バガンの寺院巡りをする際に活躍するのは電動自転車の活用になる。

自転車といっても日本にあるようなアシスト的なものじゃなくて、原付電動バイク(ペダル付き)という感じのもので、時速30キロくらいまで出すことができる。

今回の旅で僕ははじめて電動ではあるけれど、バイクを運転してみたのだが、これはかなり楽しいものだった。電動自転車が一般化しているのと、バガンの町はまだまだ交通量がそれほど多くないからこそできることなのかもしれないが、これは絶対におすすめできる。

20140211-1338-35-1304

スキル的には自転車に乗ることができれば問題なく運転できるはず。ブレーキや、ライトや方向指示器、充電状況などは借りる際に十分にチェックをした方がいいし、少しでも問題あれば別のものを出してもらうこと。

僕は宿泊していたアメージング バガン リゾートでレンタルをしたけれど、1日8時間で800円くらいだった。町中にもレンタルショップは結構あるけれど、相場的にはあまりかわりなさそう。

ちなみに、車や馬車などで移動すると1日35ドルくらいかかるらしいので、圧倒的に電動自転車で巡るのがおすすめ。ざっくりとした移動時間としてはニャウンウーからオールドバガンまでは15分程度、そこからニューバガンまでは20分くらいだが、ニャウンウー~オールドバガン間に比べて、ニューバガン~オールドバガン間は比較的アップダウンがあるため時間がかかる印象。

1日4~5時間くらい、乗り回したところ充電が残り20%くらいのところまで減ってしまったので、がんがん遺跡を巡る場合はエコ運転を心がけないと、帰り道に途方に暮れることになる可能性がある。

どことなくヨーロッパの教会のようなアーナンダ寺院
どことなくヨーロッパの教会のようなアーナンダ寺院

寺院めぐりについては、とりあえず最初に行くことをおすすめするのはアーナンダ寺院。特徴ある建物は遠くからでもよくわかる。規模はそれほど大きくないが、境内の木陰でのんびりしつつ滞在するのもよい。近くにはスタービームといういいビストロもあるので食事休憩もできる。

シュエサンドー寺院での夕暮れ
シュエサンドー寺院での夕暮れ

夕暮れのサンセットはシュエサンドーパゴダで過ごすのがあまりにも有名。早めにいかないと遺跡にのぼることすらままならない状況になるが、それでも最近のシェムリアップのプノンバケンとかに比べると全然ましな方だと思う。

大小さまざまな寺院がシルエットになりながら風景にとけていき、やがてエーヤワディー川の向こう側へと去って行く太陽を眺めるのは最高の贅沢な体験。どんなに騒がしい観光客でもこの風景をみている間は優しい雰囲気になる。

ブーパヤー寺院
ブーパヤー寺院

このほかにエーヤワディー川のサンセットクルーズ船発着場所にあるたまねぎみたいなかたちしたオブジェがあるブーパヤー・パヤーから眺める川も美しいし、夜はライトアップされたゴドーパリィン寺院には圧倒される。このあたりは夜でも人通りもあるし、20:00くらいまでなら寺院内にも人がいるので、夜間参拝にもきてみて欲しい。

ライトアップされたゴドーパリィン寺院
ライトアップされたゴドーパリィン寺院

20140212-1934-58-5133僕は正味2日間の滞在だったのだが、あまり頑張らない旅のスタイルということもあり、ほとんど見てまわれていないなという印象。これはこれで、バガン寺院巡りのダイジェストくらいにはなっていると思うので満足はしているけれど、いい写真をとったり地元の人と出会いながらみたりということであれば4~5日はかけてみてもいいのかなと思う。

20140211-1807-08-4804

Related Post

独立記念塔で日曜日の夕方を過ごす いまのプノンペンの中心的なエリアである独立記念塔は1953年の独立を記念してその数年後に作られた比較的新しいモニュメント。アンコールワットを模していて、何年か前に行われたASEANの会議の時に修復されたはずなのでかなり新しい印象をうける。 そして、カンボジアも豊かになったんだなあとしみじみと思...
広島小散歩 秋の広島へ行ってきた。広島空港から尾道へと行き、その後列車で広島まで。山陽本線もここまで来るとかなりローカルな雰囲気になってきていて車窓からの風景ものどか。 広島では東横インに泊まったのだが、ビジネスでもないのにビジネスホテルに宿泊するのはちょっと気がひける。 グルメについて。広島といえ...
室堂まで行ってみた 9月初旬、紅葉シーズン直前の黒部ダムで初秋を先取りしてきた。 当初は扇沢から黒部ダムまで行けばいいやって思っていたのだけど、黒部ダムまでついたらすごい気持ちがいい天気で、そのまま黒部から黒部平までケーブルカー、大観峰までロープウェー、そして室堂まではトロリーバスと乗り継いで行ってしまった。 ...
時間を忘れて香港をクルージング – スターフェリー乗船記... 香港島の中環と九龍半島の尖沙咀の間を、100年以上にわたり運航してきた歴史ある航路。1970年代には沢木耕太郎も「優雅な航海」と表現している。 香港島と九龍の間はいまでは高速道路のトンネルもあるし、地下鉄も通っていて、この航路よりも便利になっている。 それでもこの航路には観光客だけじゃな...
ちょこっと台北への小旅行 復興航空のフライト いってみれば修学旅行みたいな旅だった。 友人たち10人くらいと台北を旅行したのだが、結果どういうわけか僕がだいぶ部分をアテンドすることになった。あんまそういうタイプじゃないんだけれど。 僕の偏りのある旅のスタイルによる旅行は、まあ面白いところもあったが、ひどい...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください