今回の旅行について、ギアとともに旅のハイライトとなった京都国際マンガミュージアム。とはいえ、事前情報があったわけではなく、京都について「なにしようかな・・・」とFacebookに書いたら友達が教えてくれたからなんだけど。

ということで、ここがたぶんマンガに関する博物館なのだろうくらいの印象とともにいってみた。京都の街中にあってアクセスは便利。古い小学校の校舎をリノベーションして博物館にしたということだけど、アールデコな雰囲気の建物はおしゃれで格好がいい。校庭だったところには人工芝が敷かれていて、そこで一休みするもよさげだが、あまりに暑すぎてそれは回避。

今回観にいったのは、特別展の「スケッチトラベル展」と「寺田克也 ココ10年展」。どちらも、それほど大きな特別展ということではないけれど、最近みた展覧会のなかではデザイン「あ」展と同じくらいに楽しいものだった。

スケッチトラベル展は、世界中のアーティストが一冊のスケッチブックを通して作品を作って、それを次のアーティストに手渡しで渡していった軌跡を作品と、その写真を渡す追って行った記録。参加しているアーティストも松本大洋とか宮崎駿とか・・すごい豪華。そして、みんなすごい楽しそうに生き生きとしていて、一冊のスケッチブックはどれも違う作品なのに、それぞれがつながっているんだなって思えるものだった。たぶん、手渡しとかスケッチブックとかアナログなものこそが、僕らの琴線にふれていて、それを憧れに近い楽しみとして感じているのかもしれない。うっかり、画集買ってしまったもの。

もう一つの「寺田克也 ココ10年展」も、ちょっと圧倒されてしまった。こんなにも力強く現実にないものを描画していくというのは、この人の網膜と脳にとっては僕らと見えている世界が違うのか、それとも誰も知らないけれど、こんな世界が存在しているんじゃないかとすら思ってしまう。奈良美智とはまた別のベクトルにおいて、その力に圧倒された。

どちらの展覧会もまだしばらくやっているので、ぜひ観てみて欲しい。

スケッチトラベル展
寺田克也 ココ10年展

京都国際マンガミュージアム

Related Post

絵本と木の実の美術館 – 夏に来るのがおすすめの美術館... 絵本作家である田島征三氏が廃校を舞台に監修した美術館。大地の芸術祭の作品のひとつとして作られたものだけど、雪深くなる冬期をのぞいて継続して開館している。大地の芸術祭のパスポートがない場合は、入場料700円が必要。 水を動力にして動くオブジェがおもしろい。これは海に流れ着いた流木や木の実などに絵...
大地の芸術祭 2015 – 川西エリア編 新潟の越後妻有で3年に一度開催されているアートトリエンナーレ、大地の芸術祭の川西エリア編。ここは信濃川の西岸にあたるエリアで河岸段丘が一望できるところ。 このエリアでは有名過ぎるくらいな、ジェームス・タレルの光の館。そして、ナカゴ・グリーンパークがあるのだが、このあたりはみたことがあるので今回...
リナ・ボ・バルディ展「ブラジルが最も愛した建築家」をみてきた... 美術館のロゴの上の赤い部分も作品のひとつ 夏にみてきたオスカー・ニーマイヤー展につづくブラジル建築の回顧展。 自然との調和という点においてはオスカー・ニーマイヤーと共通するところもあり、人に近いデザインという部分でいうとリナ・ボ・バルディがもっている暖かみとかいいなって思える。 ...
古いビルが香港現代アートの発信地になっていた – 賽馬會創意藝術中心 (JCCAC)... 香港の都心と郊外のあいだにある寂れたエリアが現代アートの発信地になっていた。場所はMRT石硤尾駅から歩いて数分のところ。 なんだか寂れたエリアだよなあとか思っていると、古いビルが目当ての建物だった。 エントランス料金とかはとくにかからないのでなかにはいってみると吹き抜けのエリアにはペイン...
瀬戸内国際芸術祭2013(夏開催の直島編)... 前回の開催から3年、来てみたかった瀬戸内国際芸術祭をみてきた。宇野から直島までフェリーで移動してきた。直島ではベネッセハウスに宿泊するという優雅な感じの旅となった。 瀬戸内国際芸術祭はすでに夏編が終了しているのだが、2013年10月5日から開催される秋編に向けての参考になればいいなと思う。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください