いよいよ城にはいってみる
いよいよ城にはいってみる

松本には何度も来ているのだけど、今回はじめて松本城の天守閣に入ってみた。

松本城はJR松本駅から徒歩15~20分くらいのところ。または、市内循環バスでも10分程度で行くことができる。

お城の周辺は公園になっていて、ここを散歩しているだけでも気持ちがいい。

お堀には渡り鳥ではない白鳥がいて、お城の風景に似合っているなと思う。

松本城、午前中の風景
松本城、午前中の風景
城の内部。写真撮影は可能。バリアフリーではない。
城の内部。写真撮影は可能。バリアフリーではない。

天守閣に登るためには入場料金が必要。5名以上だと団体料金でちょこっとだけ割引になるみたいなので、旅行予算を切り詰めたい方は要検討。団体チケットでも普通に個別行動できる。

僕は城マニアではないのだが、この松本城は北アルプスの風景とあっていて、美しいお城だなと思う。城の内部もよく保存されていて、昔はここで政治が行われたり、戦いがあったりしたのだなと思うと、不思議な感じがする。

そして天守閣から眺めるの松本市の風景や北アルプスの風景は一見の価値ありのきれいさ。コンパクトでいい街だよなあ。

松本市街地を一望できる
松本市街地を一望できる
夕暮れ時だと北アルプスと逆側がきれいにみえる
夕暮れ時だと北アルプスと逆側がきれいにみえる

今回、天守閣にのぼった時間が閉館間際の遅いタイミングだったので、北アルプスを肉眼でみることはできるが、写真ではあまりきれいに撮れなかった。これは、午前中がいいのかも。

なんでもっと早く来ていなかったのだろうと思うところはあったものの、リピートするかというとそれはないかな。でも、松本に来たら一度はきてみるのをオススメしたい。

Related Post

庄内映画村で日本の原風景につつまれる... 今回の旅のラストは庄内映画村。最近は藤沢周平の作品を読むことが多く、藤沢作品が映画化されたときにオープンセットのロケ地として使われていることもあり、ずっと気になっていたところ。 庄内映画村のサイトにも書いてあるけれど、カーナビに従うと違うところに連れて行かれてしまうので注意が必要です。...
阿蘇の大観峰から世界最大級のカルデラを望んでみる... 友人に阿蘇へ行ってくると話をしたら「大観峰は外せない!」という熱烈なおすすめを受けたので行ってみたのだけど、たしかにここからみる阿蘇の景色は、ちょっと矛盾する表現だが超巨大な箱庭といった感じで圧倒的におもしろかった。 阿蘇のカルデラは世界一という話をきくことがあるのだけど、実際はそんなことなく...
秋の鎌倉、円覚寺の紅葉を観にいく 鎌倉を代表する寺院のひとつで北鎌倉駅を降りると、そこがもう寺院の敷地のなかになっているという広大な場所。 春は桜、秋は紅葉と季節による美しさが際立っている。今回は秋の紅葉シーズンに来てみたのだが、少し時期遅れにも関わらず賑わっていて、そして美しい庭園が印象的。京都にいるかのような感じがあった。...
六花の森ほど心地よい場所はない まったく事前になにも調べずに訪れた今回の旅での発見のひとつだと思う。 中札内の町のはずれにある六花の森。六花亭がこの地に製菓工場を作るとき、自らのお店の包装紙にもなっている花柄の風景を実際に作りたいってことで、あれた耕地をこんな森に変えてしまった。 ちなみに、六花亭という社名の由...
時間を忘れて香港をクルージング – スターフェリー乗船記... 香港島の中環と九龍半島の尖沙咀の間を、100年以上にわたり運航してきた歴史ある航路。1970年代には沢木耕太郎も「優雅な航海」と表現している。 香港島と九龍の間はいまでは高速道路のトンネルもあるし、地下鉄も通っていて、この航路よりも便利になっている。 それでもこの航路には観光客だけじゃな...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です