ちょっと所用もあり、週末にかけて冬の松本へ小旅行をしてきた。今回は列車での旅。あずさにゆられて数時間(すげえ遠い)、ようやく松本駅に到着。松本駅の到着時のアナウンスって旅情感があってとても好き。

ファイブホルンのゆったりとした店内
ファイブホルンのゆったりとした店内

まずは、松本パルコのなかにあるファイブホルンにてちょっとケーキ食べながら休憩して、そのあと三城にてぜいたくな蕎麦のランチを楽しむ。

昼間から飲む日本酒がうますぎるし、蕎麦もおいしすぎる。最後の漬物まですべて絶品だった。

夜は松本の郷土料理とうまい日本酒がいただける居酒屋にて。この店はちょっとブログでの紹介はひかえておくけれど、もっとも好きな店のひとつで今回も日本酒がうまかった。

まったく観光客がいないので気楽なのもいいところ。

三城の蕎麦は今回も絶品
三城の蕎麦は今回も絶品

締めのラーメンでは狼煙というラーメン屋に行ってみた。ごく普通の博多とんこつラーメンだったのだが、これはこれで全然ありだと思う。

リッチモンドホテルのダブルルーム、狭いが窮屈さはない
リッチモンドホテルのダブルルーム、狭いが窮屈さはない

宿泊したのはリッチモンドホテル松本

清潔感があって、なんでいままで泊まってこなかったのだろうかと思うくらい松本ではいいホテルだと思う。市街地のまん中にあるので、なにかと便利。朝食は一階のガストにていただくことができる。

翌日は松本の郊外までドライブに連れて行ってもらう。

松本市街から車で約1時間、乗鞍高原にある日帰り温泉の「湯けむり館」にて二日酔い気味な気分を、ゆっくり温泉にはいってお酒をぬいていくのは何ともいえない気持ちよさがある。もちろん、しらふで行っても充分にいい温泉だと思う。

乗鞍の湯けむり館
乗鞍の湯けむり館

その後は温泉の近所にある番所の中之屋さんで蕎麦をいただく。とうじ蕎麦というのが冬ならではの蕎麦であって、これは変わりだねな蕎麦だがうまかったなあ。

充分過ぎるくらいに温泉と蕎麦を堪能して市街地にもどってきたら、豆吉本舗でちょっとお土産などを買ってから帰路につく。

ちょっとした小旅行だけど、冬のぴりっとした空気の松本に行ってみてリフレッシュできるいい旅だったな。

夕暮れの松本城、雪をかぶった北アルプスが美しい
夕暮れの松本城、雪をかぶった北アルプスが美しい

この旅のまとめ:冬の松本へ週末小旅行

Related Post

年末鎌倉日帰り旅 年末の昼過ぎから鎌倉をちょこっと日帰りで散歩みたいな旅してきた。面白い旅だったなあ。東京から1時間でこんなにも雰囲気の違う街に来られるなんて。 江ノ電 なかなか行かないような街だったのだけど、これからはもうちょっと季節を変えてくるのもいいだろうなって思えるところ。 都内からはJR...
リッチモンドホテル松本の宿泊記 初秋の松本訪問では駅前の飯田屋に泊まったのだが、今回はわりと自由にホテルを選べる状況だったので他のところに行ってみた。とはいえ、料金クラスとしては飯田屋と変わらないのだが。 リッチモンドホテルは松本駅からはのんびり歩いて5~6分くらいのところにあり、夜は松本で随一かつ唯一の飲食店街を抜けていく...
夏の瀬戸内海を旅してきた 今年の夏は前から気になっていた瀬戸内国際芸術祭と鞆の浦に行ってみるために瀬戸内海を横断?するかのような旅をしてきた。 旅程はこんな感じ 1日目:成田~松山までジェットスター、そのあと鞆の浦まで 2日目:鞆の浦から直島まで移動、ベネッセハウスに泊まる 3日目:直島から犬島、豊島と...
目黒川の桜散歩 2016年の春の話。目黒川の桜並木をみるのに、だらだらと上流へ向かって散歩をしてみた。天気はちょっと汗ばむくらいの晴れた昼下がり、まだまだ花は盛りの時期で散っているものも少ない。まさに、この世の春の中心のようなところを歩いていた気がする。 出発は恵比寿で、そこから目黒の清掃工場の方に丘を越えて...
「信じられない夜」になったサイトウキネンフェス 松本gig... 開演前に会場エントランスにあったバーは全て無料、小澤征爾と大西順子の共演、15分以上も鳴り止まないカーテンコール、松本の人たちのもてなし。とにかく全てが信じられないくらい素敵な夜を作りだしていて、忘れられない体験になった。 会場は松本市文化会館改めキッセイホール。松本駅からバスで20分くらいの...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください