芝公園のプリンスホテルそばにあるベーカリー&カフェで朝食を食べて週末の1日をはじめてみた。
ル・パン・コティディアンはベルギー発祥のベーカリーで、パン屋さんとそこに併設されたカフェで食事を楽しむことができる。再生材を用いた店内は外の光が入り込んでいて、朝食を過ごすにはぴったりの環境。
店内で印象的なのは"communal table"(コミューナルテーブル)という大きな長テーブル
店内で印象的なのは”communal table”(コミューナルテーブル)という大きな長テーブル
ホットのアップルサイダー、スパイスが効いてておいしい
ホットのアップルサイダー、スパイスが効いてておいしい

カフェで特徴的なのは店内の真ん中にある大きな長テーブル。

これは”communal table”(コミューナルテーブル)といって大きな相席テーブルなのだが、ここでコミュニケーションがあったりすればいいなという発想みたい。
でも、日本人だとなかなかそんな雰囲気じゃなかったけれど。
パンはオーガニックの小麦を使ったしっかりとしたパンだが、ハードすぎることはなくてフランス圏のパンだなというところ。毎日の常食にはちょっと高いと思ってしまうけれど、それでもおいしい。
クロワッサンの朝食セット
クロワッサンの朝食セット
パンとスクランブルエッグの朝食セット
パンとスクランブルエッグの朝食セット
ジャム使いたい放題!
ジャム使いたい放題!

朝食はこのパンを使ったメニューで構成されていて、間違ってもパスタとかは存在しない。あくまでもパン中心のお店。今回はクロワッサンのセットを頼んでみたのだが、ここのパンを楽しむには普通のブレッドタイプのパンの方がおすすめかも。

というのも、セルフサービスでパンにつけるジャムやオリーブオイルが提供されていて、自分の好みの物をたっぷりと利用できるから。
パンの盛り合わせというメニューがあったので、それを頼めばよかったと思った。
ちょっと駅から離れているのだが、週末の朝食をここからスタートするのは、楽しくておすすめなスタイルだと思う。
住所:東京都港区芝公園3-3-1
時間:7:30 – 22:00 (21:00 L.O.)
休み:年中無休
東京都港区芝公園3-3-1

Related Post

VVG Something 好様本事 – 独特の世界観がある美しい書店... たいたた旅行をする目的って色々あると思う。そのなかでよく(まあ、あれだテレビとか雑誌のインタビューとかで)いわれているのは「世界遺産を巡る旅」だったりするのだけれど、あれってもはやスタンプラリーみたいだし、日本でいうところ「グッドデザイン賞」みたいな存在なんじゃないか?と思ってしまう。旅の目的にする...
Cafe Croissant d’or(カフェ・クロワッサン・ドール)ルアンパバン旧市街... ルアンパバンの朝は早い。 というか、朝こそがこの町を旅するメインなんじゃないかと思う。 というのも朝6時くらいからこの町にあるお寺から僧侶が出てきて托鉢をしてまわるから。その光景は荘厳でもあり、大騒ぎでもある。 そんな托鉢の喧噪であり、観光であり、体験や見学が終わると朝食なのだが、...
ぬるころカフェとくまモンサブレ お店の外観、店内は撮影禁止 阿蘇にあるおしゃれな雰囲気のカフェ。食べログで評価が高いので行ってみたのだけど、東京圏からやってきた場合、まあこんなものかなというところで、このカフェに感動することはないんじゃないかなと思う。 たぶん、ここに住んでいる人にとっては時間を過ごすのにいいカフェな...
広尾のツリーハウスがあるカフェ「レ・グラン・ザルブル」でのんびりした時間を過ごす... メトロ広尾駅からすぐのところにある大きな木が目印のカフェ「レ・グラン・ザルブル」でランチをしてきた。休日には行列が出来る人気店みたいなのだが、平日であればタイミングをずらせば比較的空いているのでゆっくりとした時間を過ごすことができる。 レ・グラン・ザルブルへのアクセス メトロ広尾駅からす...
L’Epi d’orのパンではじまるケップの朝は幸せ... The Beach Houseで食べる朝食も悪くないのだが、ケップに泊まったのであれば朝食はバスターミナル近くの広場にあるL'Epi d'orでパンとコーヒーを買って海岸沿いにあるベンチを借りてのんびりと外で食べる方が優雅な気分だし、美味しいものが食べられる。 L'Epi d'orへのアクセス...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください