20130511-1053-26-1807今回の京都旅行では、JR東海ツアーズが発売している「ぷらっとこだま」プランを利用してみた。これは、こだまを利用促進を目的としたであろう割引切符なのだけど、以下のようなメリットがあります。

  • 10%程度の割引価格でのチケット購入できる。
  • チケットを出発日の1ヶ月以上前から購入できる。
  • 売店でのドリンク(ビールも可)1個交換券がついてくる。

逆に短所は以下の点。

  • 京都に行くには通常の新幹線「のぞみ」よりも1時間半余計にかかって3時間半かかる。
  • 利用できる新幹線が決まっている(まあ、もともとこだまの本数少ないけれど)。

品川駅で買ったタパスとスパークリングワイン。
品川駅で買ったタパスとスパークリングワイン。

時間がかかるということを除けば、安価に京都まで行けるのでまあいいかなってところ。
そして、チケットについてくるメリットとは別の旅の好み的なところでいうと、各駅に止まっているので、自分がいまどこにいるのかわかるというということのほかに、途中駅でのぞみやひかりの追い抜きのために、2~5分程度の停車時間があるということ。

この時間を利用して、普段は降りないような駅のご当地弁当を楽しむことができます。おすすめは浜松駅の「しらす弁当」と「うなぎご飯」、あとは豊橋の「いなり寿司」とかかなあ。

浜松駅で買った「うなぎご飯」1600円(高い)。
浜松駅で買った「うなぎご飯」1600円(高い)。

まあ、限られた時間のなかでの食事なのであれこれたくさんは食べられないけれど、選ぶとしたらこのあたり。

それ以外にも、新富士駅の上りホームからはきれいな富士山が見えるので、写真を撮りに降りたりするのもおすすめ。

新幹線というと、旅情もない味気ない移動のための乗り物というイメージだけど、こだまではしっかりと各駅停車の旅が楽しめるものだなと思った。

Related Post

有次京都で包丁を買う 料理をしている人であれば、誰しも「いい包丁こそが、おいしい料理を作る近道である」ということは自明のことだと思う。 もちろん、素材や味付けなどの要素も多分に影響するけれど、たとえば牛すじなんて安い包丁じゃ全然切れないし、こういうのは小さく切って煮込んだりすると絶品なわけです。 そういうときに、...
幸福駅はいまでは公園になっている観光地... 中札内から帯広に向かう途中で、道路に並行して堤みたいなのがあるなと思っていたのだが、地図を見ると昔には鉄道が通っていたことを知る。 こんななにもない平原の端に向けて鉄道作るとか、そりゃ廃線になるよなって思うのだが、実際30年くらいの期間で廃止になったみたい。 で、国道を走っていると、畑の...
鎌倉高校前の踏切は鎌倉屈指の観光スポットになっていた... 一直線の坂道が海までつづいていて、踏切を通る江ノ電とのコントラストが美しい風景。映画とかにもたまに出てきて、すごくフォトジェニックな場所になっている。スラムダンクで台湾や香港での人気が高まったみたいで、いまこの踏切に来ている旅行者って日本人よりも、台湾の旅行者が多いくらいだ。 踏切は江...
JR九州 特急かもめを利用 日本屈指の乗り物クラスタ天国である九州地方。豪華な特急や特徴ある車体。そして街中を走る路面電車・・・どこへ行っても、なにに乗っても軽く~大いに感動します。 僕が今回利用したのは博多から長崎までを走っている特急かもめ。約2時間かけて走っています。これが、少なくとも関東圏を走る特急と比べると格段に...
長崎市内の移動は路面電車が便利 長崎市内を観光してまわるのに強い味方になってくれるのが路面電車だと思う。関東圏ではなじみうすい乗物だけど、積極的に使うのがおすすめ。ちなみに、この情報は2013年6月時点のものになります。 長崎の路面電車のいいところ まずは値段が安い。どこまでいっても一律120円という安さ。乗り換えのと...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください