20140212-1749-28-5058バガンに来ると、朝陽と夕陽をどこでみようかというのは悩ましい問題である。で、夕陽のポイントとして僕がすごいよかったのはこの船旅で船から眺める夕陽の風景。

別に船からみたって・・と思ったのだが、これがすごいきれいでのんびりしてしまった。

エーヤワディー川(イラワジ川)のサンセットクルーズ船の発着はオールドバガンにあるたまねぎみたいなオブジェがあるブーパヤー寺院のあたりで、寺院前に行くと「船、乗らね?」みたいに客引きがやってくるので交渉するといいかと思う。

ちなみに、僕は1,200チャット(120円)で乗ることができた。客引きは1時間いくらみたいな言い方をするのだが、だいたいは60~90分くらい乗ることになるのだと思う。

これで、船一艘貸し切りだし、すごい安い!てか、大丈夫だろうかとか思ったのだが全然問題なかったし、乗ってみて安い理由がわかった。

船はまず15分くらいかけてエーヤワディー川をニャウンウーの方にむけて遡っていく。太陽の光をあびているバガンの方は仏塔がみえたり、家から夕食の準備をする煙がみえたりして長閑とした風景。

20140212-1739-12-5045

対岸の方はといえば、ちょっと高台になっていることもあるのだが、まったく人家もなにもみえない。どうも、だいぶ奥の方までいかないと村とかないみたいだ。何年か前に行ったバラナシでのガンジス川の風景みたい。川の砂州の反対側はまったく生活の気配がない。

太陽はそんな広大な風景のなかでちょっとずつ傾いてきている。

で、ほどよき頃になると船はエンジンをとめてしまう。そして、川の流れのままに少しずつ下っていくのだが、これが気持ちがいい。エンジン音がないので静かな流れにどっぷりと囲まれていて、川面を吹き抜ける風も涼しくて気持ちがいい。

出発前にレストランでビール買っていたので、ビールを飲みながら遠くを行き交う船やちょっとずつ色の変わっていく空の色を眺めたりしている。この間の記憶があまりないんだが、たぶんなにも考えてなかったんだろうな。そんな風にさせる風景。だんだんと少し眠くなってしまうのはビールのせいだけじゃないはず。

20140212-1759-18-5085

船頭さんはすっかり昼寝してしまっていて、この船どこに行くんだろう・・とか思っていたのだが、60分ちょっとで出発地点のすぐそばまで戻ってくるというのがすごい。あんま考えなさそうに船を動かしているようにみえて、じつは慎重に川の流れの向きとかまで考えているのだろうか。

120円のささやかなサンセットクルーズなのだが、ここでしか味わうことができない貴重なものだと思う。

船着き場にもどってきたときには日は沈んでいて夜がはじまりかけていた
船着き場にもどってきたときには日は沈んでいて夜がはじまりかけていた

Related Post

隅田川の桜とハレテラス 東京で眺める春のお花見。2016年春の話し。浅草の隅田川で桜を眺めてきた。目黒川と比べると、あまり広い規模ではないものの隅田川沿い、対岸には特徴的なアサヒビールの本社とその向こうにはスカイツリーも見えるロケーションは東京の下町らしい風景。 どうも、この近所に着物のレンタルと着付けをしてくれるお...
中目黒の桜 2015年編 自分への備忘録としても記録。2014年の記録をみてみたら、3月28日には咲き始めたと思ったら、週があけた31日には満開と書いていて、なんだ今年と同じような状況だったのかと気づく。 2015年の中目黒の桜は3月27日に咲き始めたかと思ったら、週末あけた3月30日にはいきなりもう満開になっていた。...
中目黒で満開の桜を堪能する 2014年 そういえば、去年ブログをはじめたのは例年以上にはやく咲き散った桜をみているときだったなと思い返しながら、今年も桜の季節がやってきた。 2014年の中目黒の桜は3月28日に咲き始めたかと思ったら、週末あけた3月31日にはいきなりもう満開になってしまっていた。 去年のいまごろはもう散...
小布施の葛飾北斎巡り(岩松寺、北斎ミュージアム)... 葛飾北斎は晩年の頃、小布施にパトロンがいたということで、定期的に訪れていては作品を残していた。小布施って長野にしてはすごく垢抜けている印象をもっているのだが、こうした文化が背景にあるからなのかもしれない。 その、北斎の作品がみられるのが小布施郊外にある岩松寺と、町の中心部にある北斎ミュ...
ヤンゴンからバガンへ夜行列車の旅 今回のミャンマー旅行で一番気になっていたのはヤンゴンからバガンまで夜行列車の旅。 日本では列車の旅というと、新幹線で単なる移動か、豪華寝台列車でセレブ旅という二極化がすすんでいる感じだが、ミャンマーはまだまだ旅情ある夜行列車の旅というものが味わえる。 ヤンゴン~バガン間の夜行列車は定時で...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください