料理をしている人であれば、誰しも「いい包丁こそが、おいしい料理を作る近道である」ということは自明のことだと思う。

もちろん、素材や味付けなどの要素も多分に影響するけれど、たとえば牛すじなんて安い包丁じゃ全然切れないし、こういうのは小さく切って煮込んだりすると絶品なわけです。
そういうときに、いい包丁があれば・・と思っているのだけど、いい包丁ってたいてい鋼で錆びやすくてメンテナンス苦労するというイメージ。実際、鋼の包丁を一つ持っているけれど、使う度に水気を切って、終わったら椿油を塗って・・とかやたらと面倒。

しかしながら、そんな悩みを解決してくれるのが、まさかこんな有名店で作られているとは・・ということで京都の有次。創業は450年以上前の1560年、なんと桶狭間の戦があった年です。もう全然想像つかないくらい古い会社だ。

しかしながら、この現在のオーナーのいっている台詞がしびれる。伝統とはらせん状に積み上げていくことで、常に新しいものを生み出していくことだという。同じように伝統技術にまがりなりにも多少は関わっているものとしては、すごくよくわかる。伝統とは古いものを守っていくことじゃないんだよね。

ということで、包丁の伝統について鋼であればならないという伝統を守りつつ、扱いやすいということで、鋼をステンレスで覆った「平常一品」という商品を出している。これだと、鋼の切れ味とステンレスの扱いやすさを限りなく融合している。

それでもまあ、多少はメンテナンスが必要なのだが,圧倒的に楽。

京都の錦市場にある店内では包丁を買うと名入れが無料サービス(2~3分程度)に加えて、まず包丁をお店で研いでくれる。鋼のすれるにおいがしていて、これって江戸時代から変わらないものなのだろうなとちょっと時代を感じる。ということで、百貨店でも買えるけれどおすすめはやはり本店で。

ただし、クレジットカードは使えず現金のみとなるので、あらかじめ銀行で降ろしてからいくのがいいと思います(最寄りのセブンイレブンのATMまでは徒歩数分)。

あと、買う場合にはつば付きとつばなしの2タイプがあるのだけど、これは多少高くても写真のつば付きの商品を買うのがいいと思います。包丁のさびってたいてい持ち手との接合部分からなので、つば付きだとここが塞がれているため持ちが違うと思う。

20130512-2029-54-1968

Related Post

美瑛の魅力がギュッとつまっている「美瑛選果」に行ってきた... 美瑛のJAが直営している複合施設である「美瑛選果」へ行ってきた。ここはミシュランで一つ星を獲得しているアスペルジュというレストランもありディナーにも訪れたのだけど、それ以外にもかなり魅力的。美瑛の魅力がつまっているところだと思う。美瑛駅のすぐそばに道の駅もあるのだが、そこよりも楽しい。 美瑛選...
合成帆布行 – 手頃な帆布バッグならここ... 台南で帆布バッグ巡りの旅をしてきた。 台南といえば、帆布バッグが有名らしく半径500mくらいの狭い範囲に、いずれも個性的な帆布バッグのお店が三軒あり、まず行ってみたのはこちらの「合成帆布行」。 場所は市内中心部ともいえる場所だと思う。国鉄台南駅とロータリーの間に小さな店舗があって、そこで...
井上誠耕園とカフェ忠左衛門 小豆島といえばオリーブと醤油じゃないかと思っている。今回は滞在時間が短かったので、どちらも堪能しきる!ということは難しかったのだが、オリーブ関連でいえばここ井上誠耕園と、この会社が運営しているカフェ忠左衛門は素晴らしいと感じた。 とくに、カフェ忠左衛門は小豆島での必須じゃないかと思ったのだが、...
爐鍋咖啡(Luguo Cafe) – 台北に来ると必ず立ち寄っているカフェ... 台北に来ると、なんとなくだけど足が向いてしまうのが迪化街で、古めかしい街並みも好きだし、散歩をしていて楽しい街だと思う。 で、迪化街に来てなにをするかというと、永久號でからすみを買って、ArtYard小藝埕で台湾雑貨を眺めて(うっかり買ってしまって)、そしてひと休みは小藝埕の2階にある爐鍋咖啡...
大口屋の麩まんじゅうは名古屋駅で買えるお土産としておすすめ... 名古屋に住んでいた友人から大口屋の麩まんじゅうが美味しいから買ってきてといわれ、名古屋駅のキヨスクギフトステーションで取り扱いがあったので購入。 キヨスクでは1日2回。朝イチとお昼過ぎに入荷するとのことで、週末の夕方遅い時間とかでもなければ買えると思う。 この麩まんじゅう、正式には「餡麩...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください