カンボジアでお土産物といえば、マダムサチコのクッキーとかあるけれど、あれは配り土産で自分用ではないなって思っている。

自分で大事に出来る旅の思い出を探すのであれば、シェムリアップのオールドマーケット近くにあるAMATAKがおすすめ。Vivaレストランの隣にある小さな店なのだが、9:30~21:00と営業時間が長いので便利。

ここではカンボジアの製品を主に扱っているが、それ以外のラオスやタイなどの製品もあってセレクトショップ的な感じ。

他のお店では全てカンボジア製!とかいいつつベトナムからの輸入品も多かったりするので、そういったことは隠さず出しているのは良心的。

僕としてはここで買ったラオスの布は、ふんわりとした手触りですごく好き。インディゴの色合いも美しくて日本での普段使いにも十分過ぎるくらいにおしゃれだと思う。

オーナーは日本人で、オーダーメイドの製品も作ってくれる。僕はシャツを作ったのだが、後日日本まで送ってくれた(代金は先払い)。

このほか、岐阜で木こりが履いていた「たつけ」というパンツをラオスの布地で作っていたりするのだが、これも結構おしゃれで夏場は重宝しそう。

これ以外にも刺し子のバッグだとか、かわいいベルトだとか・・どちらかといえば女性が喜びそうなラインナップが多い。シェムリアップで自分用に少しいいものを探すのって案外難しいのだが、AMATAKはしっかりしてるのでおすすめできる。

【2016年3月5日追記】2016年2月をもって閉店されたとのこと。今後はオーダーメイド中心で店舗を持たずやっていくということです。残念。。

AMATAK(アマタ)
時間:9:30 – 21:00

20140317-1216-20-6571

Related Post

和紙の中條(小布施) – 文具好きにはたまらない土産屋... 小布施の古い街並みのなかを歩いていて発見したお店。軒先に出ている真っ白な暖簾が印象的。そして近くによってびっくり。なんと、和紙でできている暖簾だった。 ロケーションは桝一客殿や北斎ミュージアムのすぐ近くで前を通りかかることが多いと思う。お店の外観は周囲に馴染んでいてしっくり来る。 ...
ギルドコーヒ(GUILD COFFEE) – 神楽坂の隠れ家的カフェ... 毎朝、家でコーヒーを淹れているのだけど、もう何年もここの豆を使っていて、定期的に訪れている。 ここでマンデリンを飲んで以来、マンデリンとは酸味が強いという固定概念を覆され、こんなに風味の強い個性的なコーヒーはあるのだろうかと印象が変わった。コーヒー豆はブレンドから産地別まで結構あるけれど、25...
元郎の大榮華酒樓で時期外れの月餅を買う... 香港の郊外は何回か来たことあるけれど、はじめて元郎のあたりにやってきた。香港島とはまた異なるヨーロッパっぽいトラムが走っていたりして、この街の散歩もおもしろそうだ。このあたりは吉慶囲もそうだし、客家の文化が残っていて客家料理を出すお店もあるみたいだ。ますます気になる。 ただ、今回の旅ではちょっ...
一澤帆布と㐂一澤帆布 シタディンに荷物をおいてバスで向かったのは一澤帆布。一時期は信三郎帆布という名前ですぐ近くに店舗があったりしたこともあるが、いまではもとの場所に戻っている。 昔は本当にシンプルな品揃えで分厚い生地で無骨な帆布バッグばかりだったのだが、信三郎帆布を経ての一澤はラインナップに幅がでてきて、僕はこう...
「定義山詣で」と「三角あぶらあげ」(仙台郊外)... 今年のさくらんぼ狩り旅は、仙台方面へと向かうことにした。 道の駅村山でひと休みしたあと向かったのは、仙台と山形の境近くにある定義山。ここは仙台市であることが嘘のような山深いところにあるのだが、ずっと昔、地元の友人に連れてきてもらって以来お気に入りの場所のひとつ。 宮城県内では有名な場所ら...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください