伝統の森の敷地
伝統の森の敷地

今回の旅行では、カンボジアまできて食べ歩きしている感がある(否定はしない)。

しかし、シェムリアップ郊外で運営されている伝統の森というところでの滞在は印象深いものだった。

伝統の森に行く手段としてもっとも一般的なのはシェムリアップでトゥクトゥクを手配して向かうというもの。

今回はスケジュールがあったので乗りあわせの車で行ったのだが、トゥクトゥクの方が自分の時間が動けるからラクだとは思う。

シェムリアップからは約1時間くらいのところにあって、携帯電話は辛うじて通じるものの、電気は自家発電のみなので夕方しか利用できない。

なので、夜はランプか懐中電灯で過ごすことになる。日本にはランプで過ごすことを売りにした宿もあるが、ここでは必然からのランプです。

朝ごはん作りを手伝った
朝ごはん作りを手伝った

20140316-0806-22-6460伝統の森にはさまざまなクメール人が住んでいて、村を形成している。

なんかこう昔のカンボジアの田舎の感じで、電気がなかったりと不便はあるけれど、それでも村での生活は魅力的。

村にいる人たちのあたたかさ、夜の静けさや満天の星空、朝焼けの美しさなどはもはやシェムリアップの街中では失われてしまったものだよな。いまのシェムリアップじゃ、地平線まで天の川がみえたとか冗談にしかならない。

カンボジアの田舎によくある橋。壊れそうで壊れない。
カンボジアの田舎によくある橋。壊れそうで壊れない。

おすすめなのは満月の夜の滞在。月光がこんなにも明るいもので、神秘的なものなのかと思う。月光浴という言葉があるが、だいたいにおいて蛍光灯浴になってしまいそうなところ、ここでは本当の月の光がある(その代わりに星はほとんどみえなくなるが)。

街にある便利さはまったくなくて、滞在しているときは辛いところもあるけれど、それでもカンボジアの原風景を体験してみるっていう意味では価値がある滞在だと思う。

僕の好きな昼寝スポット
僕の好きな昼寝スポット
猫もゆったりしている
猫もゆったりしている

Related Post

中之条ビエンナーレの旅2015年秋 2年に一回の芸術祭、中之条ビエンナーレを楽しむ旅。今回も面白い旅になったなあ。会期中に2回も行っちゃったものな。そして、2回目の方がより楽しめたかなって思う。なにより中之条の美しい風景を堪能できた。 他の芸術祭と比べても比較的コンパクトにまとまっているので、2~3日あればかなり見てまわれると思...
「播磨坂さくら並木」、東京にこんなきれいな風景あったんだと思える場所... 文京区の茗荷谷からほど近い場所は都内では静かな住宅街があり、好きなエリアのひとつ。丸の内線の茗荷谷駅から春日通りを歩いて数分のところにあるのが播磨坂という大通り。でも、この通りは都市開発の途中で中断している道路らしく交通量もあまり多くない。 そして、春日通りからアクセスするとながく続く通りに沿...
休日の高雄、港湾のエリアを散歩する... 街中はせわしない感じだったので、港湾エリアを歩いてみることにする。横浜のみなとみらいのあたりみたいな雰囲気があって散歩には気持ちがいいところだった。 休日に一二三亭から道なりに歩いて行くと、空には凧がお正月かよっていうくらいあがっているのが見える。ここはかつて鉄道駅だったところみたい。いまでは...
アンコール遺跡巡り(ベンメリア編)... アンコール遺跡巡りで時間があれば言ってみるのがいいかなと思っているところ。シェムリアップの街からは結構離れいて、アンコール遺跡群を巡るのとは別の日程を組む必要がある。見学料金も別に必要となっているので注意が必要。 入口には警備員とか、自称ガイドみたいなのがいて、僕はこの人たちを雇ってガ...
仙巌園でふれる薩摩のすごさ、鹿児島が誇る美しい庭を楽しむ... 鹿児島空港へ向かう前にはまだ少し時間があったので、市内のはずれにある仙巌園へ行ってみることにする。鹿児島市の市街地からはちょっと渋滞もあるけれど、20分くらいで到着することができる。駐車場は有料で別料金。 仙巌園は薩摩藩藩主である島津家の別邸があったところで、その美しい庭園は別名で磯庭園と呼ば...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください