20140215-1815-57-1511スクンビットのターミナル21をはじめとして、結構あちこちにあるタイスキレストランの有名店。

このお店って九州を中心に日本にも出店をしていて、同行者は「これって日本のレストランですよね」といっていた。が、ちがいます。タイ資本のレストランなのです。しかも、かなりタイでメジャーなレストランなのです。

でも、サービスの体系や店内の雰囲気などは日本スタイルを踏襲しているような感じで、たしかに日本のレストランといってしまいたくなる気持ちもわかる。

メニューは日本語のものもあるので旅慣れていない人でも問題なくオーダーできる。料金体系的には少し高めだな・・と思ってしまうのだが、観光客でも安心して食べられる無難なレストランということであればこんなものなのだろう。

ところで、食べに行ってなんなのだが、僕はあまり印象が残っておらず、ここ行くなら・・まあソンブーン・シーフードとか行っちゃうよなというところ。

たぶんこれは、家族旅行とかでわいわいと鍋を囲みながら食事するというときに楽しいところなのだなと思った。

20140215-1820-12-1514

Related Post

タパス モラキュラーバーで分子料理体験... 以前より気になっていた分子料理(分子ガストロノミー)を体験するため、ついにマンダリン オリエンタル 東京にあるタパス モラキュラーバー(Tapas Molecular Bar)に行くことができた。 分子料理とは、世界一予約のとれないレストランとして有名なスペインの『エル・ブリ』で生み出された化...
恵比寿でマッサマンカレーといえばガパオ食堂... お店は恵比寿の裏通りの2階にある CNNのサイトで2014年に「世界で最もおいしい50種類の食べ物」の第1位に選ばれてから俄に注目が集まっているタイ南部のマッサマンカレーを提供しているレストラン。 マッサマンカレー以外にも美味しいタイ料理が食べられるのでおすすめなのだけど、辛いものが苦...
圧倒的な存在感の板そばが出てくる「伊勢そば」にいってきた... あらきそばの板そばをみていて「なんていうか、これは蕎麦っていうかそば粉で作ったうどんじゃね」と常々思っていた。しかし、そんなものはまだかわいいものだったなとわかった日。 それくらい、圧倒的に存在感のある極太の蕎麦が出てくる。これは蕎麦じゃなくて・・・棒だろう、みたいなのが。山形の蕎麦に対する価...
The Speakeasyでモヒート、食事は普通な感じ... 今回のバンコクでHotel Museに泊まったのは、屋上にあるThe Speakeasyのバーを堪能したいからということもある。滞在していれば、バーの利用を部屋につけておくこともできるので、より気楽な楽しみ方ができる。 前回の訪問:The Speakeasy – バンコクでいま行くべきなルーフ...
大福 – 通な雰囲気の広島お好み焼屋さん... 街を歩いていて、Google Mapで発見。こんな場末のスナックとかあるような雰囲気のところにあるのか?と思ったら本当にあった。 カウンターだけのお店で、すっごい無口な男性の方がひとりでもくもくと焼いています。肉玉そばが450円で瓶ビールが500円。1,000円で満足できるというステキなお店。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です