ヤンゴンの街並み
ヤンゴンの街並み

※この情報は2014年2月時点のものとなります。

ミャンマーを旅するにあたり、いろいろと情報を集めていたのだが、モバイルの通信事情がかなり悪そうだということだったので、成田空港でWifiをレンタルしてもっていった。
借りたのはテレコムスクエア(http://www.telecomsquare.co.jp/)で、1日1,700円という料金体系。たとえ、ミャンマー旅行期間が7日間であったとしても、レンタル期間は日本出入国の長さになるので結構損した気分になる。

で、結論からいうとレンタルWifiはあって便利なこともあったけれど、必須なものではないし、地方を旅する際にはまったく使えないという状況だった。その代わりに、ホテルやレストランなどのフリーWifiは、それなりの速度が出るので現地での通信としてはこれで問題ないんじゃないかと思う。

今回、テレコムスクエアのWifiルーターを利用したエリアごとの状況は以下の通り。

  • ヤンゴン:3G、問題なく快適な通信環境。
  • ヤンゴン郊外:3G、とりあえずネットに接続できる。
  • チャイティーヨ:2G、レンタルWifiの利用は実質不可。ただし、レストランなどのフリーWifiがつながる。
  • バゴー:一部3Gだが、大半のエリアでは接続は厳しい。
  • ヤンゴン~バガン間の鉄道:基本2G、通信環境としては厳しい。LINEが2G環境で利用できないことを知る。
  • バガン:大部分で3G。ヤンゴンほどではないが、それなりに利用できる。
  • マンダレー:3G回線。ただし、通信速度は遅い。

ちなみに、空港には現地のSIMカードがあったのだが、これはレンタルという形式らしく、出国時に返還するみたいだ。そして、通信速度に制限がかかっているらしくかなり遅いみたい。

こう考えると、現時点ではミャンマーは現地のフリーWifiを渡り歩くというのが現実的じゃないかと思う。

テレコムスクエアのサイトはこちら

Related Post

台北バスとスマホ旅 愛用しているSIMフリーのNexus4 むかし(といっても10年くらい前)は旅に出るとなると地図を買って、街中で迷いさまよい、疲れてタクシーに乗ってしまう・・とかだった。列車での移動もしっかり何度も時刻表を確認したり、駅の窓口で尋ねたりしていたり。 それが8年くらい前になるとGPSが搭...
エアアジアで行くミャンマー(ヤンゴン、マンダレー路線)搭乗記... 旅に出るからには、できれば同じルートを避けていきたいもの(だと思うんだけど・・)。 今回のミャンマー旅行はバンコク起点で、バンコク~ヤンゴン~バガン~マンダレー~バンコクというルートで進んでいった。僕としては理想的なひと筆書きルート。 ということで、エアアジアの搭乗記。バンコク~ヤンゴン...
ヤンゴン街歩き、タクシー事情など 2014年最初の旅はミャンマーへ行ってきた。バンコクからエアアジアを利用してヤンゴンへ到着。 2月くらいのヤンゴンは朝霧が出ることが多いみたいで、僕が乗ったヤンゴンへの朝便も2時間くらい遅延してしまった。 ヤンゴンの空港をでて空気を感じたときに思ったのは、意外に湿度が低くて涼しいという感...
ユナイテッド航空(成田~バンコク)搭乗記と機内Wifi接続サービスについて... 2013年11月のロイクラトンにあわせて、ちょっとタイに行ってきた。これでもう何度目のタイなのか記憶がないのだが20~30回くらいは行っているような気がする。 しかし、僕のこの旅行スタイルも変化が訪れるかもしれない。 利用しているのは、ほぼ毎回ユナイテッド航空の便なのだが、成田~バンコク...
桃園空港でSIMを買う、台湾モバイル事情... いつもは台湾に入国しても、はやく移動したくて面倒なので携帯通信はローミングでいいやって感じだったのだが、今回はわりと長い日程(4泊5日)だったのと、乗ってきたスクートのフライト時間が夜着に変更になってしまったので、もう急ぐこともないな・・ということで桃園空港でSIMを手に入れることにした。 S...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください