上諏訪の呑み歩きイベントに参加してきたのだが、2時間も呑み歩いているともう限界・・。ということで、そうそうと15時過ぎにはホテルにチェックインをした。

今回泊まったのは、諏訪湖畔にある「紅や」さんという温泉旅館。旅館というには大きなビルで温泉ホテルみたいな雰囲気ではある。諏訪駅からだと徒歩10分といったところかなあ。途中、狭い国道沿いを歩いたりするので、酔っ払いにとっては注意が必要。

外観の巨大さや、ロビーの大きさから団体客向けの大ざっぱな巨大ホテルという印象だったのだが、そこまでビジネスライクな感じはなくて、接客としてはやはり旅館という感じのアットホームさがあるのがいいなって思う。

お部屋は諏訪湖に面した部屋だったので、部屋に入って広々とした諏訪湖を見ると感動する。これは太陽があるうちにチェックインした方がいいホテルだな。

部屋にも小さなユニットバスがあるけれど、やはりちゃんと温泉に入りたい。ということで、温泉は最上階14階にあってお風呂につかりながら諏訪湖を眺めることができる。

泉質とかはよくわからないが、優しい感じでよくあたたまった。そして温泉から出たあと、部屋でのんびりと諏訪湖を眺めたりできるのがいいよな。

夕食は外で食べてしまったのだが、部屋に戻ってきたらきちんとお布団が敷かれていて、やはりここはきちんとした温泉旅館だなと実感。ホテルだとこうじゃないもの。

浴衣は部屋にサイズ別に沢山用意されているので、僕としてはすごく嬉しかった。いつまでもよれよれの浴衣を着続けるほど悲しいことはない。着替えができるバスローブ感覚で利用できたので気持ちよかった。

朝食はごく普通のホテルのバイキングといったところで、味もまあ・・普通ではあるが和食から洋食までのバリエーションが多くて驚いた。これだけ豊富であれば偏食があっても安心だと思う。

僕はなんでも食べちゃうので、朝から満腹になってしまったが・・。

一見すると団体客向け騒々しいがっかりホテルという感じなのだが、中身はちゃんとした温泉旅館というところでとてもいい旅館だと思うし、周囲にコンビニやレストランもあるので利便性の高いおすすめできるところです。

予約は楽天トラベルにて行った

上諏訪温泉 ホテル紅や

 

Related Post

直島のベネッセハウス宿泊記 一度は泊まってみたいなと思っていた直島のベネッセハウスに泊まってきた。 オーバルはすでに満室だったので、今回泊まったのは最も安くて最も新しく建てられたパーク棟に宿泊。 ロビー 部屋の目の間にはパンパグラスが風にゆれる丘があって、その向こうには瀬戸内海、そして遠く高松の町が一望でき...
「そばきり みよ田」(松本)は蕎麦がいただける居酒屋みたいな感じ... 上諏訪の呑み歩きに参加した翌日。そのまま戻るのももったいないが、あいにくの雨だったこともあり、行き慣れた松本へ移動してみることにした。 上諏訪から松本まではローカル線で30分ほど。わりと混んでいる。 大信州を呑んでみる 松本について帰りの特急の予約をしてから街に出たのだが、はやく...
「旅館 叶家」 信濃大町温泉にあるちょっと不思議な老舗旅館... 信濃大町で開催された「北アルプス 三蔵呑み歩き2013」へ参加するときに泊まった宿。イベントは信濃大町の駅周辺で行われていて、こちらの旅館叶家はそこから車で20分くらいいった大町温泉にある。 移動はバスがあるのだが、宿からバス停まで徒歩7~8分かかるのと本数が少ないため、今回はタクシーで移動。...
上諏訪街道 呑みあるきに行ってきた 東京で桜が一気に満開になった頃、もうすぐ春がやってきそうな諏訪へと行ってきた。 目的は上諏訪で行われている日本酒の呑み歩きイベントでのんだくれるため。僕としては北アルプス三蔵呑み歩きの印象が強いのだが、イベントの規模としてはこちらの上諏訪で行われているものの方が大きいみたい。 なにせ五蔵...
芦野温泉の日帰り温泉はなんだか不思議だけどおすすめ... 日帰りで那須まで出かけて、ちょっと疲れたなと日帰り温泉を探して行ってみた。那須と呼ばれているエリアからは外れていて、どちらかといえば大田原の方へ向かう感じのところ。 夜に行ったせいもあるけれど、周囲はなにもなく、芦野温泉へ向かう最後の交差点も「この先に温泉があるのだろうか、人の家の庭じゃないの...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください