店の外観
店の外観

ヤンゴン旧市街、スーレーパゴダの近くにあってランチにおすすめなシャン料理のお店。香港のお店みたく小さなローカルフードのレストランといった趣。

うっかりしていると通り過ぎて見失ってしまうので、看板を注意深くみておくこと。

店内は地元のおっちゃんやら観光客で賑わっているが、とてもてきぱきと店を仕切っているので待ったりすることはあまりないと思う。

TOFU料理。揚げ出し豆腐みたい。
TOFU料理。揚げ出し豆腐みたい。

20140210-1346-14-4043ここは、シャン料理のお店なので、なにはともあれ食べるのは豆腐料理と麺料理がおすすめ。

豆腐はTOFUと書かれていて、揚げ出し豆腐みたいなものが出てくるのだが、これがカリッとしつつ、中がしっかり豆腐感があってうまい! 値段も一品あたりK1000(100円)前後とリーズナブルで庶民的。

豆腐をつまみつつ麺を待っていると、お店の兄ちゃんがもってきてくれるのだが、とにかく手際がよくて、きびきび働くさまを見ているだけでも結構面白い。

ちなみに、お酒の提供はないので、その辺はご留意を。たぶん、お店の雰囲気的には朝から昼過ぎくらいまでの営業じゃないかと思う。リーズナブルに庶民的なローカルフードを味わうにはおすすめでうってつけのお店。

999 Shan Noodle House
130/B 34th Street, Yangon

Related Post

ユナイテッド便で行くバンコク搭乗記... はじめてのミャンマー旅行に行くことになったのだが、まずはバンコクまで。 もうすぐ2014年3月で休止となってしまうユナイテッドのバンコク便に乗ってみた。今回はマイルを利用しての搭乗。マイレージプラスはアジア路線を中心に特典航空券のレートがかなり条件悪くなったので、その前に駆け込み発券してみた。...
すずらんのラーメンは値段以上の価値がある... 恵比寿新聞ですこし大げさなんじゃないか?と思えるくらいの記事をみかけて、でもやはり美味しそう・・という誘惑に駆られて訪れたところ。(恵比寿新聞:全て手作り!素材に対する愛が究極すぎる恵比寿に引っ越ししてきたらーめん「すずらん」) 写真も説明も恵比寿新聞の方がしっかりしているので、そちらをごらん...
セララバアド 2016 Winter Menu を楽しむ モダンガストロノミーにおける日本の名店であるセララバアド。春と秋を体験して、次は冬メニューを楽しんできた。 結構前のことなのだけれど、ここの料理は出会いの新鮮さが面白いので、メニューが終わってからブログの記事を書くようにしている。手品の種明かしを先に知ってしまったら悲しいじゃないか。 今...
登起波分店「登」 – 米沢牛をお得に食べるなら... 米沢まで来たからには・・ということで、向かったのは米沢牛が食べられるレストラン。僕はどうも、旅におけるエンゲル係数が高い方だと思われる。でも、一食入魂がモットーなので、これはもう仕方がない。 とはいえ、資金には限度というものがあるので、カジュアルにお得に食べられると書いてあった登起波分店「登」...
フジタ水産のマグロがいただける、築地「にっぽん漁港食堂」... 築地場外のメインストリートにある観光者向けフードコート感ある「築地にっぽん漁港市場」にあるお店。ここにある「にっぽん漁港食堂」は思いきり観光客向けの雰囲気なのだけど、知る人ぞ知る貴重なお店なのです。 ミシュラン星付きのお店をはじめとして名だたる寿司店が指名買いするマグロの卸問屋である築地市場屈...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください