屋台で炭火焼きで作られている
屋台で炭火焼きで作られている

ミーケウシェムリアップで食べるクイトゥとともにカンボジアでおすすめしたい朝食スタイル。

ローカルフードの代表ともいえるフランスパンで作られたサンドイッチ。

仏領インドシナ時代に持ち込まれたフランスパンはこの地にしっかり根付いていて、出来たてのパンを使ったサンドイッチを朝食に食べることができる。

おすすめなのは屋台で売っているもの。シェムリアップの市街地にもいくつか出ているけれど、僕が食べてみておいしいと思ったのはタ・プロームホテルの裏手にいる屋台のおばちゃんが作るサンドイッチ。

地元の人もやってきて買い求めているくらいで、タイミングを外すと結構待たされることもあるのだが、それくらい人気なのだな・・ということなのだろう。

フランスパンを炭火で少しあぶったなかに、やはり炭火で焼いた肉をいれて、パクチーやなますみたいなものを差し込んでいく。サブウェイ並とまではいかないけれど、カスタマイズができるので、パクチー少なめとか要望を伝えてみるのもいいかと。

ベトナミーズとも少しちがう、とてもオリジナルなサンドイッチを食べることができる。このクメールスタイルのサンドイッチ、最近ではニューヨークでも人気なのだとか。

クメールスタイル・サンドイッチ
クメールスタイル・サンドイッチ

それにしても、屋台のわきで地元のひとたちと一緒に、ほんの数十円くらいで食べる朝食は至福のときと思えるくらいに美味しいもの。旅に来ているなと思いつつ楽しんでみてもらいたい。

屋台が出ている場所はこのあたり

Related Post

垂水漁協直営の桜勘で新鮮なカンパチづくしのランチを食べる... 垂水といえば穏やかな海で行われているカンパチの養殖。その料理を漁協直営の食堂で食べることが出来るお店が垂水漁港のそばにある。 お昼時だけの営業なので行く時間には注意が必要だけど、産地直送ならぬ漁場直送の料理は贅沢な味だなって思う。 桜勘へのアクセス 垂水漁港の横にある倉庫のような建...
胡椒餅といえば定番「福州世祖胡椒餅」... 台北初日は夜に到着して、西門のあたりを散歩して阿宗麵線を食べたあと、ホテルまで歩いて戻るなかで台北駅近くの福州世祖胡椒餅で胡椒餅を買ってみた。今回泊まった台北駅すぐ近くの新驛旅店(台北車站一館) からは徒歩ほんの数分といったところ。 台北の夜の街ってなんてことないけれど、こういう風に手軽におい...
金峰魯肉飯で朝食のつづきを食べる 早朝に起きて阜杭豆漿で朝食を食べたこともあり、台北の朝はまだ7時半くらい。7月の台北では、そろそろ暑くなってくる時間だけど天気もいいし、気持ちがいい日曜日の朝だ。 というところで、旅の同行者から「台湾といえば魯肉飯が有名だけど、まだ食べていない」といわれたこともあり、腹ごなしの散歩をしながら金...
Chiv Lang Restaurantはあまりおすすめしないケップのレストラン... ケップの随一の観光地であり、ほぼ唯一のグルメスポットであるKep Crab Market。市場の横には食堂が並んでいて、どこのレストランも一応オーシャンビューとなっている。 気分的にはオーシャンビュー、実際のところは波打ち際に掘っ立て小屋という感じなのだけど。 オーシャンビューなレスト...
ミーケウ シエムリアプで食べる地元の朝食... 旅に出れば体験したくなるのは地元の料理。カンボジアではアモックとか川魚とかいろいろあるけれど、おすすめなのは朝食に食べられるクイトゥーという麺料理。 クイトゥーはベトナムのフォーのように米の麺をだしのきいたスープで食べるというもので、中華料理にでてくる揚げた花巻みたいなものと一緒に食べるのがお...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です