20140215-1815-57-1511スクンビットのターミナル21をはじめとして、結構あちこちにあるタイスキレストランの有名店。

このお店って九州を中心に日本にも出店をしていて、同行者は「これって日本のレストランですよね」といっていた。が、ちがいます。タイ資本のレストランなのです。しかも、かなりタイでメジャーなレストランなのです。

でも、サービスの体系や店内の雰囲気などは日本スタイルを踏襲しているような感じで、たしかに日本のレストランといってしまいたくなる気持ちもわかる。

メニューは日本語のものもあるので旅慣れていない人でも問題なくオーダーできる。料金体系的には少し高めだな・・と思ってしまうのだが、観光客でも安心して食べられる無難なレストランということであればこんなものなのだろう。

ところで、食べに行ってなんなのだが、僕はあまり印象が残っておらず、ここ行くなら・・まあソンブーン・シーフードとか行っちゃうよなというところ。

たぶんこれは、家族旅行とかでわいわいと鍋を囲みながら食事するというときに楽しいところなのだなと思った。

20140215-1820-12-1514

Related Post

大多喜ハーブガーデンでのランチは至福のひととき... 昔からハーブを育てていて、通っているところ。ハーブ関連の苗や種が多いし、併設されているレストランの料理も美味しい。ここで過ごす休日のひとときは完璧に気持ちがいいものだと思う。 大多喜ハーブガーデンへのアクセス 房総半島のまん中あたりにあるので、結構不便なところではある。電車とバスを使って...
唐閣(T’ang Court)で香港ミシュラン三つ星ランチをいただく... 今回の週末香港旅のハイライトみたいな尖沙咀の唐閣(タンコート)でのランチ。 フォーシーズンズに入っている龍景軒も気になっていたのだが予約がとれず、6店舗ある香港ミシュラン三つ星レストランのうち、もっとも手軽な感じのある唐閣へ予約をいれてみた。予約は日本語でオンライン予約できるグルヤクにて行った...
ラ・サール レストラン(薩摩川内)で夕食... 山小屋みたいな外観 さて鹿児島に到着。鹿児島といっても、親戚が住んでいる薩摩川内に来ているのでちょっと離れているのだけど。 鹿児島を旅していて面白いなって思うのは、ここにはまだ大手のファミレスが進出してきていないので、地元の家族的経営な本当のファミリーレストランが残っているということ。...
オストレア(恵比寿)- 牡蠣好きのランチにはたまらない... イビチャ・オシムが「リスクのないサッカーなんてつまらない、人生と同じだ」といっているように、リスクがあっても美味しいものは食べるしかないと思っている。人生と同じである。 で、僕は過去に2度ほど牡蠣にあたったことがあるのだが、それでも牡蠣が好き。 入口には牡蠣のショーケース そんな...
Pier 21(Terminal 21内)のフードコートは手軽でおすすめ... 夏場に着るTシャツとかを買いに行くためBTSに乗ってアソークのTerminal 21まで。買ったのは前にも紹介していたパンダの柄のシャツだったりする。 そしてランチはこのショッピングモールの最上階にあるフードコートで食べることにした。サンフランシスコをイメージした内装はカジュアルで値段も手頃。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください