バスの荷物チケット
バスの荷物チケット

当初の予定では、バガンからマンダレーまでは飛行機で移動する予定だったのだが、なんとかバルーンフライトに乗り込むために急遽予定変更を行った結果、フライトをキャンセルしてバスでの移動となった。

キャンセルしたのは、KBZとかいう航空会社のフライトだったのだが、前日でも問題なくキャンセルができたのがすごい。

バガン~マンダレーのバスはバガンを午前6~8時くらいに出発するものがほとんどで、午後は14:30,16:30くらいと本数が少なかった。前日に予約したのだが、途中で乗り降りがあったりしたが、バガンから乗る分にはそれほど予約とりづらそうという印象はない。

バスはヒュンダイ製だった
バスはヒュンダイ製だった
チケット売り場の女の子、てきぱきとしたクールビューティー
チケット売り場の女の子、てきぱきとしたクールビューティー

バスの予約時にホテル名をいっておいたら、バスの出発時間にあわせてホテルまでタクシーがピックアップしてくれた。結構サービスいいな。

バスは古いヒュンダイ製で、結構狭苦しいがまあまだマシな部類だと思う。

ただ、閉口してしまうのはバスが走っている間中ずうううううっと、延々とDVDでミャンマー歌謡ショーが爆音で流され続けたこと。日中の間走るバスは注意が必要だ。

しかし、4 Non Blondes「What’s Up」がミャンマー語でカバーされていたとは・・、ひさびさに聴きたくなってしまった。

バスの車内ではひたすらミャンマー歌謡が爆音で流れ続けている
バスの車内ではひたすらミャンマー歌謡が爆音で流れ続けている

バガン~マンダレー間のバスはむかしは10時間近くかかったこともあったようだが、現状では5時間ちょっとというところ。

バスターミナルで5時間半で着くよっていわれて、そのあとずっと県道みたいな古い道をのんびり走っていたり、途中で運転手が噛みタバコ買うので休憩したりしていて、ぜったい8時間くらいかかるだろうと思っていたのだが、途中から立派な高速道路を120キロくらいで疾走して時間を取り戻して結果、5時間ちょっとだった。ミャンマーのバスはこの高速道路と普通の道路のギャップがすごいな。。

今回、タクシー、鉄道、バスと色んな方法で都市間を移動したが、それぞれに面白い体験があった。バスはやはり裏通りを走っているときが面白い。

急にバスが止まってしまい、なにがあったのだろうと外をみたら、日傘を差しながら馬に乗っているお兄ちゃんが通り過ぎていった・・・。どうやら、祭りに遭遇したみたいだ。こういう突然の出会いとか遭遇はバス旅ならではかなあって思う。

20140213-1541-22-1328

祭りに遭遇
祭りに遭遇

マンダレーでは市街地から南側に離れたバスターミナルに到着する。バスを降りるとタクシーの客引きが沢山あらわれるので、その人達と交渉をすることになる。僕はためしに大通りまで出てみたが、夕方は流しのタクシーはまったく走っていなかった。

バスターミナルから市内(マンダレー駅近く)までは300円くらいで行ってくれた気がする。

ミャンマーにおいてバスでの移動はメインの手段となるので、とてもシステマチックに誰でも利用できる仕組みになっていた。本数も多いし、時間も結構正確なので利用価値は高いと思う。

Related Post

バゴー寺院巡りの旅 ヤンゴンからぎりぎり日帰りできるところにあるチャイティーヨーのゴールデンロックへの参拝。これにあわせて行けるのがヤンゴンの東70kmにあるバゴーという町。 ここでは寺院巡りをするというのが旅のスタイルとなる。結構駆け足で巡ったので数時間の滞在となってしまったが、のんびりした雰囲気のところなので...
電動自転車でいくバガン寺院めぐり バガンの寺院巡りをする際に活躍するのは電動自転車の活用になる。 自転車といっても日本にあるようなアシスト的なものじゃなくて、原付電動バイク(ペダル付き)という感じのもので、時速30キロくらいまで出すことができる。 今回の旅で僕ははじめて電動ではあるけれど、バイクを運転してみたのだが、これ...
チャイティーヨー日帰り巡礼の旅 ゴールデンロック周辺はかなり開発されている ヤンゴンまできたなら、ちょっと無理してでもチャイティーヨーのゴールデン ロックを見た方がいいよというミャンマー人の熱烈なオススメもあって行ってみた。 移動はこちらに住んでいるミャンマー人の知り合いの方が車を出してくれたので、公共交通機関を一切...
A Little Bit of Bagan(バガン)は雰囲気重視だが、それ以外はなにもない... バガンの寺院巡りからの帰り道、ニャウンウーで食事を取ろうかと思って、表通りにあってオシャレそうな店だなと思って入ったレストラン。 木の枝とか天井からイサムノグチのAKARIみたいなペンダントライトがつり下がっていてかなりおしゃれで、ヨーロピアンな観光客とかが好きそうな感じ。お客さんはまばらに入...
Aroma 2(バガン)はビルマ料理に飽きたらおすすめのインド料理レストラン... スタッフは美男美女そろい ミャンマー料理(ビルマ料理)はピーナッツの油を多用しているのと、味付けが単調なこともあり、わりとあっさりと食べ飽きてしまうことがある。茶葉料理はおいしかったのだが、さすがに飽きてしまって、かつ夕食に訪れたA Little Bit of Baganがあまりにひどかった...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください