料理をしている人であれば、誰しも「いい包丁こそが、おいしい料理を作る近道である」ということは自明のことだと思う。

もちろん、素材や味付けなどの要素も多分に影響するけれど、たとえば牛すじなんて安い包丁じゃ全然切れないし、こういうのは小さく切って煮込んだりすると絶品なわけです。
そういうときに、いい包丁があれば・・と思っているのだけど、いい包丁ってたいてい鋼で錆びやすくてメンテナンス苦労するというイメージ。実際、鋼の包丁を一つ持っているけれど、使う度に水気を切って、終わったら椿油を塗って・・とかやたらと面倒。

しかしながら、そんな悩みを解決してくれるのが、まさかこんな有名店で作られているとは・・ということで京都の有次。創業は450年以上前の1560年、なんと桶狭間の戦があった年です。もう全然想像つかないくらい古い会社だ。

しかしながら、この現在のオーナーのいっている台詞がしびれる。伝統とはらせん状に積み上げていくことで、常に新しいものを生み出していくことだという。同じように伝統技術にまがりなりにも多少は関わっているものとしては、すごくよくわかる。伝統とは古いものを守っていくことじゃないんだよね。

ということで、包丁の伝統について鋼であればならないという伝統を守りつつ、扱いやすいということで、鋼をステンレスで覆った「平常一品」という商品を出している。これだと、鋼の切れ味とステンレスの扱いやすさを限りなく融合している。

それでもまあ、多少はメンテナンスが必要なのだが,圧倒的に楽。

京都の錦市場にある店内では包丁を買うと名入れが無料サービス(2~3分程度)に加えて、まず包丁をお店で研いでくれる。鋼のすれるにおいがしていて、これって江戸時代から変わらないものなのだろうなとちょっと時代を感じる。ということで、百貨店でも買えるけれどおすすめはやはり本店で。

ただし、クレジットカードは使えず現金のみとなるので、あらかじめ銀行で降ろしてからいくのがいいと思います(最寄りのセブンイレブンのATMまでは徒歩数分)。

あと、買う場合にはつば付きとつばなしの2タイプがあるのだけど、これは多少高くても写真のつば付きの商品を買うのがいいと思います。包丁のさびってたいてい持ち手との接合部分からなので、つば付きだとここが塞がれているため持ちが違うと思う。

20130512-2029-54-1968

Related Post

「Minimal」東京発のクラフトチョコレート。... 東京発のクラフトチョコレートのブランド。カカオ豆から余計な添加物やミルクなどを加えず、カカオと砂糖のみという必要最低限の素材でチョコレートを作る“Bean to Bar Chocolate”の専門店。東京にしかお店がないのでお土産にもいいと思う。 銀座にもショップがあって白金にはファクトリース...
元郎の大榮華酒樓で時期外れの月餅を買う... 香港の郊外は何回か来たことあるけれど、はじめて元郎のあたりにやってきた。香港島とはまた異なるヨーロッパっぽいトラムが走っていたりして、この街の散歩もおもしろそうだ。このあたりは吉慶囲もそうだし、客家の文化が残っていて客家料理を出すお店もあるみたいだ。ますます気になる。 ただ、今回の旅ではちょっ...
絵本のようなルスルスのクッキーはお土産に最適... 松屋銀座で偶然に見かけて一目惚れした焼き菓子。絵本の世界のようなかわいいコンセプトのクッキーは誰に贈っても喜ばれるお土産に定番になりそうだ。東麻布と浅草にもお店があるのだが、松屋銀座にある店舗がもっともアクセスしやすいと思う。 ルスルスの「夜空缶」「鳥のかたちクッキー」について 焼き菓子...
蘑菇 BoodayでMade in Taiwanなお買いもの 台湾メイドのブランドでは一番好きなもののひとつ。僕としては台湾のOKURAみたいな雰囲気を感じている。近頃は日本のブランドとのコラボレーションもやっているみたいで、それもちょっと気になっている。ひさびさに行ったけれど、かわいいものが多くて色々買いそうになってしまった。 過去の訪問 蘑...
空也の最中は東京土産に最適 僕にとって人にもっていく東京土産の筆頭は銀座にある空也の最中。というか東京にいる人にもっていってもすごく喜ばれる。池波正太郎のエッセイのなかに出てきて知ったのだが、昔から変わらないスタイルでサービスを提供している姿はすばらしい。 お店は銀座の並木橋にあるのだけど、いまどき電話で予約しないといけ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください