プノ...
プラナコーンノーンレン ホテル(バンコク)宿泊記... 入口が立派になっていた 今回の旅ではバンコクでの滞在に余裕があったので、ひさびさにプラナコーンノーンレンに泊まってみた。 10ヶ月近くぶりだったのだが、ちょこちょこと改修を重ねていたみたいで、アップグレードされていた。屋上は気持ちよかったなあ。 ホアヒンからバンコクの戦勝記念塔に...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.