いよいよ城にはいってみる
いよいよ城にはいってみる

松本には何度も来ているのだけど、今回はじめて松本城の天守閣に入ってみた。

松本城はJR松本駅から徒歩15~20分くらいのところ。または、市内循環バスでも10分程度で行くことができる。

お城の周辺は公園になっていて、ここを散歩しているだけでも気持ちがいい。

お堀には渡り鳥ではない白鳥がいて、お城の風景に似合っているなと思う。

松本城、午前中の風景
松本城、午前中の風景
城の内部。写真撮影は可能。バリアフリーではない。
城の内部。写真撮影は可能。バリアフリーではない。

天守閣に登るためには入場料金が必要。5名以上だと団体料金でちょこっとだけ割引になるみたいなので、旅行予算を切り詰めたい方は要検討。団体チケットでも普通に個別行動できる。

僕は城マニアではないのだが、この松本城は北アルプスの風景とあっていて、美しいお城だなと思う。城の内部もよく保存されていて、昔はここで政治が行われたり、戦いがあったりしたのだなと思うと、不思議な感じがする。

そして天守閣から眺めるの松本市の風景や北アルプスの風景は一見の価値ありのきれいさ。コンパクトでいい街だよなあ。

松本市街地を一望できる
松本市街地を一望できる
夕暮れ時だと北アルプスと逆側がきれいにみえる
夕暮れ時だと北アルプスと逆側がきれいにみえる

今回、天守閣にのぼった時間が閉館間際の遅いタイミングだったので、北アルプスを肉眼でみることはできるが、写真ではあまりきれいに撮れなかった。これは、午前中がいいのかも。

なんでもっと早く来ていなかったのだろうと思うところはあったものの、リピートするかというとそれはないかな。でも、松本に来たら一度はきてみるのをオススメしたい。

Related Post

庄内映画村で日本の原風景につつまれる... 今回の旅のラストは庄内映画村。最近は藤沢周平の作品を読むことが多く、藤沢作品が映画化されたときにオープンセットのロケ地として使われていることもあり、ずっと気になっていたところ。 庄内映画村のサイトにも書いてあるけれど、カーナビに従うと違うところに連れて行かれてしまうので注意が必要です。...
川村記念美術館「絵の住処」展と大賀蓮... すごいひさびさに千葉の佐倉にある川村記念美術館へ行ってきた。2015年5月26日-2016年1月11日までやっているのは開館25周年記念となる「絵の住処」展。ずいぶん長いことやる予定になっている。 ここは常設展に観たいものがそろっているのだけど、その部分も使って美術館を再構築している感じ。だか...
古いビルが香港現代アートの発信地になっていた – 賽馬會創意藝術中心 (JCCAC)... 香港の都心と郊外のあいだにある寂れたエリアが現代アートの発信地になっていた。場所はMRT石硤尾駅から歩いて数分のところ。 なんだか寂れたエリアだよなあとか思っていると、古いビルが目当ての建物だった。 エントランス料金とかはとくにかからないのでなかにはいってみると吹き抜けのエリアにはペイン...
アンコール遺跡巡り(バンテアイ・スレイ 編)... 今回のアンコール遺跡巡りのなかで、僕にとって新たな発見だったのはバンテイアイ・スレイに対する印象。 ずっと前に来たときは、バイクタクシーの後ろに乗って砂埃だらけの道やら、道中は盗賊が出るとかいわれてびくびくしながらなんとかやってきた。 それなのに、バンテイアイ・スレイはすごい小さな遺跡で...
プーシーの丘で夕陽を眺める ルアンプラバンで夕陽を眺めるのであれば、一度くらいはプーシーの丘に登ってみてそこからルアンパバンの風景を眺めたりしながら、メコン川の向こうに沈む夕陽を眺めるのがいい。 たとえ、登った先の丘の上はえらい騒ぎであっても、曲がりなりにも世界遺産に登録されているこの丘から眺める風景は感動する。ただ、場...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください