ホテルはマンダレー駅そば(写真は派手なマンダレー駅)
ホテルはマンダレー駅そば(写真は派手なマンダレー駅)

ミャンマー旅行で最後に泊まったホテル。チェックインが夜で、翌朝にはチェックアウトしてしまったため、あまり印象はないのだが悪くないホテルだとは思う。

場所はマンダレー駅近くで歩いて5~6分のところにある。下町のような雰囲気のところで、夜も21:00過ぎくらいまで人通りがあるし、屋台などもあいているので利便性は高い。とくに治安に不安なところはなかった。

ちなみに、マンダレーのバスターミナルからはタクシーで10分くらい。500円くらい払ったと思う。ホテルから郊外にあるマンダレー国際空港まではホテルで頼んだタクシーで12.5万チャット(1250円)で、これはまあ妥当なところみたい。空港までは車で1時間くらいかかるものの、チェックインカウンターがひらくのが出発1時間前からなのでホテルを出る時間はそう焦ることもない。

スイートルーム

 

リビングスペース
水回りはがっかり

部屋に関しては、アップグレードされて最上階のスイートルームになったのだが、部屋は広いものの、あまり利用されていないのかカビ臭かったし、水回りもちょっと臭くて気になった。少なくとも、自分からすすんでスイートに泊まる価値はない。

屋上はレストランになっていて、朝食と夕食が提供されていた。

ディナータイムはミャンマーの伝統音楽とか人形劇なんかをやってくれる。ディナーの食事自体はちょっと高い割にはたいしたことないな・・というところなのだが、20:00からはじまる人形劇というのが演者の女の子ががんばっていて、ストーリーはいまいち理解できないものの楽しい。

マンダレーのホテルでみた人形劇。かわいい。

ちなみに、朝食食べているときに気がついたのだが、屋上のレストランはマンダレーの市街地を一望できるところにあるため、片隅に望遠鏡がセットされていて、いろいろみてみてくださいなっていうことをやっていた。なんか・・のぞき見しているみたいで気がひけるんだけど。

マンダレーの街並み

今回、他のホテルの状況とかはまったくみていないのでなんともいえないが、このホテルがトリップアドバイザーでベストバジェットホテルに選ばれた理由はスタッフのホスピタリティかなあ・・。少なくとも客室の快適さではないなと思った。

レセプションのスタッフはてきぱきしてて親切

予約はこちら
ホテル ヤダナボン (Hotel Yadanarbon)
住所:No.125, 31st, Between 76th & 77th St, Chan Aye Thar Zan Township, Mandalay, Myanmar., 31st St, Mandalay

Related Post

ターミナル21 – 絶対におすすめのショッピングモール... ロンドン階にあるTシャツのお店 2011年秋にオープンしてから、バンコクで大人気のショッピングモールになっているターミナル21。 空港をテーマにしていて、入口には微妙によれよれなパイロットの衣装を着た警備員が敬礼してくれている。 で、各フロアごとにパリとか東京とかイスタンブールと...
ダ・ミケーレの裏メニュー マルゲリータ、ふつうのやつ 恵比寿のあたりでピザといえばダ・ミケーレ。前にブログ書いてからもちょこちょこと行っていたのだけれど、頼むと普通につくってくれるのだけれど、メニューにのっていないピザがあることが判明。これって裏メニューっていうのだろうか。 夜に訪れたのだけど、21時過ぎくらい...
中の小路 そば勢 – 佐賀まちなかバル4軒目... 佐賀まちなかバルの四軒目。結構満足感があがってきました。というか、このあと佐賀駅の反対側にあるホテルまで帰るのがつらそうだ。と思いつつも、だんだんと駅から離れてきている次第。 さっぱりしたのが食べたいなと思って来てみたのは、佐賀市街の中心地にある玉屋という百貨店に入っている「そば勢」というお店...
Chiv Lang Restaurantはあまりおすすめしないケップのレストラン... ケップの随一の観光地であり、ほぼ唯一のグルメスポットであるKep Crab Market。市場の横には食堂が並んでいて、どこのレストランも一応オーシャンビューとなっている。 気分的にはオーシャンビュー、実際のところは波打ち際に掘っ立て小屋という感じなのだけど。 オーシャンビューなレスト...
本庄うなぎ屋 – 佐賀で食べる鰻ならここ... 佐賀で夕食に鰻を食べるとなって、友人に連れてきてもらったお店。場所は佐賀市郊外にあり、車を使わなければ来られないところなので、旅行であればレンタカーなどで来るのがいいと思う。また、飲食店にしては閉店時間が比較的早いので注意が必要。 九州で鰻といえば柳川のせいろ蒸しなのだけど、佐賀で食べる鰻のせ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください