伝統の森の敷地
伝統の森の敷地

今回の旅行では、カンボジアまできて食べ歩きしている感がある(否定はしない)。

しかし、シェムリアップ郊外で運営されている伝統の森というところでの滞在は印象深いものだった。

伝統の森に行く手段としてもっとも一般的なのはシェムリアップでトゥクトゥクを手配して向かうというもの。

今回はスケジュールがあったので乗りあわせの車で行ったのだが、トゥクトゥクの方が自分の時間が動けるからラクだとは思う。

シェムリアップからは約1時間くらいのところにあって、携帯電話は辛うじて通じるものの、電気は自家発電のみなので夕方しか利用できない。

なので、夜はランプか懐中電灯で過ごすことになる。日本にはランプで過ごすことを売りにした宿もあるが、ここでは必然からのランプです。

朝ごはん作りを手伝った
朝ごはん作りを手伝った

20140316-0806-22-6460伝統の森にはさまざまなクメール人が住んでいて、村を形成している。

なんかこう昔のカンボジアの田舎の感じで、電気がなかったりと不便はあるけれど、それでも村での生活は魅力的。

村にいる人たちのあたたかさ、夜の静けさや満天の星空、朝焼けの美しさなどはもはやシェムリアップの街中では失われてしまったものだよな。いまのシェムリアップじゃ、地平線まで天の川がみえたとか冗談にしかならない。

カンボジアの田舎によくある橋。壊れそうで壊れない。
カンボジアの田舎によくある橋。壊れそうで壊れない。

おすすめなのは満月の夜の滞在。月光がこんなにも明るいもので、神秘的なものなのかと思う。月光浴という言葉があるが、だいたいにおいて蛍光灯浴になってしまいそうなところ、ここでは本当の月の光がある(その代わりに星はほとんどみえなくなるが)。

街にある便利さはまったくなくて、滞在しているときは辛いところもあるけれど、それでもカンボジアの原風景を体験してみるっていう意味では価値がある滞在だと思う。

僕の好きな昼寝スポット
僕の好きな昼寝スポット
猫もゆったりしている
猫もゆったりしている

Related Post

スープドラゴン(The Soup Dragon)はシェムリアップで老舗のベトナム料理店... シェムリアップの中心街にあるバーストリートが、まだ通りの名前もなかった頃から営業している老舗のレストラン。ベトナム料理が手頃な金額でいただくことができるし、1日中やっているので、朝食にベトナムフォーを食べるのも心安まっていい感じ。 僕は主に朝食の時間帯にフォーを食べに行っている。朝から飲むビー...
中之条ビエンナーレ2013(六合編) 季節はすっかり秋めいてきて、芸術の秋っていう雰囲気。 ということにつられてってことではないのだが、群馬の中之条で2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ」を観に行ってきた。僕のなかでは、数ある地方芸術祭のなかでは最も好きなもののひとつ。 美しい秋の里山風景とともにホスピタリティを感じ...
福島 夜の森にある桜のトンネル 福島の原発事故があってから立ち入ることができなかった福島県富岡町にある夜ノ森地区にある桜並木。樹齢100年を越える桜の並木道は圧巻の風景で観に行ってみたいと思いつつも、当分いけないんじゃないかと思っていたのだが2017年から一部が開放されて立ち入りができるようになったこともあり、花見山から向かうこと...
林百貨の屋上から眺める景色について... 1932年に創業、1945年に一度つぶれてそれから紆余曲折を経て長いこと廃墟のようになっていたけれど、2014年に復活していまでは台南のランドマークのひとつになっている林百貨。 屋上から眺める景色が美しいらしく、前回は行きそびれていたので改めて行ってみることにした。 前回の訪問:林百貨で...
中之条ビエンナーレ2013の歩き方 芸術の秋ですよ。なにかきれいなものをみてくるかということで、群馬の中之条エリアで2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ2013」を観てきた。2年前に観に来たときよりも規模が大きくなってきてはいるけれど、それでも他のアートイベントと比べると手作りで地元の人も楽しんでいるような雰囲気で、いいイベン...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください