20140213-1204-14-5603バガンで宿泊したホテル。

ちょっと知り合いのつてがあって格安で泊まることができたのだが、広大な敷地をもつかなり立派なリゾートホテルで、チェックインして部屋に入ったときに「これはもうバックパック旅行じゃないな」と思った。

それくらい豪華。プールまでついているし、朝食もすごいうまかったし。

バガンの寺院群をみてまわる場合、ガイドブックではざっくりオールドバガンかニャウンウーに泊まることになると書いてあるのだが、これには理由があって、オールドバガンは保護区になっていて、いまでは高級ホテルしかないから。

では、オールドバガンとニャウンウーのどちらに泊まった方がいいかというと、僕がみた感じでは少なくとも交通の便からみるとニャウンウーの方がいいかなと思う。

ニャウンウーに宿を取る方が便利な理由

  • バガンのバスステーションが町中にある。
  • バガン駅から近い。
  • ニャウンウー空港からも近い。
エントランスロビー
エントランスロビー

そして、若干ニューバガンよりも町の規模が大きくて(とはいっても村みたいな感じだが)、便利じゃないかと思う。

そして、今回僕が泊まったアメージング バガン リゾートもニャウンウーの郊外にある。

今回宿泊したのはスイスコテージとかいうバンガロータイプの部屋。

レンガ造りの建物でかなりしっかりしている。部屋はかなりゆったりとしたつくりで余裕をもって利用できる。

そして、水回りはきれいだが、バスタブらしきところにお湯をためる気にはなれないかなというところ。アメニティも豊富なので、そこらへんはありがたい。

今回泊まったのはコテージタイプの部屋
今回泊まったのはコテージタイプの部屋
客室はゆったりとしている
客室はゆったりとしている
アメニティも豊富
アメニティも豊富
水回りは清潔だがバスタブはプールの消毒槽みたい
水回りは清潔だがバスタブはプールの消毒槽みたい
広大な敷地をもつホテル
広大な敷地をもつホテル

オールドバガンの寺院めぐりや食事については、ホテルで電動自転車をレンタルしていた。8時間で8,000チャット(800円)で、多少時間をオーバーしても大目にみてもらえた。ただ、1日中乗り回していると結構充電がきれかけるので注意が必要。

運転としては原付バイクみたいな感じで、ペダルは補助的についているだけ。時速30キロくらいまでしか出ないのと、バガンはそれほど交通量が多くないので運転は難しくないと思う。ペダルこがなくていい楽な自転車くらいのノリでいけるはず。なので、電動バイク借りる前提であれば、このホテルの滞在はとても快適で優雅なものになると思う。

なにせ、このホテルの敷地が広くて徒歩だとホテルの敷地を出るまでに15分以上かかると思う。

ホテルスタッフは洗練されていて、それでいてわりとフレンドリーなので面白いと思う。おすすめのレストランとか、ミャンマーの他のおすすめ観光地など(インレー湖を絶賛していた)を話したりしてみるのもいいかと思う。

雰囲気的にはパッケージツアーでのホテルみたいではあるけれど、ちゃんとしたリゾートホテルの感じはあるので、バガンでのんびりと滞在したいのであればおすすめしたいところ。

アメージング バガン リゾート (Amazing Bagan Resort)

Related Post

バンコクのMKレストランでタイスキ スクンビットのターミナル21をはじめとして、結構あちこちにあるタイスキレストランの有名店。 このお店って九州を中心に日本にも出店をしていて、同行者は「これって日本のレストランですよね」といっていた。が、ちがいます。タイ資本のレストランなのです。しかも、かなりタイでメジャーなレストランなのです。...
シタディーン スクンビット23 バンコクに宿泊... ミャンマーからデモで封鎖気味のバンコクに戻ってきて、今回はスクンビットでアソーク交差点の北側に泊まることにした。 いつもであれば、アソーク交差点の南側にある同じシタディン系のシタディーン スクンビット16に泊まるのだけど、交差点が封鎖されてしまっている現状では、南側よりちょっと栄えていて高速道...
999 Shan Noodle House はヤンゴンでおすすめのローカルフードのレストラン... 店の外観 ヤンゴン旧市街、スーレーパゴダの近くにあってランチにおすすめなシャン料理のお店。香港のお店みたく小さなローカルフードのレストランといった趣。 うっかりしていると通り過ぎて見失ってしまうので、看板を注意深くみておくこと。 店内は地元のおっちゃんやら観光客で賑わっているが、...
あてま高原のベルナティオに宿泊記 僕のなかで、リゾートホテルのなかでは最も好きなホテルのひとつ。日本でのリゾートホテルというと、夏に泊まったベネッセハウスとかの方が有名。 でも、この静かな越後妻有の風景のなかにあって、控えめに存在しているけれど、質の高いサービスを提供しているベルナティオは、この地方で行われている大地の芸術祭の...
San Kabar Restaurant & Pub(バガン)はちょい飲みに最適... からっとしているけれど、だらだらと暑いバガンのお昼時からのんびりビールを飲んだりできるイタリアン レストラン。 メニューのラインナップはイタリアンなのだが、とりあえず便宜的という感じでミャンマー料理もおいてある。 が、これはいまいちだった。 無難なのはピザあたりなのだが、これもまあ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください