United Airlines2013年11月の晩秋はタイのチェンマイで過ごしてきた。

旅の目的はロイクラトンのお祭りに参加してみること。

2010年にも行ったことがあるのだが、そのときと比べると随分と日本人が増えたし、メジャーなお祭りなんだなあ・・と思う。

まあ、それだけ美しい幻想的なお祭りなのだが。

バンコクまではユナイテッドのバンコク便で行って、スワンナプームからドンムアン空港まで移動したら1日目が終わってしまった。泊まったのは4月の旅につづいてアマリ ドンムアンホテル

ジーンズでカジュアルなスタイルのCA
ジーンズでカジュアルなスタイルのCA

翌日は朝からエアアジアでチェンマイに移動。もう旅の移動にLCCが普通に組み込まれるようになってきていて、旅のスタイルが随分と変化してきているのを自分の体験として実感する。

チェンマイでは古い伝統的な家屋が暖かいタニータハウスに宿泊。

ここは小規模なゲストハウスで、タイという国をよく知るためにはとてもいいところだと思うけれど、快適なホテルライフを過ごしたいのであれば全然おすすめできないところだ。

僕の旅は前者の要素が強いので(でもまあ、できればどちらもなんだが)、タニータハウスでの宿泊はとても印象に残ったのだが、水回りとかの不便さを考えると万人受けはしないかも。

タニータハウス
タニータハウス
ワットチェディルアンにいた仏像
ワットチェディルアンにいた仏像

チェンマイでは、カオソイを食べて旧市街を散歩してセラドン焼きを買って・・・という、僕がチェンマイに来るとよくやるパターン。

うだるよな暑い午後の昼下がりをワット チェディの木陰にあるベンチでうだうだしている時間が、もっとも優雅で最高に贅沢な旅の過ごし方である。

これは、この場所でしかできない体験だものな。

3日目の夜はロイクラトンのお祭りに参加すべくツアーに行ってみた。

前にきたときよりもだいぶ洗練された様子になっているのは、まあ前より倍以上高いツアーだからなのかも。洗練されていて安全に楽しくコムロイをあげることはできるけれど、圧倒的な光量という点では前回の地元向けイベントの方が美しかったかも。

ロイクラトンフェスティバルでの圧倒的なコムロイの光量
ロイクラトンフェスティバルでの圧倒的なコムロイの光量

4日目は朝にチェンマイのワロロット市場で朝食をたべて、まだ朝でみずみずしい花市場を巡って歩いた。この朝の風景もチェンマイでもっとも好きな風景のひとつだな。

20131124-1058-45-05329

シャンハイマンション
シャンハイマンション

午後にはバンコクに移動して、今回はヤワラートのシャンハイマンションに投宿。おしゃれなブティックホテルだけれど窓のない閉塞感と、なにげに不便な交通手段から考えると・・一度泊まれば充分かなという気もする。

夜はバンコクに住んでいる友人とアソークのターミナル21で飲んだくれてしまって、あまり記憶もなくタクシーでなんとかホテルに戻ってきた。

翌5日目はもう帰りの日。早朝のユナイテッド便でつらい・・。それにしても、ユナイテッドのバンコク便が休止になってしまうのは痛手すぎる。そろそろバンコクを含む東南アジアとの縁が遠くなっていくのかなあ・・と少し寂しい気持ちで日本に戻ってきた。

この旅の記録はこちら:ロイクラトンの旅 2013年

20131125-0826-15-0520

Related Post

瀬戸内国際芸術祭2013(夏開催の豊島編)... 直島~犬島と移動してきて、さらに豊島への船旅。犬島から豊島の家浦港までは高速艇で30分ほどの航路となる。 豊島では家浦港から歩いて数分のところにある横尾美術館みてから、町内バスで豊島美術館へ移動。そこから唐櫃港までは徒歩で10分くらい山を下っていった。小豆島へ渡るフェリーの時間まで時間があった...
羽田発のLCCで行き、Airbnbに泊まる週末香港旅... 近未来な羽田空港 羽田発のLCCである、香港エクスプレスでのフライトを使って週末の土日で香港へ行ってきた。これだと有給を消化することなく、土曜日の朝から日曜日の夕方までみっちりと旅を満喫できる。 それでいて、航空代金は燃油とか税金いれても、東京から関西へ行くより安くなるというのはすごい...
初秋の米沢と庄内を旅行してきた 初夏に訪れた山形では、さくらんぼ狩りをして庄内の豊かな海の幸を楽しんで・・と充実した旅行ですごく印象深いものだったので、今度は収穫の秋にも来てみようと再び訪問。 そう、僕の旅行スタイルは同じところに何度もリピートしていくスタイルなのである。もう前の話だがブータンも2回行ったくらいだし。同じ場所...
飯山の菜の花祭りへ行ってきた 2015年のゴールデンウィークはどこに行く予定もなくて、家でのんびりと過ごす予定だったのだが、連日あまりにも天気がよくて「これはお出かけしないのが負けなんじゃないか」と思い立って、日帰りで北信州へ行ってきた。 折しも北陸新幹線の開業直後だったこともあり、混雑しているのかなと思ったのだが、飯山や...
年末年始のリオデジャネイロ旅 2014-2015の年末年始はリオデジャネイロのファベーラで迎えてきた。日本からブラジルまでは行きは2日がかり、帰りは3日がかり。 リオデジャネイロに着いたときには、あまりの遠さに疲労困憊だったのだけど、毎日夜中まで出歩くうちに街の感覚がつかめてきて馴染んでくる感じが楽しかった。 そう、...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です