ホテルはマンダレー駅そば(写真は派手なマンダレー駅)
ホテルはマンダレー駅そば(写真は派手なマンダレー駅)

ミャンマー旅行で最後に泊まったホテル。チェックインが夜で、翌朝にはチェックアウトしてしまったため、あまり印象はないのだが悪くないホテルだとは思う。

場所はマンダレー駅近くで歩いて5~6分のところにある。下町のような雰囲気のところで、夜も21:00過ぎくらいまで人通りがあるし、屋台などもあいているので利便性は高い。とくに治安に不安なところはなかった。

ちなみに、マンダレーのバスターミナルからはタクシーで10分くらい。500円くらい払ったと思う。ホテルから郊外にあるマンダレー国際空港まではホテルで頼んだタクシーで12.5万チャット(1250円)で、これはまあ妥当なところみたい。空港までは車で1時間くらいかかるものの、チェックインカウンターがひらくのが出発1時間前からなのでホテルを出る時間はそう焦ることもない。

スイートルーム

 

リビングスペース
水回りはがっかり

部屋に関しては、アップグレードされて最上階のスイートルームになったのだが、部屋は広いものの、あまり利用されていないのかカビ臭かったし、水回りもちょっと臭くて気になった。少なくとも、自分からすすんでスイートに泊まる価値はない。

屋上はレストランになっていて、朝食と夕食が提供されていた。

ディナータイムはミャンマーの伝統音楽とか人形劇なんかをやってくれる。ディナーの食事自体はちょっと高い割にはたいしたことないな・・というところなのだが、20:00からはじまる人形劇というのが演者の女の子ががんばっていて、ストーリーはいまいち理解できないものの楽しい。

マンダレーのホテルでみた人形劇。かわいい。

ちなみに、朝食食べているときに気がついたのだが、屋上のレストランはマンダレーの市街地を一望できるところにあるため、片隅に望遠鏡がセットされていて、いろいろみてみてくださいなっていうことをやっていた。なんか・・のぞき見しているみたいで気がひけるんだけど。

マンダレーの街並み

今回、他のホテルの状況とかはまったくみていないのでなんともいえないが、このホテルがトリップアドバイザーでベストバジェットホテルに選ばれた理由はスタッフのホスピタリティかなあ・・。少なくとも客室の快適さではないなと思った。

レセプションのスタッフはてきぱきしてて親切

予約はこちら
ホテル ヤダナボン (Hotel Yadanarbon)
住所:No.125, 31st, Between 76th & 77th St, Chan Aye Thar Zan Township, Mandalay, Myanmar., 31st St, Mandalay

Related Post

イエローサブマリン(Siem Reap) – 小さいながらもキラリと楽しいハンバーガー... シェムリアップのバーストリートから裏通りにはったところにある小さな建物。イエローサブマリンの看板が目印のレストラン。 1階はバーになっていて、結構おしゃれ目な人たちが集まってきている。観光客の多い表通りとはちがって、こちらではシェムリアップ在住の人たちも結構来ているみたい。 理由としては...
ビジネスホテル サンシティ2号館 – 佐賀駅周辺で泊まるならここでいいかなって思えるとこ... いままで佐賀には何回か来ていて、だいたい駅前のビジネスホテルに泊まっている。観光で来ているのにビジネスホテルに泊まるという行為に対してなにかこう、背信的なものがあり後ろめたい。でもまあ、仕方がない。なにせ安いんだもの。 泊まってきたホテルとしては佐賀駅南口のルートイン(新しくていいホテルだった...
宮原眼科で楽しむスイーツ 台中でどこか一カ所だけ訪れることができるというのであれば、僕としては彩虹眷村よりもこちらの宮原眼科を推薦したい。お店の雰囲気も店内の豪華な装いも必見。 ちなみに、眼科というのは名前だけで、お店の業態としてはスイーツ店とカフェが併設されている。ものすごい昔は眼科だったらしいのだが、こんな日本橋三...
Little Cottage Café(ペナン)はインド人がやっているイタリアン... インド人がイタリア料理店をやっていて、パスタ片手にやってきたときには、偏見だとは思うけれど、すごい違和感を感じてしまった。 Foursquareでこのあたりの人気レストランと出ていたので、来てみたところ。たしかに地元の人で賑わっていて僕がはいったあとは満席になってそのあと来たお客さんは断ってい...
ぎんえん – 佐賀まちなかバル2軒目... 佐賀街なかバルでの食べ歩き二軒目。ふく手羽から徒歩5分くらいのところにある寿司屋さんに行ってみた。 実質700円で握りと日本酒を一杯もらえるのであれば、これ以上のコストパフォーマンスはないだろう・・という思惑のもとに訪れてみたのだが、たしかに軽く食べるにはいいところだなという印象だった。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください