池波正太郎のエッセイにもたびたび出てきていて気になっていた池之端の藪蕎麦に行ってきた。

週末のランチに行ったのだが、混み合っているものの回転がはやいので並ぶまではいかない状況。

場所は上野から湯島に抜けるところなのだが、まわりは風俗街でちょっと夜は歩きたくないなという感じではある。まあ、こういう禍々しいところが上野のよさでもあるとは思うけれど。

店内は外の喧噪とはちがって静か。店員さんもてきぱきしている。

頼んでみたのは、鴨南ばん蕎麦と、天ぬきというもの。天ぬきってなんだろうと思っていたのだが、海老のかき揚げをだしに浮かせたもので、かき揚げ蕎麦から蕎麦だけ抜いたものということらしい。

外観
天ぬき

で、この天ぬきがあっさりしていて美味い。蕎麦まで食べるにはちょっとおもいけれど、だしとかき揚げは楽しみたいな・・というわがままを叶えてくれる一品だと思う。ぜひ頼んでみるべし。

もう一つの鴨南ばんも焼き葱と共に煮込まれていて、もう身体があたたまってうまい。蕎麦自体はよく言えばクセがない、悪くいえば印象が薄いものではあるけれど、この鴨南ばんに対しては、鴨のよさを引き出すためにも蕎麦の主張が薄いのがいいなって思う。

しかしまあ、なにより一番いいのは藪蕎麦という老舗の蕎麦屋が続いていて、自分もそこで蕎麦を楽しむということが、歴史に関わっているような気分になってわくわくするということだ。

鴨南ばん

【2017年2月追記】2016年時点で閉店をしたとのこと。1954年からの長きにわたり名店だったお店だっただけに残念。。

池の端藪蕎麦
住所:東京都文京区湯島3-44-7 堀田ビル
時間:[月~土]11:30~14:00(L.O)、16:30~20:00(L.O) [日・祝]11:30~20:00(L.O)
休み:水曜日

Related Post

穴子といえば「うえの」 – 宮島で食事するならここ... 広島旅行のハイライトのひとつといえば宮島への小旅行。そのなかで食事をどうするのかといえば、それが冬であれば牡蠣とかいいと思うけれど、それ以外の季節であれば穴子はおすすめ。 と書きつつ、僕はこんなに穴子がおいしいとは知らなかったのだが。 宮島でやたらと人気店になっている「うえの」に行ってみ...
昭和な雰囲気がすごい浅草の居酒屋「福ちゃん」... メトロの浅草駅の改札を出てすぐの所にある日本でもっとも古い地下街。そこの入口にあるのが福ちゃんというカウンターだけの居酒屋のような食堂。 昼から普通にビール飲んでても違和感がないのは地下のせいだ、きっと。 アクセス メトロの浅草線駅でもっとも東武線側の改札(先頭車両の端)に...
小布施 竹風堂の栗おこわは絶品 小布施というと栗が有名で、この街随一の名門である小布施堂の家紋もかわいい栗マーク。 秋になればモンブランを求めて長蛇の列なのだが、そんな小布施には他にも栗を味わえるお店がいくつもあって、今回はそのなかで竹風堂の栗おこわを買って食べてみた。 8月といえば、栗はもうシーズン外なのだけど、ここ...
鮨一新(溜池山王)で限定の高級寿司コースを体験... IT企業のなかでも比較的業績のいい会社を限定して展開している関東IT健保なる健康保険組合がある。 IT業界ときけばっていうところだが、若い加入者がメインであり多くは病院にも行けなさそうなくらいのハードワーク。ということで、世の中の健康保険組合の苦境をよそにかなり豪華なビルに入っていたり、高級な...
信濃大町駅にある「カタクリの花」で朝食に蕎麦を食べる... 前日に呑み歩きをした後、結構疲労感が残ることもあり、日曜日は渋滞が始まる前に早めに帰路へ着くことにしている。 朝食は前年と同様に信濃大町駅まで歩いて行って蕎麦を食べることにした。 前回の訪問 信濃大町の朝食はこれでいいんじゃないかって思う - カタクリの花 信濃大町駅の待合室にあ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください