20140208-1447-34-34012014年最初の旅はミャンマーへ行ってきた。バンコクからエアアジアを利用してヤンゴンへ到着。

2月くらいのヤンゴンは朝霧が出ることが多いみたいで、僕が乗ったヤンゴンへの朝便も2時間くらい遅延してしまった。

ヤンゴンの空港をでて空気を感じたときに思ったのは、意外に湿度が低くて涼しいという感覚。バンコクのようなねっとりとした暑さではなかった。

ミャンマーの5000チャット紙幣。現時点で最も高額な紙幣。象の絵がかわいい。
ミャンマーの5000チャット紙幣。現時点で最も高額な紙幣。象の絵がかわいい。

街の雰囲気もこの空気ににていて、優しい感じ。クラクションをならすような車はほとんどいなくて、なによりバイクがまったく走っていない。

どうやら、ヤンゴンではバイクの運転が禁止されているみたい。ヤンゴンは大通りはともかく、アップダウンがあって細い道も多いから交通事故が絶えなかったからそんな措置がとられたのかもな。

なので、朝晩には渋滞が発生するものの、東南アジアによくある「あふれかえったバイクと喧噪の街」という感じではない。

ヤンゴンでの見所といえば、シュエダゴン・パゴダボージョー・アウンサン・マーケットに行けば、とりあえず大丈夫ではないかという感じがする。

シュエダゴン・パゴダはヤンゴン市街地にあって、ヤンゴン中央駅からはタクシーでK2500チャットくらい。

ヤンゴン中央駅付近
ヤンゴン中央駅付近
ということで、タクシー事情について

20140208-1114-38-3379 市内ではタクシーはかなり走っていて、ほとんどは天然ガス車なのだとか。なので、ガソリン車に比べて安い燃料代ということで比較的安い金額で乗ることができるが、結構個性的。

昔の日本車というのはわりと普通な方で、ウーハー積んで大音量で走っているタクシーとか、暴走族みたいなのとか・・結構いろいろいるが、不当に高い金額をぼったくる感じはあまりみられない。せいぜい100円程度ってところ。

初乗り料金は2キロ程度の距離をK2,000~K2,500といったところで、渋滞があったり5キロくらいになるとK3,500とかまで増える。K5,000とかはあまりないかなあってところ。

ただ、インフレが激しいミャンマーのことなので、今後のことはわからないな。

食事について

20140210-1346-06-4042

19th Street
19th Street

夜であれば、19th通りに軒を連ねる串焼き居酒屋で食べるのがおすすめ。生ビールも安いし、スタッフも面白いし、なにしろ活気があって楽しい。たぶん、新橋のガード下とか新宿の横丁居酒屋で飲むような感じなんだろうな。

ランチ時であれば、市内中心部にある999 Shan Noodle House がおいしかった。ミャンマーでもご当地料理的な存在であるシャン料理を食べることができて、TOFUなど和食にも近いものがあるので旅に疲れたときに訪れるのも気が休まると思う。

ホテルについて
パノラマホテルのレセプションスタッフは総じて親切。勢揃いって感じ。
パノラマホテルのレセプションスタッフは総じて親切。勢揃いって感じ。
パノラマホテル室内
パノラマホテル室内

ホテルは総じて高い。

2015年までこの傾向が続くということだが、東京並か設備を比較するとそれ以上に高いなって感じがしてしまう。今回泊まったパノラマホテルは、悪くないけれど、この値段じゃないよな・・。

この国に若者のバックパッカーが少ない理由はここにあると思う。

安宿は、最近ではスマホなどで予約サイト経由を利用して予約する方がウォークインで直接交渉するより安いケースもあるみたい。

それ以外
20140208-1834-30-3562
ヤンゴンの夕暮れ。東京みたい。
噛みタバコの屋台
噛みタバコの屋台

ナイトライフは全然楽しめなかったが、一緒に旅をしていた同行者が噛みタバコを試してみたいというので、ちょっと探してみた。

だいたいは屋台形式でテーブルひとつで営業しており、タバコの中身をカスタマイズする嗜好品ということで、みんな好みの店があるらしい。

で、今回訪れたお店では外国人がお試しでやりたいということがわかったみたいで、葉っぱにビンロウと少しのスパイスだけを調合していて、タバコの葉が入っていないものを作ってくれた。これだと、悪酔いしないけれど、噛みタバコの雰囲気を楽しめるみたいだ。ちなみに、5包装で30円くらい。安いよね・・・。

ちなみに、ミャンマーではもはや噛みタバコは一部の人の楽しみになっていて、若者はあまりやっていないようにみえる。若い女の子なんかも「歯が汚くなっちゃうから、あれはやらない」といっていた。

20140209-2219-56-4016

Related Post

バンコク トランジット小旅行、2016年6月編。... 相変わらずしょぼいドンムアン空港 2016年の初夏はカンボジアまで蟹を食べに旅をしてきていた。2016年6月時点でカンボジアへの直行便はないので、そのトランジットとしてまずはバンコクまで。 半年ぶりに来たバンコクだけど、空港に降り立った瞬間の蒸し暑さとか、街を歩いているときに感じる香辛...
小布施散歩 小布施堂で朱雀をあじわうとともに、小布施を散歩してきたのでその記録。 早朝(というか深夜)に、家を出発して朝には小布施堂に到着。すでに何人か並んでいたが、無事に食べることができた。小布施堂の朱雀は究極のモンブランというよりも、究極の栗和菓子といったところで、これはこれで絶品の香り高さとおいしさ...
スイティエン公園は強烈な体験だった・・... 世界でトップクラスに有名で、「狂ったディズニーランド」ともいわれているスイティエン公園にいってきた。 場所はホーチミン シティの北東9区にあって、ベンタイン市場のバスターミナルから19番のバスに揺られること60~90分ほど。バスの車掌に「スイティエン」っていうとバス料金教えてくれるのでそのまま...
言葉で尽くせない猫パラダイス、台北の猫村を散歩... 猫を売りにした町って、日本では宮城の田代島とか広島の尾道とか、世界に目をむけるとギリシアのサントリーニ島とか・・いろいろあるのだけれど、ここ台北郊外の侯硐の猫パラダイス度合いっていうのは、これはもう世界で戦えるレベルだと思う。 もともとは炭鉱の町で古い寂れた町だったのだけど、きっとたま...
善光寺参りをしてきた。2016年冬編。 松本から長野までやって来て、ここは外せないというところは善光寺参り。 無宗派で有名なお寺だが、その理由は「日本でその後わかれる各宗派ができる以前からあるお寺だから」だという。 長野に来ると、おやき食べつつ来ているお寺で、のんびりしたところだなとか思っていたのだが、そんな古いお寺だったのか...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください