屋台で炭火焼きで作られている
屋台で炭火焼きで作られている

ミーケウシェムリアップで食べるクイトゥとともにカンボジアでおすすめしたい朝食スタイル。

ローカルフードの代表ともいえるフランスパンで作られたサンドイッチ。

仏領インドシナ時代に持ち込まれたフランスパンはこの地にしっかり根付いていて、出来たてのパンを使ったサンドイッチを朝食に食べることができる。

おすすめなのは屋台で売っているもの。シェムリアップの市街地にもいくつか出ているけれど、僕が食べてみておいしいと思ったのはタ・プロームホテルの裏手にいる屋台のおばちゃんが作るサンドイッチ。

地元の人もやってきて買い求めているくらいで、タイミングを外すと結構待たされることもあるのだが、それくらい人気なのだな・・ということなのだろう。

フランスパンを炭火で少しあぶったなかに、やはり炭火で焼いた肉をいれて、パクチーやなますみたいなものを差し込んでいく。サブウェイ並とまではいかないけれど、カスタマイズができるので、パクチー少なめとか要望を伝えてみるのもいいかと。

ベトナミーズとも少しちがう、とてもオリジナルなサンドイッチを食べることができる。このクメールスタイルのサンドイッチ、最近ではニューヨークでも人気なのだとか。

クメールスタイル・サンドイッチ
クメールスタイル・サンドイッチ

それにしても、屋台のわきで地元のひとたちと一緒に、ほんの数十円くらいで食べる朝食は至福のときと思えるくらいに美味しいもの。旅に来ているなと思いつつ楽しんでみてもらいたい。

屋台が出ている場所はこのあたり

Related Post

香港での朝食、羅富記粥麵専家で食べるのもよい... 香港の中環はオフィス街で土曜日の朝は殺風景なものなのだが、そんなところで朝から営業しているお店がある。 羅富記粥麵専家は、ずいぶん古くから変わらず営業しているお店で、朝7:00から営業しているので朝食で利用するのがおすすめだし、23:00までやっているので、たとえば蘭桂坊(ランカイフォン)あた...
周氏蝦捲老店は台南グルメの頂点かもしれない... 台南で色んなところに行き尽くしたわけじゃないけれど、それでも安平にある周氏蝦捲老店は絶品の料理だった。 場所は安平の中心街ともいえる場所で、賑わっているエリアにある。すごくよく目立つように看板が書かれているので近くまで行けば迷うことはないはず。 店内は常時かなり賑わっていて、台湾の人たち...
さわやかのげんこつハンバーグは静岡のローカルフード... 浜松までやって来て、うなぎも食べずにこちらに住んでいる友人と行ったのは、郊外にあるファミリーレストラン。 外観も内装もファミリーレストランという感じなのだが、なんと友人はここを予約していて席をおさえていた。すごい人気なので予約しておかないと待ち時間があったりして面倒らしい。 店内はどう...
歴史を感じる台北純喫茶の「蜂大珈琲」... 西門での街歩きで一休みするのにオススメのカフェというか喫茶店。 お店の雰囲気は日本風にいえば「昭和なノスタルジー」な感じ。1956年創業で、きちんと本格的なコーヒーをいただけます。 おすすめとしては、地元ならではの台湾珈琲。ちょっと濃いめで酸味を感じるうまさ。 台湾...
ミーケウ シエムリアプで食べる地元の朝食... 旅に出れば体験したくなるのは地元の料理。カンボジアではアモックとか川魚とかいろいろあるけれど、おすすめなのは朝食に食べられるクイトゥーという麺料理。 クイトゥーはベトナムのフォーのように米の麺をだしのきいたスープで食べるというもので、中華料理にでてくる揚げた花巻みたいなものと一緒に食べるのがお...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください