ずっと前に見かけたTRANSITのタイ編や、トラベルハックの記事でみつけた洞窟の中にある不思議な風景の寺院。

いろいろ調べてみると、ホアヒンからそう遠くないところにありそうだったので、行ってみることにした。ネットの記事では結構簡単に行けそうな感じだったが、必ずしもそうではないと思う・・・。

今回は現地でレンタルバイクを借りた場合の方法を紹介しているけれど、ソンテウ(タクシー)をチャーターして行くこともできるっぽい感じだった。

超重要な注意点

現地で「クーハーカルハット宮殿」という名前を出しても、ほぼ通じないと思う。プラヤーナコーン洞窟(Phraya Nakhon Cave)という寺院がある洞窟の名前がメジャー。

自力で行く場合に超気をつけた方がいい点があり、2014年3月時点において、Google Mapにあるプラヤーナコーン洞窟(Phraya Nakhon Cave)の場所は間違っているので、地図に従っていくと全然違う裏道に連れて行かれる。

以下に行き方の地図をつけてあるけれど、ホアヒンから出発する場合、まずはワット バーンプー(Wat Bang Pu)を目指して移動すること。

タイののどかな田舎道をバイクで走るのは気持ちがいい
ホアヒン~クーハーカルハット宮殿の移動
Sea Harmony Guesthouseで借りたバイク、今回の旅の相棒

所要時間はバイク(90分)+ボート(15分)+トレッキング(40分)で2時間半くらいみておくこと。

ホアヒンを拠点に行動するのが一般的になると思う。移動についてはレンタルバイクがおすすめ。

街中でも借りられるし、今回僕が泊まったシーハーモニー ゲストハウスでも借りることができた。

目的地はいきなり、プラヤーナコーン洞窟(Phraya Nakhon Cave)を目指すのではなく、まずは洞窟行きのボートが出ている、ワット バーンプー(Wat Bang Pu)を目指していく。距離的にも40キロくらいあるし、道に迷ったりすることも考えると90分程度かかると想定しておくこと。

ワット バーンプー(Wat Bang Pu)は雰囲気のある港町で、洞窟行きのボートは港ではなくビーチサイドから出ている。膝上まで海につかってボートに乗り込むので、濡れてもいい格好でいくこと。

ワット バーンプー(Wat Bang Pu)は雰囲気のある港町
ボートに乗って移動

ちなみに、ボートは小さな半島を迂回するルートをとっていく。

ボートに乗っているのは5分くらいだが、待ち時間なども含めると15~20分くらいを見込んでおくこと。

なお、この半島を徒歩で行くことも可能らしい。でも、この暑さのなかでのトレッキングになるので、おすすめはしない。ボートで行くのが無難。

半島をぐるっと迂回してついたビーチで船をおりるとき「じゃ、2時間後くらいに待ち合わせね」ってことで、ボートとはいったん別れる。結構時間に余裕があるように思えるのだが、結構妥当な感じだったのはあとで実感することになった・・。

ビーチから直接ボートに乗り込む

洞窟のあるところは、タイで最初に作られた国立公園である「カオ・サムローイ・ヨード国立公園」になっていて、歩いているとどこからともなく係員が現れて入園料金を請求される。これは、普通に払うものっぽいので、大人しく払っておくこと。

ちなみに、「洞窟まではガイドがいないといけない」とか、いろいろいわれるのだが、このビーチに来た人はすべからく洞窟に向かうので、人の流れに沿っていけば問題なくトレッキングコースの入口にたどり着けるので、ガイドは不要。

ビーチサンダルでのトレッキングは難しいので、ちゃんとした靴でくること
トレッキングコースには神秘的な風景をみることができる

トレッキングコース自体は距離はあまりないのだが、意外な高低差があり、そしてこの湿度の高い熱帯性気候ではかなりしんどい。

十分な水やクールダウンするものをもってのぞむこと。あと、普通にトレッキングなのでビーチサンダルとかでは、かなり大変な目に遭うと思う。

きちんとしたトレッキングシューズ、またはスニーカーで行くこと。Keenのトレッキングサンダルとかおすすめ。

そして、このトレッキングコースが普段の運動不足の身体にはかなりこたえる。途中で修学旅行に来ているタイの中学生に励まされたりしながらなんとかすすむのだが、この場所に来るのは若いうちに来ておいた方がいいだろうなって強く思う。

クーハーカルハット宮殿へ行くのに最適な時間

洞窟へ光が差し込むのは午前中だけなので、遅くとも11時には着いておくこと。

写真は11時なのだが、宮殿自体には光が当たっておらず、トラベルハックにあるみたいな写真を撮るには9時くらいに来なくちゃいけないと思う。

洞窟はかなり大きくて、宮殿以外にも神秘的な風景がみられる。この暗がりの中で育っている樹木とか、本当に植物の力強さを感じる。

クーハーカルハット宮殿とは、タイで一番小さい王宮で、ラーマ5世の来訪記念堂に作られたとのこと。

できたのは19世紀末だか20世紀初めかといったところで、それほど古い歴史があるわけではないのだが、それでもこの風景にある宮殿はすごく神秘的。

かなり疲れたが観に来てよかったなと思う。

宮殿を裏側からみてみた
クーハーカルハット宮殿からの帰り道
パッタイがうまかった・・

宮殿には休憩も含めて20~30分くらいいることになると思う。トレッキングの帰り道はルートが分かっていることもあり、行きほどの疲労はないものの、岩が滑るので注意しながらおりていくこと。

ビーチサイドにはレストランがあるので、ここでランチ食べたりすることができる。トレッキング後のパッタイのうまさとコーラの冷たさは格別だった。。

そして、ビーチで迎えのボートを待つことになるのだが、時間を過ぎても迎えが来なくて、他のお客さんを乗せてきたボートをつかまえて戻った。

ボートは往復料金で行きに払うので、帰りは別にどのボートでもいいっていう事情はあるが、まあ・・・タイらしいユルいトラブルだよな。ずっと待っていないで気にせず交渉した方がいいと思う。

ということで、最後に。

クーハーカルハット宮殿は、トラベルハックに書かれていたように、すごく神秘的な空間だったし、ちょっとした冒険気分をあじわえる。

ここはぜひ、ホアヒン旅行とあわせて来てみるというのはおすすめ。タイってもう何度も来ているけれど、まだまだ面白いところがあるなって思いながら、国道をバイクで走りながら戻った。

保存

Related Post

潮岬と橋杭岩:紀伊半島をぐるりとまわる... 潮岬灯台 アドベンチャーワールドでパンダを堪能したあと、紀伊半島をぐるっとまわって尾鷲までドライブ。 僕としては房総半島をぐるっとするくらいのイメージだったのだが、全然違った。紀伊半島、すごいでかい。 そして、数年前の台風被害の復旧のためかトラックがすごい走っているのであまり快適...
小布施の葛飾北斎巡り(岩松寺、北斎ミュージアム)... 葛飾北斎は晩年の頃、小布施にパトロンがいたということで、定期的に訪れていては作品を残していた。小布施って長野にしてはすごく垢抜けている印象をもっているのだが、こうした文化が背景にあるからなのかもしれない。 その、北斎の作品がみられるのが小布施郊外にある岩松寺と、町の中心部にある北斎ミュ...
秋の信州、上高地への旅。 2年ぶりの信州の紅葉。前回は松本郊外の奈川の方を巡っていて、そこでみた圧倒的な紅葉は美しいものだった(2014年10月:錦繍の松本旅)。まさに錦繍という言葉がぴったりな優雅な風景。 今回もまた信州の紅葉を見ようと思ったタイミングで色々と計画していたのだが、訪れたことのない上高地へ行ってみること...
「定義山詣で」と「三角あぶらあげ」(仙台郊外)... 今年のさくらんぼ狩り旅は、仙台方面へと向かうことにした。 道の駅村山でひと休みしたあと向かったのは、仙台と山形の境近くにある定義山。ここは仙台市であることが嘘のような山深いところにあるのだが、ずっと昔、地元の友人に連れてきてもらって以来お気に入りの場所のひとつ。 宮城県内では有名な場所ら...
京都の紅葉はここが最も印象深かった、法然院の風景... 銀閣寺まで来たので、以前ちょっとよく訪れることのあった法然院にも足をのばしてみることにした。 法然院へのアクセス 銀閣寺から哲学の道を南に15分くらい行ったところにある。まわりに有名な寺院があり、またここは拝観禁止のエリアが多いこともあり、いまは法然院を訪れる人は少なくそれが静かで厳かな風情があ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください