カンボジアはほんの数年前までは外国人がSIMを買うのはかなり困難だったのだが、いまではタイと並んでツーリストがSIMを買うのが容易な国になっている。

シェムリアップでは空港の税関審査を過ぎた出口付近に携帯電話会社のブースがあって、そこでSIMを購入してセットアップしてもらえる。

シェムリアップ空港での携帯電話SIM販売ブース。どこで買っても大した差はないと思う。

カンボジアでは携帯電話会社が10社くらいあるらしくて、かなりの過当競争になっている。このため通信料は写真のごとくかなり安くて3G回線ではあるけれど30日間1.7GBまで利用できて2ドルとか、日本の感覚で考えても激安な料金体系。

これに通話とかSIM手数料をつけてもUS6ドルくらいなので一週間程度の滞在であればかなりお得にネット環境を確保できる。

通信料金。激安。

通信速度についても、とくに調べてはいないのだが、シェムリアップ周辺であれば安定して3G環境が整備されているようで、アンコールワットから20キロくらい北のエリアに滞在したときも普通にネットワークがつながった。

シェムリアップの街中では言及するまでもなく、まったく問題ないレベルだと思う。日本でレンタルWifi借りるくらいであれば、SIMフリーのスマートフォンをもって海外旅行した方が断然得だと思うんだけどな。

ただしSIMの利用開始には注意が必要で、空港でセットアップを依頼するも途中で投げ出しちゃうスタッフがいるため、携帯電話のセットアップ依頼をするにあたっては、OSの言語を英語にしておくことと、セットアップ完了後に自分で通信の疎通を確認しておくことをおすすめする。

保存

Related Post

シェムリアップ旅行中の洗濯はランドリーにまかせてしまおう... インドシナ圏を旅行していて便利なのは街中に洗濯屋さんがあって、1キロ幾らみたいな格安な料金で洗濯をしてくれることだと思っている。 まあ・・安いなりなリスクもあって、たまにちがう人のパンツがはいっていたりすることもあるんだけど、僕も大したものを着ているわけじゃないし大体はちゃんと戻ってくる。 ...
伝統の森での滞在 伝統の森の敷地 今回の旅行では、カンボジアまできて食べ歩きしている感がある(否定はしない)。 しかし、シェムリアップ郊外で運営されている伝統の森というところでの滞在は印象深いものだった。 伝統の森に行く手段としてもっとも一般的なのはシェムリアップでトゥクトゥクを手配して向かうとい...
バンコク~ホアヒンの移動について 今回のホアヒンへの旅は、行きはスワンナプームから向かって、戻りはバンコクの市街地に向かう移動をしたのだけど、紆余曲折あって、行きはタクシー、帰りはロットゥーというミニバスを利用した。 ということで、今回の移動で検討していたものも含めてバンコク(スワンナプーム)とホアヒン間の移動についてのまとめ...
リークスメイ チャンレア ホテルは立地が便利なバジェットホテル... 今回のシェムリアップ滞在ではシヴォタ通り沿いのパブストリート入口にあるリークスメイ チャンレア ホテル (Reaksmey Chanreas Hotel) に投宿した。 シェムリアップ国際空港からホテルまでは定額のタクシーでUS7ドル。ホテルはシェムリアップのメインストリートであるシヴォタ通り...
ミーケウ シエムリアプで食べる地元の朝食... 旅に出れば体験したくなるのは地元の料理。カンボジアではアモックとか川魚とかいろいろあるけれど、おすすめなのは朝食に食べられるクイトゥーという麺料理。 クイトゥーはベトナムのフォーのように米の麺をだしのきいたスープで食べるというもので、中華料理にでてくる揚げた花巻みたいなものと一緒に食べるのがお...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください