20140208-1501-32-3420ボージョー・アウンサン・マーケット(Bogyoke Aung San Market)はヤンゴン中央駅から徒歩10分くらいで、市街地にある巨大な市場。祭日と月曜日はお休みで、それ以外の日も17:00には閉店してしまうので早めに訪れる必要がある。

現地では、「ボージョー・ゼイ」でも通じるのだが、印象的にはホーチミンのベンタイン市場からあくどさをとって素朴さを足した感じ。市場は地元の人でもとても賑わっているし、同じ商品でもお店によって微妙に価格が違うのだがベンタインみたいに5倍違うとかはない。数十円~数百円くらいの差でしかない。

でも、ベンタインみたいに、もうやたらとかわいい雑貨であふれているとかはないので、テンションはそんなにあがらない。

20140208-1503-02-3422

ここで買うとしたら、ミャンマーの伝統的な巻きスカートであるロンジーや、古タイヤを再利用したサンダルくらいかなって思う。これ以外にも雑貨などはあるのだが、好みの問題もあるがあまり購入意欲がわかない。

このお店でロンジー購入。普通に安かった。
このお店でロンジー購入。普通に安かった。

しかし、それでもこの市場が面白いのは地元の女の子の活気あふれる様子かなって思う。生地屋で布を買ってきて、それを自分の好みの仕立屋さんに持ち込んで、ふだんのおしゃれ着から結婚式に利用するようなドレスまで作ってもらっているみたいで、仕立屋さんの前にはミャンマー人の女の子達が服が出来上がるのを待っていたりする。

きっと日本も昔はこうして分業制になっていて、自分の好みのものをオーダーしていたのかなって思う。男性用のシャツなども仕立ててくれるみたいなので、語学力と時間があれば僕もチャレンジしてみたかった。

かなり広い市場なので2~3時間はかけてゆっくりと見てまわりたいところ。ちなみに、男性用のロンジーについては、生地のデザインにもよるけれど、ここでK2500くらいで売っているのが最も安かったと思う。巻き方もトレーニングしてくれるので、こちらの市場で選んで買うのがおすすめ。

ボージョー・アウンサン・マーケット(Bogyoke Aung San Market)
住所:Bo Gyoke Rd, Yangon
休み:祭日、月曜日
時間:8:00~17:00

Related Post

廣富號 – 台南帆布バッグでは最もおしゃれ... 台南で帆布バッグ巡りの旅。合成帆布行、永盛帆布行とならぶ台南メジャーブランドの廣富號は、もっとも商業的に成功しているバッグ屋だと思う。台北に支店があるくらいだし。 廣富號手製帆布包 忠義店 廣富號ではきちんと店員さんが接客してくれる 他の二店が工房を兼ねたショップで、店先でミシ...
旅先でのパタゴニア アドボケート ステッチ使用感について... 旅先でビーサンではカジュアル過ぎて寒いのだけど、ちょっとごつい靴を毎回履くのも面倒だなって思うことがあり、そんなときに活躍するお手軽シューズの紹介。 パタゴニア版のサンダルみたいなもので、作りは結構ちゃちいのだが、その分軽くて値段も手頃。 ソール 水に濡れてもすぐに乾くの...
ソンブーン・シーフードはラチャダー店が立地抜群でおすすめ... バンコクを訪れる観光客にとって最も人気があって、かつおいしいレストランのひとつであるソンブーン・シーフードに行ってきた。 最も有名なのはスラウォン本店なのだけど、立地からいうとMRTフワイクワーン[Huai Khwang]駅の3番出口目の前にあるラチャダー店が便利ということを今回泊まってたシタ...
新千歳空港って1日遊べそうなくらい楽しいし、お土産も充実している... 十勝から車を運転して新千歳空港でレンタカーを返却して空港へ送迎してもらう。時間に余裕をもって移動していたこともあり、空港に早めに到着してしまった。バニラエアのチェックインにも時間があるし、少し空港のなかをみてまわることにする。 レストランも含めてすごく充実している。北海道の玄関口ということもあ...
ヂェン先生の日常着をもとめに台北郊外まで... 青木由香さんのガイドブックを読んでいたら、すごい鮮やかな色合いの服飾のアトリエをみつけたので西門からバスに乗って向かってみた。 ショップではないので、あらかじめ電話で訪問の旨の予約が必要なので結構ハードルが高いのだが・・・。 アトリエというか工房は台北郊外の板橋というエリアになり、ここへ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です