20140208-1610-12-3446今回のヤンゴン滞在ではチャイティーヨに行ったりしていたので、あまり時間がなかった。

それでも、どこかひとつ観光をするとしたら、シュエダゴン・パゴダ(Shwedagon Pagoda)だろうと思って行ってみた。

結論としては、シュエダゴン・パゴダは現実離れした迫力とここでしか見られない風景があり、ヤンゴンに来たのであれば観に行った方がいいし、

できれば日中と夕方~夜にかけてという2回訪れるのがいい。

場所はヤンゴン市内中心地にあり、ヤンゴン中央駅あたりからだとK2,500(250円)くらいで行くことができる。境内は東西南北の門から入っていくのだが、正門である西側にはエレベータやエスカレーターなどあって便利。

正面入口、ハンパないでかさ
正面入口、ハンパないでかさ

20140208-1604-10-3438外国人は参拝料がかかり、USD8ドルが必要。物価からすると結構高いなというところ。料金所は西側の門にあるのだが、それ以外には存在しないため、うっかりすると料金を払わずに境内に入ってしまうこともある。

境内にあがる階段の両脇にはお土産物屋さんが軒を連ねており、ここをみながらあがっていく。階段のエリアから裸足で歩く必要があるので注意が必要。

境内の中心は高さ100mの仏塔で、これは夜にはライトアップされてとても美しい。高い建物が少ないヤンゴンではかなり遠くからでも眺めることができて、夜に車から眺めていると不思議な感じがする。

20140208-1624-10-3479

昼間は観光客の方が多い感じなのだが、夕方には境内をいっせいに掃除する集団に遭遇できる。裸足で歩く境内なのでたしかにこれは重要。なので、境内はとても清潔に保たれている。

夕方には掃除がはじまる
夕方には掃除がはじまる
みんなで掃除している、ちょっと参加してみたかった
みんなで掃除している、ちょっと参加してみたかった

そして、夜にかけては仕事帰りの人たちがやってきてお祈りをしている姿をみることができる。

20140209-1941-08-3980

20140209-1953-16-3988お祈りだけではなく、みんなで寛いで話をしていたり、デートをしていたりと、飲食するところはないけれど、東京でいうと渋谷のセンター街と浅草寺がまじりあったような感じ。

でも、東京とは違うのはとても平和で穏やかな風景。機嫌悪そうに早足で歩く人とかいないし。

余談だが、境内にはATMが何台か設置されているので、旅行資金が必要な場合にはこちらで引き出しておくのもいいかと。僕は日本円で3万円分を引き出したのだが、どえらい量の札束が出てきてびっくりした。

とはいえ、その後一週間でほぼ見事に使い切ったのだが・・・ミャンマーのインフレと物価の高さは本当に大変だった。

20140209-1954-20-3992

Related Post

大地の芸術祭2013に行ってきた 大地の芸術祭って越後妻有トリエンナーレと同じ名称で3年に一回開催されるものだと思っていたのだけど、芸術祭は規模は少し小さくしているものの毎年やっていて、新しい作品の追加とかがないだけみたい。 ということを、津南のひまわりを観に行くついでに立ち寄ってみて初めて知った。 僕が好きなのは「たく...
ルアンパバンお寺巡り ルアンパバンの観光となると、朝の托鉢がおわれば自転車を借りて市内のお寺を巡ってみるのがいいと思う。なにせ80あまりもあるので、名前を覚えきれないくらいたくさんある。 王宮 寺院によっては、僧侶と結構気さくに話せたりするところもあったり、雰囲気も異なるので、自分が好きだなって思う場所を探...
ルアンパバンから夕陽をながめるならメコン川岸がおすすめ... ルアンパバンって夕陽がきれいな町でメコン川のかなたに沈んでいく夕陽とか、だんだんと紫色にそまっていく古い町並みとかをみるのがいい。ああ・・こうやって時間は流れているんだなって思ったりする。 ガイドブックでは旧市街の真ん中にあるプーシーの丘に登って眺めるのをおすすめされるのだけど、もはや大混雑過...
リオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)をみてきた... ニテロイ現代美術館をみてきてセントロに戻ってきたついでに、旧大聖堂にもいってみた。 セントロの船着き場から徒歩10分くらいのところにあって、メトロの駅も比較的近い。周囲はオフィス街で、お昼時には屋台みたいなものも結構でてきていて賑わっている。 ここは19世紀にかけてつくられて、ブラジル皇...
Aroma 2(バガン)はビルマ料理に飽きたらおすすめのインド料理レストラン... スタッフは美男美女そろい ミャンマー料理(ビルマ料理)はピーナッツの油を多用しているのと、味付けが単調なこともあり、わりとあっさりと食べ飽きてしまうことがある。茶葉料理はおいしかったのだが、さすがに飽きてしまって、かつ夕食に訪れたA Little Bit of Baganがあまりにひどかった...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください