20140212-1749-28-5058バガンに来ると、朝陽と夕陽をどこでみようかというのは悩ましい問題である。で、夕陽のポイントとして僕がすごいよかったのはこの船旅で船から眺める夕陽の風景。

別に船からみたって・・と思ったのだが、これがすごいきれいでのんびりしてしまった。

エーヤワディー川(イラワジ川)のサンセットクルーズ船の発着はオールドバガンにあるたまねぎみたいなオブジェがあるブーパヤー寺院のあたりで、寺院前に行くと「船、乗らね?」みたいに客引きがやってくるので交渉するといいかと思う。

ちなみに、僕は1,200チャット(120円)で乗ることができた。客引きは1時間いくらみたいな言い方をするのだが、だいたいは60~90分くらい乗ることになるのだと思う。

これで、船一艘貸し切りだし、すごい安い!てか、大丈夫だろうかとか思ったのだが全然問題なかったし、乗ってみて安い理由がわかった。

船はまず15分くらいかけてエーヤワディー川をニャウンウーの方にむけて遡っていく。太陽の光をあびているバガンの方は仏塔がみえたり、家から夕食の準備をする煙がみえたりして長閑とした風景。

20140212-1739-12-5045

対岸の方はといえば、ちょっと高台になっていることもあるのだが、まったく人家もなにもみえない。どうも、だいぶ奥の方までいかないと村とかないみたいだ。何年か前に行ったバラナシでのガンジス川の風景みたい。川の砂州の反対側はまったく生活の気配がない。

太陽はそんな広大な風景のなかでちょっとずつ傾いてきている。

で、ほどよき頃になると船はエンジンをとめてしまう。そして、川の流れのままに少しずつ下っていくのだが、これが気持ちがいい。エンジン音がないので静かな流れにどっぷりと囲まれていて、川面を吹き抜ける風も涼しくて気持ちがいい。

出発前にレストランでビール買っていたので、ビールを飲みながら遠くを行き交う船やちょっとずつ色の変わっていく空の色を眺めたりしている。この間の記憶があまりないんだが、たぶんなにも考えてなかったんだろうな。そんな風にさせる風景。だんだんと少し眠くなってしまうのはビールのせいだけじゃないはず。

20140212-1759-18-5085

船頭さんはすっかり昼寝してしまっていて、この船どこに行くんだろう・・とか思っていたのだが、60分ちょっとで出発地点のすぐそばまで戻ってくるというのがすごい。あんま考えなさそうに船を動かしているようにみえて、じつは慎重に川の流れの向きとかまで考えているのだろうか。

120円のささやかなサンセットクルーズなのだが、ここでしか味わうことができない貴重なものだと思う。

船着き場にもどってきたときには日は沈んでいて夜がはじまりかけていた
船着き場にもどってきたときには日は沈んでいて夜がはじまりかけていた

Related Post

クアンシーの滝はラオスの九寨溝みたいなところ... ルアンパバンでレンタルバイクを借りて向かったのはクワンシーの滝(Kuang Si Falls)。それほど難しくもない田舎道をのんびり走るルートなので、バイクを借りてのんびり行くにはうってつけのところ。ツアーで行くのも安上がりなんだけど、自分で運転する自由さにはかえがたい。 ルアンパバンの市街か...
最後にみた「再構築」の風景、越後妻有「大地の芸術祭」... 今回の旅でもっともみたかったものを観に行く。使われなくなった小屋をリノベーションしたこの作品は2006年にうまれて、それから冬の間は雪囲いで保護されて、夏はまわりの風景をうつしだしてきて、越後妻有の作品群のなかでも最も有名なもののひとつになっている。 思っているよりだいぶ小さな小屋は遠くからみ...
ヤンゴン街歩き、タクシー事情など 2014年最初の旅はミャンマーへ行ってきた。バンコクからエアアジアを利用してヤンゴンへ到着。 2月くらいのヤンゴンは朝霧が出ることが多いみたいで、僕が乗ったヤンゴンへの朝便も2時間くらい遅延してしまった。 ヤンゴンの空港をでて空気を感じたときに思ったのは、意外に湿度が低くて涼しいという感...
最後の教室 – ちょっと恐くて幻想的な世界観... 越後妻有で開催されている大地の芸術祭でオープンしている美術館。このあたりの定番である廃校を再利用した建物にさまざまな作品やインスタレーションが展示されている。 入場料金は芸術祭のパスポートを利用しない場合は1回500円。 駐車場を降りると、建物から「どんっ、どんっ」と心臓の鼓動みたいな音...
ソンブーン・シーフードはラチャダー店が立地抜群でおすすめ... バンコクを訪れる観光客にとって最も人気があって、かつおいしいレストランのひとつであるソンブーン・シーフードに行ってきた。 最も有名なのはスラウォン本店なのだけど、立地からいうとMRTフワイクワーン[Huai Khwang]駅の3番出口目の前にあるラチャダー店が便利ということを今回泊まってたシタ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください