はじめてカンボジアに来たのはもうかなり前で、そのときはアンコールワットを見ては感動し、回廊に銃撃戦の跡をみつけては戦慄し、ばらばらに壊れた遺跡のなかでガジュマルの樹木に驚愕し、という感じでものすごい体験だったなといまでも思い出す。

でも、それと同時に「もう、ここ来ることはないだろうなあ」ってことだった。すっげえ暑くてしんどすぎたし・・。

蚕祭り前夜祭のファッションショウ
蚕祭り前夜祭のファッションショウ

しかし、縁というのは不思議なもので、このときの旅で知り合ったNGOを手伝うことになり、それ以来10回以上は訪問している。

今回の旅ではシェムリアップ郊外にある伝統の森という村で行われている蚕祭りに行ってきた。

伝統の森では、カンボジア伝統産業である養蚕をしていて、そこで機織りを行っているのだけど、毎年一回養蚕で利用した蚕の供養をするため「蚕祭り」というものを開催している。

メインはお坊さんを呼んでの蚕供養なのだが、盛り上がるのは前夜祭。

ファッションイベントなどが開催される。

僧侶をよんでの蚕供養
僧侶をよんでの蚕供養

イベントに出るのは普段は働いている女の子たちで、子どもからお姉さんまでさまざま。あれ・・こんなかわいい子どこにいたっけかな・・とか思ってしまうくらい変身している。なんかこう本格的にメイクすると気分が盛り上がるのか雰囲気変わるものだよな。

アプサラダンス。すごいきれいだった。
アプサラダンス。すごいきれいだった。

イベントではメインのファッションショウの前に、カンボジアの伝統舞踊であるアプサラの踊りがあるのだが、ここで見たアプサラのダンスは僕がいままで見た中において、一番華麗で美しいものだった。

アンコールワットとかのレリーフにいるアプサラが舞っているかのようで、おお・・遺跡でよく見るのはこれなのかと感動したし、はじめてアプサラダンスっていいなと思った(いままでは盆踊り的な民芸だと思っていたくらいだったので)。

メインであるファッションショウも盛り上がって、なにより出演している女の子が楽しそうなのがいいよなって思う。まあ・・翌日もえらいテンション高かったのには、ちょっと疲れたところはあるけれど。

ショウがあったあとの打ち上げは夜中までパーティーみたいな感じになって、これはこれでまた楽しかった。なにせ普段みんな一生懸命働いているだけに、この夜ばかりは弾けてた。

20140315-1756-11-6202

一般的な観光旅行で来るという感じではないかもしれないが、これもカンボジアという国の面白さってことで、カンボジアに興味をもった方にはおすすめかもしれない。

このイベントの情報などは主にFacebookで発信されている。詳しくはこちら

打ち上げは盛り上がった
打ち上げは盛り上がった

Related Post

赤い睡蓮の海に船を漕ぎ出す – クンパワピーのタレー・ブア・デーン... 今回のタイ旅行のメインともいえるもの。ウドンタニの郊外にあるクンパワピーという場所に「赤い睡蓮の海」というタレー・ブア・デーンという湖がある。毎年12月から2月上旬の明け方にかけて、水面を覆い尽くすように蓮の花が咲く風景は幻想的そのもの。 クンパワピーまでの行き方は、ウドンタニでバイクを借りよ...
秋の庄内映画村オープンセットを訪れてみた... 庄内映画村への旅ふたたび。初夏に来てみて、電線のない里山の風景ってこんなに美しいものなのかと感動をしたのだが、秋もまたきれいですよっていう話を聞いたので、またもや来てみた。 庄内映画村のオープンセットまでの道のりは、カーナビだと違うところへ連れて行かれしまう可能性があるため、公式ブログ...
ペトロナス ツインタワーは圧巻の風景... クアラルンプール観光のハイライト。ペトロナスタワーに来てみた。 写真で見る限りは夜の風景が美しい感じがしていたのだが、夜はもう疲れて宿で寝てしまっていたので昼間の風景のみ。そして、タワーには上ることも出来るのだが、そもそも高いところに興味がないので(というか好きではない)今回はパス。 ...
高雄の美麗島駅は地上部分の建物もまた必見... 世界でもっとも美しい地下鉄駅のひとつにも選ばれたことがある高雄の美麗島駅。改札階にあるステンドグラスに目が行きがちだけど、出口の建物は日本の高松伸が設計していて、ガラスを多用した建物は朝晩の時間帯に幻想的な風景を作り出していて必見の建物だ。 今回は美麗島近くのAirbnbに泊まったので、早朝に...
Yummy corner of Sea Harmony Guesthouse – オーガ... Sea Harmony Guesthouseが経営しているカフェで、ホテルの宿泊者はこちらで朝食をとることができる。 しかし、このカフェの居心地は宿泊者だけじゃなくても味わえるので、ホアヒンに来たときには来るだけの価値があるかなって思う。 場所はSea Harmony Guesthous...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください