今回の旅行について、ギアとともに旅のハイライトとなった京都国際マンガミュージアム。とはいえ、事前情報があったわけではなく、京都について「なにしようかな・・・」とFacebookに書いたら友達が教えてくれたからなんだけど。

ということで、ここがたぶんマンガに関する博物館なのだろうくらいの印象とともにいってみた。京都の街中にあってアクセスは便利。古い小学校の校舎をリノベーションして博物館にしたということだけど、アールデコな雰囲気の建物はおしゃれで格好がいい。校庭だったところには人工芝が敷かれていて、そこで一休みするもよさげだが、あまりに暑すぎてそれは回避。

今回観にいったのは、特別展の「スケッチトラベル展」と「寺田克也 ココ10年展」。どちらも、それほど大きな特別展ということではないけれど、最近みた展覧会のなかではデザイン「あ」展と同じくらいに楽しいものだった。

スケッチトラベル展は、世界中のアーティストが一冊のスケッチブックを通して作品を作って、それを次のアーティストに手渡しで渡していった軌跡を作品と、その写真を渡す追って行った記録。参加しているアーティストも松本大洋とか宮崎駿とか・・すごい豪華。そして、みんなすごい楽しそうに生き生きとしていて、一冊のスケッチブックはどれも違う作品なのに、それぞれがつながっているんだなって思えるものだった。たぶん、手渡しとかスケッチブックとかアナログなものこそが、僕らの琴線にふれていて、それを憧れに近い楽しみとして感じているのかもしれない。うっかり、画集買ってしまったもの。

もう一つの「寺田克也 ココ10年展」も、ちょっと圧倒されてしまった。こんなにも力強く現実にないものを描画していくというのは、この人の網膜と脳にとっては僕らと見えている世界が違うのか、それとも誰も知らないけれど、こんな世界が存在しているんじゃないかとすら思ってしまう。奈良美智とはまた別のベクトルにおいて、その力に圧倒された。

どちらの展覧会もまだしばらくやっているので、ぜひ観てみて欲しい。

スケッチトラベル展
寺田克也 ココ10年展

京都国際マンガミュージアム

Related Post

ペナン博物館は日本の歴史もあったりして一見の価値あり... ペナンについてはプラナカン文化くらいしか知らずにやってきたのだが、観光的な見どころは結構あって、僕としてはこのペナン博物館も面白かった。 この島の成り立ちが展示物とともに説明されている。華僑による文化の形成や、第二次世界大戦には日本軍が駐留したことなどが資料とともにかかれている。僕としては第二...
中之条ビエンナーレ2013(六合編) 季節はすっかり秋めいてきて、芸術の秋っていう雰囲気。 ということにつられてってことではないのだが、群馬の中之条で2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ」を観に行ってきた。僕のなかでは、数ある地方芸術祭のなかでは最も好きなもののひとつ。 美しい秋の里山風景とともにホスピタリティを感じ...
京都小旅行 週末を利用してちょっと京都へ小旅行。京都までは「ぷらっとこだま」で3時間半。長い。。京都での滞在時間は28時間くらいと短いものだったが、なかなか充実したものだった。宿泊はいつものシタディーン烏丸五条。もはや、ここ以外に泊まるという選択肢が思い浮かばないほど僕にとっては京都のベストホテル。 主な...
「PARIS オートクチュール展」をみてきた... 三菱一号館美術館で開催されていた「PARIS オートクチュール 世界に一つだけの服」を観てきた。 このイベントを観に行く前に成実弘至の「20世紀ファッションの文化史」を読んでいたこともあり、予習に対してそれを実物をもってして確認するというような驚きというか楽しさがあった。 このイベントで...
FLOWERS BY NAKEDをみてきた 日本橋室町のCOREDOで開催中のFLOWERS BY NAKEDをみてきた。 なかなか時間がとれないところ訪れたのだけど(しかも僕ひとりで)、すごい美しくて洗練されていて、お酒も美味しかった。そして、どこまでもフォトジェニック。なんかもう会場入ったときからいい匂いしているものな。期間中にもう...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です