カンボジアはほんの数年前までは外国人がSIMを買うのはかなり困難だったのだが、いまではタイと並んでツーリストがSIMを買うのが容易な国になっている。

シェムリアップでは空港の税関審査を過ぎた出口付近に携帯電話会社のブースがあって、そこでSIMを購入してセットアップしてもらえる。

シェムリアップ空港での携帯電話SIM販売ブース。どこで買っても大した差はないと思う。

カンボジアでは携帯電話会社が10社くらいあるらしくて、かなりの過当競争になっている。このため通信料は写真のごとくかなり安くて3G回線ではあるけれど30日間1.7GBまで利用できて2ドルとか、日本の感覚で考えても激安な料金体系。

これに通話とかSIM手数料をつけてもUS6ドルくらいなので一週間程度の滞在であればかなりお得にネット環境を確保できる。

通信料金。激安。

通信速度についても、とくに調べてはいないのだが、シェムリアップ周辺であれば安定して3G環境が整備されているようで、アンコールワットから20キロくらい北のエリアに滞在したときも普通にネットワークがつながった。

シェムリアップの街中では言及するまでもなく、まったく問題ないレベルだと思う。日本でレンタルWifi借りるくらいであれば、SIMフリーのスマートフォンをもって海外旅行した方が断然得だと思うんだけどな。

ただしSIMの利用開始には注意が必要で、空港でセットアップを依頼するも途中で投げ出しちゃうスタッフがいるため、携帯電話のセットアップ依頼をするにあたっては、OSの言語を英語にしておくことと、セットアップ完了後に自分で通信の疎通を確認しておくことをおすすめする。

保存

Related Post

フォーチュン モールはモバイルガジェット好き聖地である... もはやサイアムのMBKはモバイルガジェット好きにとって唯一無比の聖地ではないと、ここに確信した日の出来事。 ラマ9世エリアにあるフォーチューンモールはモバイル&PC関連のショッピングモールとしてはかなり巨大で、新品の製品を求めるのであればこちらに来た方が確実にいいものが手に入る。 もはや...
バンコク~ホアヒンの移動について 今回のホアヒンへの旅は、行きはスワンナプームから向かって、戻りはバンコクの市街地に向かう移動をしたのだけど、紆余曲折あって、行きはタクシー、帰りはロットゥーというミニバスを利用した。 ということで、今回の移動で検討していたものも含めてバンコク(スワンナプーム)とホアヒン間の移動についてのまとめ...
クメールスタイルのサンドイッチで朝食のすすめ... 屋台で炭火焼きで作られている ミーケウシェムリアップで食べるクイトゥとともにカンボジアでおすすめしたい朝食スタイル。 ローカルフードの代表ともいえるフランスパンで作られたサンドイッチ。 仏領インドシナ時代に持ち込まれたフランスパンはこの地にしっかり根付いていて、出来たてのパンを使...
klia2(クアラルンプール国際空港)でツーリストSIMを買う... マレーシアは街中では携帯ショップはあまり見かけなかったのだが、クアラルンプールのklia2では出口すぐのところに並んでいて、通信事情の確保という点においてはすごい便利だった。 マレーシアの通信事情はよくわかっていないのだが、おそらく最大手はHOT LINKという会社だと思われる。 今回は...
Baan Itsaraで食べるタイのローカル・シーフード... 店内はオープンエア。岸壁沿いの席は波をかぶるので避けた方が無難。 ホアヒンで食べるものといえば、新鮮な魚介類を使ったシーフードがおすすめ。 地元で人気のお店ということで教えてもらい行ってきたのは、Baan Itsaraというレストラン。 Googleマップでは何故か閉店扱いになっ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください