20140211-1947-54-4820バガンの寺院巡りからの帰り道、ニャウンウーで食事を取ろうかと思って、表通りにあってオシャレそうな店だなと思って入ったレストラン。

木の枝とか天井からイサムノグチのAKARIみたいなペンダントライトがつり下がっていてかなりおしゃれで、ヨーロピアンな観光客とかが好きそうな感じ。お客さんはまばらに入っている。

とりあえずドラフトビールと串焼きとフライドライスを頼んだら、ビール以外は想像と全然違うものが出てきてびっくりした。

ビールは普通
ビールは普通

串焼きは串にささってなくて、チェスの駒のように白いお皿に行儀よく等間隔で配置されている(9個)。これで、400円くらい。

フライドライスは見た目的には普通なのだが、なんだか新聞紙でくるんだ後のように風味が失せている。これで、300円くらい。ここのシェフはせめて餃子の王将に修行にきてほしい。

フライドライス
フライドライス

旅先でこの仕打ちはないだろう・・・。お客さんが少ない理由がわかる。見た目はいいし、ビールだけは平等なのだけどね。

ミャンマー料理もおいてあり、同行者が食べていたが全てを食べきれないと嘆いていた(うまくなくて)。

こういう情報をあまり書くのもどうかと思うが、大事な旅先でこのお店を選択することはないかなって思う。

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です