20140212-1749-28-5058バガンに来ると、朝陽と夕陽をどこでみようかというのは悩ましい問題である。で、夕陽のポイントとして僕がすごいよかったのはこの船旅で船から眺める夕陽の風景。

別に船からみたって・・と思ったのだが、これがすごいきれいでのんびりしてしまった。

エーヤワディー川(イラワジ川)のサンセットクルーズ船の発着はオールドバガンにあるたまねぎみたいなオブジェがあるブーパヤー寺院のあたりで、寺院前に行くと「船、乗らね?」みたいに客引きがやってくるので交渉するといいかと思う。

ちなみに、僕は1,200チャット(120円)で乗ることができた。客引きは1時間いくらみたいな言い方をするのだが、だいたいは60~90分くらい乗ることになるのだと思う。

これで、船一艘貸し切りだし、すごい安い!てか、大丈夫だろうかとか思ったのだが全然問題なかったし、乗ってみて安い理由がわかった。

船はまず15分くらいかけてエーヤワディー川をニャウンウーの方にむけて遡っていく。太陽の光をあびているバガンの方は仏塔がみえたり、家から夕食の準備をする煙がみえたりして長閑とした風景。

20140212-1739-12-5045

対岸の方はといえば、ちょっと高台になっていることもあるのだが、まったく人家もなにもみえない。どうも、だいぶ奥の方までいかないと村とかないみたいだ。何年か前に行ったバラナシでのガンジス川の風景みたい。川の砂州の反対側はまったく生活の気配がない。

太陽はそんな広大な風景のなかでちょっとずつ傾いてきている。

で、ほどよき頃になると船はエンジンをとめてしまう。そして、川の流れのままに少しずつ下っていくのだが、これが気持ちがいい。エンジン音がないので静かな流れにどっぷりと囲まれていて、川面を吹き抜ける風も涼しくて気持ちがいい。

出発前にレストランでビール買っていたので、ビールを飲みながら遠くを行き交う船やちょっとずつ色の変わっていく空の色を眺めたりしている。この間の記憶があまりないんだが、たぶんなにも考えてなかったんだろうな。そんな風にさせる風景。だんだんと少し眠くなってしまうのはビールのせいだけじゃないはず。

20140212-1759-18-5085

船頭さんはすっかり昼寝してしまっていて、この船どこに行くんだろう・・とか思っていたのだが、60分ちょっとで出発地点のすぐそばまで戻ってくるというのがすごい。あんま考えなさそうに船を動かしているようにみえて、じつは慎重に川の流れの向きとかまで考えているのだろうか。

120円のささやかなサンセットクルーズなのだが、ここでしか味わうことができない貴重なものだと思う。

船着き場にもどってきたときには日は沈んでいて夜がはじまりかけていた
船着き場にもどってきたときには日は沈んでいて夜がはじまりかけていた

Related Post

御射鹿池 – 絵になる風景 松本へ行く途中にちょこっと寄り道して、蓼科の御射鹿池をみてきた。みてきたというくらいの小さな農業用のため池で、普通に考えればただのきれいな池でしかないのだが、東山魁夷の「緑響く」のモチーフとして有名になり、またその絵画をつかったシャープのアクオスのCMでさらに有名になったという経緯がある。 ...
古いビルが香港現代アートの発信地になっていた – 賽馬會創意藝術中心 (JCCAC)... 香港の都心と郊外のあいだにある寂れたエリアが現代アートの発信地になっていた。場所はMRT石硤尾駅から歩いて数分のところ。 なんだか寂れたエリアだよなあとか思っていると、古いビルが目当ての建物だった。 エントランス料金とかはとくにかからないのでなかにはいってみると吹き抜けのエリアにはペイン...
2016年の初夕陽 ブログをはじめてみてからずいぶん経つなあ・・というところ。 今年は2年ぶりに日本でのお正月。去年はブラジルで年越ししたんだよな。あれはすごかった(去年の年明けはこちら)。 今年はお正月明けに旅行へ行くので、年末年始はその準備と静養期間。初日の出は家から眺めて、あとはだらだらと本を読んだり...
美瑛の丘を写真に撮る 美瑛というところは、どこを切り取っても絵になるところで美しい。有名どころもあればそうじゃないところもあるが、今回の旅で写真をとってきたポイントをいくつかまとめてみたい。 僕は美瑛に詳しいわけじゃないし、風景写真にすごくこだわっているわけじゃないけれど、参考になればいいなと思う。 ジェット...
六花の森ほど心地よい場所はない まったく事前になにも調べずに訪れた今回の旅での発見のひとつだと思う。 中札内の町のはずれにある六花の森。六花亭がこの地に製菓工場を作るとき、自らのお店の包装紙にもなっている花柄の風景を実際に作りたいってことで、あれた耕地をこんな森に変えてしまった。 ちなみに、六花亭という社名の由...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です