20130511-1053-26-1807今回の京都旅行では、JR東海ツアーズが発売している「ぷらっとこだま」プランを利用してみた。これは、こだまを利用促進を目的としたであろう割引切符なのだけど、以下のようなメリットがあります。

  • 10%程度の割引価格でのチケット購入できる。
  • チケットを出発日の1ヶ月以上前から購入できる。
  • 売店でのドリンク(ビールも可)1個交換券がついてくる。

逆に短所は以下の点。

  • 京都に行くには通常の新幹線「のぞみ」よりも1時間半余計にかかって3時間半かかる。
  • 利用できる新幹線が決まっている(まあ、もともとこだまの本数少ないけれど)。

品川駅で買ったタパスとスパークリングワイン。
品川駅で買ったタパスとスパークリングワイン。

時間がかかるということを除けば、安価に京都まで行けるのでまあいいかなってところ。
そして、チケットについてくるメリットとは別の旅の好み的なところでいうと、各駅に止まっているので、自分がいまどこにいるのかわかるというということのほかに、途中駅でのぞみやひかりの追い抜きのために、2~5分程度の停車時間があるということ。

この時間を利用して、普段は降りないような駅のご当地弁当を楽しむことができます。おすすめは浜松駅の「しらす弁当」と「うなぎご飯」、あとは豊橋の「いなり寿司」とかかなあ。

浜松駅で買った「うなぎご飯」1600円(高い)。
浜松駅で買った「うなぎご飯」1600円(高い)。

まあ、限られた時間のなかでの食事なのであれこれたくさんは食べられないけれど、選ぶとしたらこのあたり。

それ以外にも、新富士駅の上りホームからはきれいな富士山が見えるので、写真を撮りに降りたりするのもおすすめ。

新幹線というと、旅情もない味気ない移動のための乗り物というイメージだけど、こだまではしっかりと各駅停車の旅が楽しめるものだなと思った。

Related Post

指宿のたまて箱にのって指宿まで往復してきた乗車記... 結論からいうと、一気に往復で乗るのはよほど好きじゃないと飽きると思う。しかし、片道であればすごく満足感が高いし、大人でも乗ってみると楽しいはず。子供がいればもっと楽しめるのかもしれない。 鹿児島中央から乗り始めれば、住宅街を通り抜けると桜島がみえて、その次には錦江湾の美しい海と並行して走る列車...
鎌倉高校前の踏切は鎌倉屈指の観光スポットになっていた... 一直線の坂道が海までつづいていて、踏切を通る江ノ電とのコントラストが美しい風景。映画とかにもたまに出てきて、すごくフォトジェニックな場所になっている。スラムダンクで台湾や香港での人気が高まったみたいで、いまこの踏切に来ている旅行者って日本人よりも、台湾の旅行者が多いくらいだ。 踏切は江...
台湾高速鉄道で台南まで行ってきた乗車記... 台湾には2013年に入ってから4回くらい来ているのだが、今回の旅でははじめて台南へと足をのばしてみた。台南いいところだったなあ、一泊二日じゃ全然足りなかった。これはまた別の機会に書くとして、台南への移動には高速鉄道を利用したので、その記録。 車内の雰囲気 台湾の高速鉄道は日本の新幹線が...
小海線、小淵沢大カーブは圧巻の撮影地... 小海線に乗って小淵沢までやってきた。列車は小淵沢駅近くまで来ると、なにを思ったのか突然ほぼ反対方向まで大きくカーブをしながら小淵沢駅に向かっていく。 この突然の急カーブの理由は直線の傾斜がきついとか巨大な石があったとか、政治的な絡みだとか諸説あるみたいだけど、電線もなにもない築堤の上を甲斐駒ヶ...
ウドンタニからバンコクまで夜行列車に乗っていく... いまとなっては、日本では珍しい夜行列車での旅。でも、夜行列車ほど旅を感じるものはないなと思っている。 途中、通り過ぎる駅にいる人を眺めたりしては、きっとこの場所をもう通ることはないだろうなあと感じたり、窓から眺める家々の明かりは、そこに生活があってご飯を食べたり、本を読んだりしているのかと考え...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください