入口にはぼんぼり
入口にはぼんぼり

シェムリアップでご飯を食べた後、寝る前のひとときを少し過ごすにはうってつけのバーを発見。

場所はバーストリートから少し離れたところで、少し薄暗い裏通り。古い建物を改造した感じのところなのだが、フランス人が経営しているみたいでインテリアとかも凝っているし、トイレもきれい。

インテリアといえば、古いカンボジアの高床式住居へ遊びに来たかのような雰囲気で面白い。店内には米袋が積み上げられているのだけど、これは中身がクッションに入れ替えられていてソファになっている。こういうのってヨーロッパの人ならではのセンスだよなって思う。

20140317-0059-20-1672

米袋はソファ
米袋はソファ

20140317-0124-04-1678食事は頼んでなくて、お酒を飲んでばかりだったのだが、モヒートは黒糖がつかわれていて、普段とは全然雰囲気のちがうコクのあるうまさ。こういうカクテルもいいなっって思う。

あとはサングリアなんかも、香りがよくておすすめ。雰囲気はいいけれど、お値段はカンボジア価格なのでお得に過ごせるのもいいね。

せっかくカンボジアに来たならば、ちょっと古いクメール人の家にきたようなこのバーで過ごす時間はおすすめだと思う。

Asana Bar
時間:12:00 – 24:00

Related Post

六本木のBrewDog Roppongiでスコットランドのクラフトビールをロックとともに楽しむ... 六本木でちょこっとクラフトビール飲むといえばアントン・ビーが好きだったのだけど、最近ではブリュードッグの方が広くてビールの種類も多くてこっちに流れることが多い。スコットランドのブリュワリーがオープンしたバーでアジア圏では六本木が初めての店舗。 BrewDog Roppongiへのアクセス ...
クーハーカルハット宮殿に行ってきた(行き方地図つき)... ずっと前に見かけたTRANSITのタイ編や、トラベルハックの記事でみつけた洞窟の中にある不思議な風景の寺院。 いろいろ調べてみると、ホアヒンからそう遠くないところにありそうだったので、行ってみることにした。ネットの記事では結構簡単に行けそうな感じだったが、必ずしもそうではないと思う・・・。 ...
Kowloon Taproom は尖沙咀で便利な立地のクラフトビールのバー。... 香港に引っ越してきた知人と飲む約束をして、九龍半島側の尖沙咀にあるビアバーにやってきた。 池記からほんのすぐのところにあって、ちょっと裏通りだけどこんな便利な立地にあるのかって新しい発見だった。昼からやっているのもポイントが高い。僕が思う香港のいいところは、こうして昼飲みを楽しめるというところ...
ヴィニシウスレストランでカイピリーニャ、そしてボサノヴァのライブ... ヴィニシウス バーの外観 ガロタ デ イパネマ(Garota de Ipanema)の向かい側にあって、ボサノヴァ創始者の作詞家であるヴィニシウス・ヂ・モライスの名前を冠したレストラン。 リオデジャネイロでボッサを聴けるところって少なくなっているのだけど、ここのライブハウスでは毎晩ずっ...
坊主バー (VOWZ BAR)で飲酒しながら仏教を学ぶ... ゴールデンバガンでご飯食べると閉店が22時なので、もう少し飲みに行きたいところ。 ということで、四谷三丁目方面へ少し歩いて荒木町あたりのバーに行ってみることにした。ネーミングにひかれて行ってみたのは坊主バー (VOWZ BAR)というところ。 アクセス 四谷三丁目からは徒歩数分、曙...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください