屋台で炭火焼きで作られている
屋台で炭火焼きで作られている

ミーケウシェムリアップで食べるクイトゥとともにカンボジアでおすすめしたい朝食スタイル。

ローカルフードの代表ともいえるフランスパンで作られたサンドイッチ。

仏領インドシナ時代に持ち込まれたフランスパンはこの地にしっかり根付いていて、出来たてのパンを使ったサンドイッチを朝食に食べることができる。

おすすめなのは屋台で売っているもの。シェムリアップの市街地にもいくつか出ているけれど、僕が食べてみておいしいと思ったのはタ・プロームホテルの裏手にいる屋台のおばちゃんが作るサンドイッチ。

地元の人もやってきて買い求めているくらいで、タイミングを外すと結構待たされることもあるのだが、それくらい人気なのだな・・ということなのだろう。

フランスパンを炭火で少しあぶったなかに、やはり炭火で焼いた肉をいれて、パクチーやなますみたいなものを差し込んでいく。サブウェイ並とまではいかないけれど、カスタマイズができるので、パクチー少なめとか要望を伝えてみるのもいいかと。

ベトナミーズとも少しちがう、とてもオリジナルなサンドイッチを食べることができる。このクメールスタイルのサンドイッチ、最近ではニューヨークでも人気なのだとか。

クメールスタイル・サンドイッチ
クメールスタイル・サンドイッチ

それにしても、屋台のわきで地元のひとたちと一緒に、ほんの数十円くらいで食べる朝食は至福のときと思えるくらいに美味しいもの。旅に来ているなと思いつつ楽しんでみてもらいたい。

屋台が出ている場所はこのあたり

Related Post

伝統の森での蚕祭りに参加してきた はじめてカンボジアに来たのはもうかなり前で、そのときはアンコールワットを見ては感動し、回廊に銃撃戦の跡をみつけては戦慄し、ばらばらに壊れた遺跡のなかでガジュマルの樹木に驚愕し、という感じでものすごい体験だったなといまでも思い出す。 でも、それと同時に「もう、ここ来ることはないだろうなあ」ってこ...
威記粥店(中環)で昔ながらの香港な雰囲気の朝食... 空港から中環のミニホテル セントラルに着いて、チェックインまで相当な時間があるので、荷物を置いて朝食を食べに出かけるとする。 週末の早朝、中環の街は静かな朝。向かったのはお粥を出す老舗の威記粥店(Wai Kee Congee Shop)というお店。 威記粥店(Wai Kee Congee...
鼎元豆漿の定番朝食はおにぎりも見逃せない... ホテルのある西門周辺は夜は賑やかだけど、朝は静かで朝食を食べるところがあまりなく、中正紀念堂の近くにある鼎元豆漿で朝食を食べることにする。 鼎元豆漿へのアクセス MRT中正紀念堂駅から歩いて5分くらいのところ。金華街にある。お店の外まで並んでいる人がいるのだが、ほとんどはお持ち帰りのお客...
シェムリアップ旅行中の洗濯はランドリーにまかせてしまおう... インドシナ圏を旅行していて便利なのは街中に洗濯屋さんがあって、1キロ幾らみたいな格安な料金で洗濯をしてくれることだと思っている。 まあ・・安いなりなリスクもあって、たまにちがう人のパンツがはいっていたりすることもあるんだけど、僕も大したものを着ているわけじゃないし大体はちゃんと戻ってくる。 ...
包成羊肉の山羊肉スープは絶品 台南グルメの代表格である牛肉湯の別バージョンとして、牛肉のかわりに山羊肉を使った羊肉湯というものがある。 包成羊肉はそのなかでも抜群に美味しい店ではないかと思う。少なくとも僕にはいままで食べてきた山羊肉が過去のものと思えるくらいに美味しかった。 アクセス 府前路二段と西門路二段の交...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です