20130505-1726-05-1713台北関連のブログなどをみていたら、革製品などのオーダーメイドではこのお店がすごくいい!という記事をみて、どうにも人気店だということでチェックしに行ってみた。お店はビルの間の裏通りにあって、結構見つけづらいので注意が必要。

僕の結果としては「日本で作った方が質も値段も安くていいのができそうだ」ということです。僕が日本でいろいろと商品を見すぎているせいもあるかもしれないが、たとえばスマートフォンケースについては、4,000~5,000円くらいの製品だったのだが、イルビゾンテだと6,000円も出せばもっと質が圧倒的に高い商品を手に入れることができるんだよね・・・。

バッグなどについても、サンプルを見る限りにおいてはちょっと明らかに、一歩処理がたりない印象を受ける。これってサンプルだからなのかと思って質問したら、「あ、それ売り物だよ」とのことだった。そうなのか・・。

すごく雰囲気も革の質もいいのだけど、ちょっともったいない。でも、ここで買うならイルビゾンテや土屋鞄とか、そのあたりの方がいいもの作っているよなあと思う。個人でやっている商品製作の限界といえばそれまでなのだろうが。

ただ、おそらくかなり細かいオーダーも受け付けてくれる印象だったので、質に目をつぶっても自分の欲しい型が決まっているという場合にはオーダーにチャレンジしていいかも。

20130505-1734-02-1714

Related Post

抜群にかわいい、鈴木松風堂での紙製品... D&DEPARTMENT KYOTOで見かけたすごいカワイイ柄の箱があって、聞いてみると紙で出来ているという。 しっかりつくられていて、耐水性もあるので例えば、旅先からの絵はがきをいれたり、通帳をしまって置いたりするのに活躍しそうだなと思いながら、どれを買おうか悩んでいたらお店の人が「...
ついに日乃本帆布の本店で旅行用のバッグを購入。... 今回の旅で酒田から長い時間かけて米沢まで来たのは、ここでバッグを買いたかったから。 東京にもお店はあるけれど、バージョンによって細かい仕様の違いがあったりして自分の気に入ったものがあるかなあと本店へ行ってみることにした。前回の訪問ではなにも買わなかったのもまたちょっと後悔のもとだったりする。...
VVG Something ふたたび 世界でもっとも美しい書店のひとつに選ばれた好樣本事の近くまできたので、ひさびさに立ち寄ってみた。 ここって来るたびに新しい発見があって、洗練されているなあって思う。 細部まで手抜かりなく世界観が作られていて、全体としても調和がとれている。 このグループが経営しているほかの施設と比べ...
漢聲巷門市でヂェン先生の服を買う 台北郊外にある惠中布衣文創工作室まで行ってヂェン先生こと、鄭惠中さんのリラックスした服を買いに行こうかと考えていたのだけれど(以前訪問したときの記事はこれ:)、今回の台北旅は週末旅ということもあり時間がないので、台北市街で探すことにした。 ということで向かったのは漢聲巷門市という出版社がやって...
ArtYard 小藝埕 – センスのいい台湾雑貨のセレクトショップ... 乾物とお茶だけじゃない迪化街の楽しみ方。 台湾発の「印花楽 in Blooom」(布製品)と「台客藍(HAKKA BLUE)」(茶器)やその他書籍などを扱っているセレクトショップで、とくに印花楽の雑貨は超絶かわいい。ランチョンマットがおすすめ。誠品にも取り扱いがあるのだけど、こちらの方が品揃え...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください