ヤンゴンの街並み
ヤンゴンの街並み

※この情報は2014年2月時点のものとなります。

ミャンマーを旅するにあたり、いろいろと情報を集めていたのだが、モバイルの通信事情がかなり悪そうだということだったので、成田空港でWifiをレンタルしてもっていった。
借りたのはテレコムスクエア(http://www.telecomsquare.co.jp/)で、1日1,700円という料金体系。たとえ、ミャンマー旅行期間が7日間であったとしても、レンタル期間は日本出入国の長さになるので結構損した気分になる。

で、結論からいうとレンタルWifiはあって便利なこともあったけれど、必須なものではないし、地方を旅する際にはまったく使えないという状況だった。その代わりに、ホテルやレストランなどのフリーWifiは、それなりの速度が出るので現地での通信としてはこれで問題ないんじゃないかと思う。

今回、テレコムスクエアのWifiルーターを利用したエリアごとの状況は以下の通り。

  • ヤンゴン:3G、問題なく快適な通信環境。
  • ヤンゴン郊外:3G、とりあえずネットに接続できる。
  • チャイティーヨ:2G、レンタルWifiの利用は実質不可。ただし、レストランなどのフリーWifiがつながる。
  • バゴー:一部3Gだが、大半のエリアでは接続は厳しい。
  • ヤンゴン~バガン間の鉄道:基本2G、通信環境としては厳しい。LINEが2G環境で利用できないことを知る。
  • バガン:大部分で3G。ヤンゴンほどではないが、それなりに利用できる。
  • マンダレー:3G回線。ただし、通信速度は遅い。

ちなみに、空港には現地のSIMカードがあったのだが、これはレンタルという形式らしく、出国時に返還するみたいだ。そして、通信速度に制限がかかっているらしくかなり遅いみたい。

こう考えると、現時点ではミャンマーは現地のフリーWifiを渡り歩くというのが現実的じゃないかと思う。

テレコムスクエアのサイトはこちら

Related Post

ターミナル21 – 絶対におすすめのショッピングモール... ロンドン階にあるTシャツのお店 2011年秋にオープンしてから、バンコクで大人気のショッピングモールになっているターミナル21。 空港をテーマにしていて、入口には微妙によれよれなパイロットの衣装を着た警備員が敬礼してくれている。 で、各フロアごとにパリとか東京とかイスタンブールと...
バガンを気球で飛んでみる 今回の旅でミャンマーに来てみたのは、朝もやのバガンの寺院群の上を飛んでいく気球をみて、それに乗ることができるのを知ったから。 現地の旅行会社を通じてBalloons over Baganに予約をいれてバガンへと向かったのだが、いろいろなことがあり、結局はちがうバルーン会社の気球に乗ることになっ...
ハノイのノイバイ空港でSIMカードを購入... SIMカード売り場 トランジットで1日しか滞在しないけれど、あると圧倒的に便利なのでSIMカードを購入。現地でSIMカードを手に入れるようになってから、ガイドブックを買うことがなくなった。 ノイバイ空港でのSIMカードは空港の荷物受け取り過ぎて、出入り口に向かって左側の端にあった。基本...
シタディーン スクンビット23 バンコクに宿泊... ミャンマーからデモで封鎖気味のバンコクに戻ってきて、今回はスクンビットでアソーク交差点の北側に泊まることにした。 いつもであれば、アソーク交差点の南側にある同じシタディン系のシタディーン スクンビット16に泊まるのだけど、交差点が封鎖されてしまっている現状では、南側よりちょっと栄えていて高速道...
台北バスとスマホ旅 愛用しているSIMフリーのNexus4 むかし(といっても10年くらい前)は旅に出るとなると地図を買って、街中で迷いさまよい、疲れてタクシーに乗ってしまう・・とかだった。列車での移動もしっかり何度も時刻表を確認したり、駅の窓口で尋ねたりしていたり。 それが8年くらい前になるとGPSが搭...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.