20140208-1501-32-3420ボージョー・アウンサン・マーケット(Bogyoke Aung San Market)はヤンゴン中央駅から徒歩10分くらいで、市街地にある巨大な市場。祭日と月曜日はお休みで、それ以外の日も17:00には閉店してしまうので早めに訪れる必要がある。

現地では、「ボージョー・ゼイ」でも通じるのだが、印象的にはホーチミンのベンタイン市場からあくどさをとって素朴さを足した感じ。市場は地元の人でもとても賑わっているし、同じ商品でもお店によって微妙に価格が違うのだがベンタインみたいに5倍違うとかはない。数十円~数百円くらいの差でしかない。

でも、ベンタインみたいに、もうやたらとかわいい雑貨であふれているとかはないので、テンションはそんなにあがらない。

20140208-1503-02-3422

ここで買うとしたら、ミャンマーの伝統的な巻きスカートであるロンジーや、古タイヤを再利用したサンダルくらいかなって思う。これ以外にも雑貨などはあるのだが、好みの問題もあるがあまり購入意欲がわかない。

このお店でロンジー購入。普通に安かった。
このお店でロンジー購入。普通に安かった。

しかし、それでもこの市場が面白いのは地元の女の子の活気あふれる様子かなって思う。生地屋で布を買ってきて、それを自分の好みの仕立屋さんに持ち込んで、ふだんのおしゃれ着から結婚式に利用するようなドレスまで作ってもらっているみたいで、仕立屋さんの前にはミャンマー人の女の子達が服が出来上がるのを待っていたりする。

きっと日本も昔はこうして分業制になっていて、自分の好みのものをオーダーしていたのかなって思う。男性用のシャツなども仕立ててくれるみたいなので、語学力と時間があれば僕もチャレンジしてみたかった。

かなり広い市場なので2~3時間はかけてゆっくりと見てまわりたいところ。ちなみに、男性用のロンジーについては、生地のデザインにもよるけれど、ここでK2500くらいで売っているのが最も安かったと思う。巻き方もトレーニングしてくれるので、こちらの市場で選んで買うのがおすすめ。

ボージョー・アウンサン・マーケット(Bogyoke Aung San Market)
住所:Bo Gyoke Rd, Yangon
休み:祭日、月曜日
時間:8:00~17:00

Related Post

ぬるころカフェとくまモンサブレ お店の外観、店内は撮影禁止 阿蘇にあるおしゃれな雰囲気のカフェ。食べログで評価が高いので行ってみたのだけど、東京圏からやってきた場合、まあこんなものかなというところで、このカフェに感動することはないんじゃないかなと思う。 たぶん、ここに住んでいる人にとっては時間を過ごすのにいいカフェな...
ヤンゴンからバガンへ夜行列車の旅 今回のミャンマー旅行で一番気になっていたのはヤンゴンからバガンまで夜行列車の旅。 日本では列車の旅というと、新幹線で単なる移動か、豪華寝台列車でセレブ旅という二極化がすすんでいる感じだが、ミャンマーはまだまだ旅情ある夜行列車の旅というものが味わえる。 ヤンゴン~バガン間の夜行列車は定時で...
腰掛庵のわらび餅は絶品の和菓子、必ず行ってみてもらいたいところ... 旅の始まりに、さくらんぼとお漬け物という贅沢な朝食をとったあと向かってみたのは同じ天童市にある腰掛庵というところ。 高柳果樹園からは車で10分くらい。山形バイパスを越えてちょっと路地に入ったところにある。お店の前にわりと広い駐車場がある。 お店は大きな古民家を店舗にしていて趣がある。ここ...
カンボジアメイドのBodia Natureはお土産に最適... カンボジア産にこだわったスパ・プロダクトで有名なブランド。手頃な商品も多いのでカンボジア土産には最適だと思う。プノンペンでは国立博物館の近くに本店があるので、そこに行くのがおすすめだけど、ボンケンコン地区にも小さな支店があるのでそちらに行くのもいいと思う。市場にも商品があるのだが、ちょっと怪しい。...
一保堂茶舗で麦茶を買ってみたらすごい美味しかった... 京都に行くと立ち寄る一保堂茶舗。東京にもお店は出ているけれど、京都のお店の雰囲気が好き。きっと江戸時代からこんな感じに店頭で用をきいたり、すこし世間話したりみたいな感じでやってきたのかなあとか思ったりする。 今回は併設されている喫茶室には行っていないのだが、お店で買い物だけしてきた。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください