料理をしている人であれば、誰しも「いい包丁こそが、おいしい料理を作る近道である」ということは自明のことだと思う。

もちろん、素材や味付けなどの要素も多分に影響するけれど、たとえば牛すじなんて安い包丁じゃ全然切れないし、こういうのは小さく切って煮込んだりすると絶品なわけです。
そういうときに、いい包丁があれば・・と思っているのだけど、いい包丁ってたいてい鋼で錆びやすくてメンテナンス苦労するというイメージ。実際、鋼の包丁を一つ持っているけれど、使う度に水気を切って、終わったら椿油を塗って・・とかやたらと面倒。

しかしながら、そんな悩みを解決してくれるのが、まさかこんな有名店で作られているとは・・ということで京都の有次。創業は450年以上前の1560年、なんと桶狭間の戦があった年です。もう全然想像つかないくらい古い会社だ。

しかしながら、この現在のオーナーのいっている台詞がしびれる。伝統とはらせん状に積み上げていくことで、常に新しいものを生み出していくことだという。同じように伝統技術にまがりなりにも多少は関わっているものとしては、すごくよくわかる。伝統とは古いものを守っていくことじゃないんだよね。

ということで、包丁の伝統について鋼であればならないという伝統を守りつつ、扱いやすいということで、鋼をステンレスで覆った「平常一品」という商品を出している。これだと、鋼の切れ味とステンレスの扱いやすさを限りなく融合している。

それでもまあ、多少はメンテナンスが必要なのだが,圧倒的に楽。

京都の錦市場にある店内では包丁を買うと名入れが無料サービス(2~3分程度)に加えて、まず包丁をお店で研いでくれる。鋼のすれるにおいがしていて、これって江戸時代から変わらないものなのだろうなとちょっと時代を感じる。ということで、百貨店でも買えるけれどおすすめはやはり本店で。

ただし、クレジットカードは使えず現金のみとなるので、あらかじめ銀行で降ろしてからいくのがいいと思います(最寄りのセブンイレブンのATMまでは徒歩数分)。

あと、買う場合にはつば付きとつばなしの2タイプがあるのだけど、これは多少高くても写真のつば付きの商品を買うのがいいと思います。包丁のさびってたいてい持ち手との接合部分からなので、つば付きだとここが塞がれているため持ちが違うと思う。

20130512-2029-54-1968

Related Post

リオ スル ショッピングモールはお土産物探しに楽しい... リオデジャネイロ土産って色々悩ましいところなのだけど、この巨大なショッピングモールをうろうろしているとなにか見つかるかもしれない。僕はハワイアナスでサンダルとかを買ってみた。日本では見かけたことがないモデルがあったりして、なかなか楽しい。 shopp リオ スル モールはコパカバーナから...
台北のL’occitaneは立ち寄る価値あり... 鼎泰豐は今回泊まっていた丹迪旅店の大安店からほど近いところにあって、腹ごなし的にホテルまで歩いて10分くらいの道のりを帰っていたのだが、ロクシタンの路面店があって入ってみた。 日本のロクシタンって、モノがいいのはわかるけれど、商売根性の浅ましさがあまり好きになれないところがあり足が向かないのだ...
鹿児島土産は山形屋で買うのがおすすめ... 今回ひさびさに鹿児島市内をぶらぶらとしてみたのだが、市電が走る街というのは旅情があって楽しい。 今回も天文館からちょこっとだけ市電に乗って山形屋まで。鹿児島における百貨店の象徴的な存在であり、なんだかここ行っておけば間違えがないというように思えてしまう。 電車通り沿いにある本館は遠目にみ...
北一硝子で自分へのお土産を買う 場外市場で豪華な朝食を食べた後は小樽に行ってみることにする。よくよく考えたら乗り換えに小樽駅降りたことあるけれど、観光で訪れるのははじめてだ。 札幌から高速で40分くらいと、東京と横浜の関係みたいだなってところ。 小樽はすっかり観光地されていて(横浜以上だ)、向かったのは北一硝子。自分に...
ながわ山彩館で収穫の秋を実感する 松本から紅葉ドライブ。 上高地手前の奈川というエリアで紅葉を堪能して、車を進めていったのだが、国道から少し脇道に入ったところに奈川の集落があり、そこに道の駅みたいなところがあったので立ち寄ってみた。 ながわ山菜館という場所で、レストランが併設されている施設なのだけど、なにより地元で採れた...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください