池波正太郎のエッセイにもたびたび出てきていて気になっていた池之端の藪蕎麦に行ってきた。

週末のランチに行ったのだが、混み合っているものの回転がはやいので並ぶまではいかない状況。

場所は上野から湯島に抜けるところなのだが、まわりは風俗街でちょっと夜は歩きたくないなという感じではある。まあ、こういう禍々しいところが上野のよさでもあるとは思うけれど。

店内は外の喧噪とはちがって静か。店員さんもてきぱきしている。

頼んでみたのは、鴨南ばん蕎麦と、天ぬきというもの。天ぬきってなんだろうと思っていたのだが、海老のかき揚げをだしに浮かせたもので、かき揚げ蕎麦から蕎麦だけ抜いたものということらしい。

外観
天ぬき

で、この天ぬきがあっさりしていて美味い。蕎麦まで食べるにはちょっとおもいけれど、だしとかき揚げは楽しみたいな・・というわがままを叶えてくれる一品だと思う。ぜひ頼んでみるべし。

もう一つの鴨南ばんも焼き葱と共に煮込まれていて、もう身体があたたまってうまい。蕎麦自体はよく言えばクセがない、悪くいえば印象が薄いものではあるけれど、この鴨南ばんに対しては、鴨のよさを引き出すためにも蕎麦の主張が薄いのがいいなって思う。

しかしまあ、なにより一番いいのは藪蕎麦という老舗の蕎麦屋が続いていて、自分もそこで蕎麦を楽しむということが、歴史に関わっているような気分になってわくわくするということだ。

鴨南ばん

【2017年2月追記】2016年時点で閉店をしたとのこと。1954年からの長きにわたり名店だったお店だっただけに残念。。

池の端藪蕎麦
住所:東京都文京区湯島3-44-7 堀田ビル
時間:[月~土]11:30~14:00(L.O)、16:30~20:00(L.O) [日・祝]11:30~20:00(L.O)
休み:水曜日

Related Post

豊田屋で痛風鍋と浅草無双 東京の東側、平井という総武線のなかでも飛びきり超マイナーなエリアにありながら、年々予約がとれなくなってきている居酒屋がある。 夏場は夕方くらいに行くと、いったいいつから飲んでいるんだっていうようなおじさん達がいて面白い。しかし、この居酒屋が本領を発揮するのは冬場の季節。とくに「あんこう鍋」が美...
和田浦の「笑福」は隠れた名店だと思う... お店の外観は小屋みたい 千葉の南房総にある和田浦地区、ここは抜群に美しいビーチがあってときどき訪れているのだけど、まさかこんなに美味しい料理店があるとは、と改めてびっくりした。 場所は和田浦港のすぐ目の前にある。小さくて鄙びた漁港は海の色も鮮やかで美しい。そんな漁港の片隅にあるのだが、...
札幌駅の地下街で寿司を食べる 北海道は普通のお寿司屋さんでも抜群にうまい!というのは都市伝説ではなくて本当のことだと思う。 札幌駅の地下街にある「花まる」というお寿司屋さんに立ち寄ったのだけど、普通にすごく美味しい。ミシュラン三つ星ってことで、「鮨 田なべ」にも行ったけれど、北海道らしいお寿司ってことであれば、ここでもいい...
バンコクのMBKとフィフス アベニュー フードホール... バンコクの電脳的オタクの聖地といえば、長い間有名となっているMBKショッピングモール。 最近はオタク向けというよりも携帯電話の修理と、海外から来たガジェット好き観光客のためのショッピングモールという趣が強い。 これによってたとえばSIMカードとかは普通に定価で売っているものが、なぜかここ...
白金商店街の「手打そば佶更」でランチを楽しむ... 白金商店街って山の手にある下町感があって好きなエリア。通りには車が行き交っていてやや忙しないけれど、散歩をしていて楽しいエリアだと思う。 手打そば佶更はその商店街のなかほどにあるところで、平日のランチであれば空いていてのんびりと楽しめるお店。 すぐ近くには同じく蕎麦店としてミシュランで星...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.